世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-06-02 こんなお母さんになってほしい。

こんなお母さんになってほしい。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/nakamuraya.jpg

(福井 足羽山公園の桜)


それはある晴れた夏の昼下がり。

うどん屋さんで食事をしていたときのこと。

店内には数人の客と、こどもふたりを連れたお母さんがいた。

シックなおしゃれが似合うお母さんとこどもたち。仲睦まじく三人は、うどんを食べていた。


すると大きな方のこどもさんが鉢をひっくり返してしまった。テーブルと床に散乱する白い麺と汁。

お母さんは、慌てることなく落ち着いた口調で、まず、こどもさんに「大丈夫?」とたずねた。

確認してすぐに、うどん屋のご主人に「すみません。こぼしてしまったので、おふきんを貸していただけますか?」としっかりと穏やかな表情で言った。

うどん屋のご主人は昭和と共に老人になった律儀さで、白いエプロンが身体の一部のように似合っている。落ち着いた温かみのある声で、「ああ、いいんですよ。やりますから」と、慌てることもなくマイペーズでテーブルを拭き出した。

お母さんはやはり落ち着いた口調で「申し訳ありません。ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

うどん屋のご主人は愛想笑いすることもなく、淡々と「どういたしまして」と笑顔で返した。

そして、お母さんは、自分の鉢から麺とおつゆをこどもさんの鉢に少し移してあげて、そのまま食事を続けた。

店内の空気の編み目から、もれそうだった取り返しのつかないものの、どれもを大地的に掬ったのだ。静けさが切れることなく過ぎていった。

こどもたちは、きれいなお母さんから、永遠の励ましをもらった。

これは、君の笑顔のつぎに、ボクが見た一番好きなシーンだ。



人は、もっときれいに暮らしていくことができる。

クリスマスを10日後に控えた冬、いつか見たインディアンサマーのような日が本当にあったように、それ以上の高い確率で、人は自分のありようで、すてきな時間を持つことができる。

君には、こんなお母さんになってもらいたい。

似合いそうだから、本当は、こんなお母さん以上のこんなお母さんになってもらいたいんだ。

君のほしいものは何ですか?


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/kanachan.jpg

(福井 足羽神社

f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

Connection: close