世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-08-06 18ヶ月〜3歳 自分の意見(イエス、ノー)を言う

アサーティブな子育て 18ヶ月〜3歳 自分の意見(イエス、ノー)を言う

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2576.jpg

福井春まつり

●18ヶ月〜3歳 自分の意見(イエス、ノー)を言う


 この時期は、「自立」の基本が完成する大切な時期です。

この時期の目的は、アサーティブ(積極的自己主張)ができるスキルを身につけることです。それには自己主張を率直に認めてあげることが大切です。

 こどもは自分の好みやしたいこと、したくないことを主張します。こどもの主張にイライラすると親は自分の苦労を考えてしまい、こどもの意見を率直に受け入れず拒否したくなる場面も増えます。「そんなこと言ってはダメ」とこどもに押し付けます。しかし、それは危険な行為です。

 こどもの主張を率直に受け入れるようにします。食べたくないと言えば、率直に受け入れて、しこりを残さないようにします。冗談でもプンプン、ツンツンすると、こどもの気持ちは歪んでしまいます。親の立場では、まるでわがままなお殿様、お姫さまに映りますが、それでもOKです。

 この時期に教えることは、「自分の主張をしていい」ことです。ノーと言ってもいいことを教えます。それにはこどもの主張を受け入れてあげるのがいいのです。

但し、個人の主張と社会の制約を混同しないでください。社会の制約を冒すことは注意しないといけません。そのときには怒った表情で「ダメ」でなく「なぜダメなのか」「どうするのがなぜいいのか」を落ち着いて教えます。言葉が通じるかどうか心配するより、通じると信じて、正面から愛情を持って真面目に誠実に話すことが大切です。

真摯であればあるほど、言葉、言葉のトーン、表情、態度が一体になって届いていきます。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2551.jpg

福井市足羽神社


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト