世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-09-12 大切な君が幸福になるために知っておいてほしいこと。

大切な君が幸福になるために知っておいてほしいこと

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0082.jpg

福井市

大切な君が幸福になるために知っておいてほしいこと。


■なれる最高の自分になる


人は誰しも幸せになりたいと願う。では、君の幸せとは何だろう。

たとえば、こんなのはどうだろう。

「なれる最高の自分になる。」



自分のやりたいことを実現するために、自分ができることはする。自分がしたくてもできないことは助けを求めることができる。

なぜなら、人間は万能の神ではないからだ。

人間にはできること、できないことがある。自分の限界に届いて、尚、それでもできないことは、助けて求めることは恥ずかしいことではなく、自然なこと。

人はお互いの関係のなかで生きているのだから、



仕事、結婚、家族、子育て介護など人生には困難なことがつきもので、時には打ちひしがれるときもあるだろう。しかし、どんなときも、人は相互依存の関係のなかで生きていることを忘れてはいけない。

つまり、人間力、じぶん力とは、コミュニケーション力でもある。


コミュニケーションがうまくいかない原因は

・お互いが別の人間であること、

・意見や態度、行動は相手のものであること

・相手を尊重していないこと

その認識の混乱に起因する。つまり自分と違うこと、意見、行動、態度を認めないことが原因している。


自分と相手は別の人間で、そこには見えない境界がある。

昔、友だちとふたりでニュージーランドを20日くらい旅をした。帰途につく空港で、飛行機を待っていた。席を外して帰ってきたら、友人はカバンを開けて、中味を観察していた。長旅の結果のひとつに好奇心がうづいたのかも知れない。

「勝手に開けないで」と注意したが、友人にはありえない行動ではなかったのだろう。おそらく父親や母親にされていたのだろう。きっと友人は人格を尊重されない環境で育ってきたのだ。



人と人の間には境界があり、どのような関係であっても別の人間である。自分のものを持つことを許されている、自分の考えを持つことも許されている、自分の意見を伝えることも許されている。個人の自由は尊重されるものだ。

自分に自信が持てるとは、自分だけのものを肯定できる、していいということに他ならない。

コミュニケーションのスタートはここにある。生きるスタートはここにある。



http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0061.jpg

福井市


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト