世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-09-23 目的の持てる自分の作り方

目的の持てる自分の作り方

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0088.jpg

福井市JR福井


大切な君が幸福になるために知っておいてほしいこと。

■目的の持てる自分の作り方


自分を信じられる・・・目的を持てる自分の条件だ。

「自分なんか」と否定する態度は、自分を信じない状態だ。

もし、そうだったしても、悲観することはない。

概ね、大多数の人は、「自分なんか」と否定的な態度を取り続けている。


理由は簡単だ。

自活できない無力なこどもたちは、保護者のケアなしで、生きていけない。

無力感から生じる不安がある一方で、

こどもは泣き叫ぶことで、親を支配して、万能感を手に入れる。

無力感と万能感、両極端な感情が同居する。


やがて、成長と共に、無力感も、万能感も、無意識の内に捨てていく。

しかし、個々の理由から依存心を手離すことができずに、親離れ、子離れが、上手にできない人たちもいる。

DVの不思議に見て取れるように、不幸は不幸でしかないのに、

人間は不安から逃げるためなら、不幸にでもしがみつく。

安心にしがみつきたい感情から、万能感を手離せないまま無力感が残る。


大人社会のコミュニケーションでは、無力感も、万能感も無用だ。

やがて自分が無力感と万能感に支配され、苦労することになる。

自信が失われ、「自分なんか」の思いに支配される。


目的の持てる自分を作るには、無力でも、万能でもない現実を認識することだ。

無力感と万能感は捨てよう。


ここにいる自分は、努力したことはできるようになるし、

しなければ出来ないままだという現実を、率直に受け入れる。

自立とは、その状態である。


自立を確固たるものにするために、なれる最高の自分をめざす。

目的は羅針盤の役目をする。

目的があるほうがなれる最高の自分をめざしやすい。


目的を持って、自分を信じて、とにかくやってみる。

やり続けるとは、プロセスがあるだけで、成功も失敗もない。

当面は、それでいい。・・・・・これが目的の持てる自分の作り方だ。



http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2469.jpg

大阪心斎橋 BIG STEP


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2009/20090923/1253681798
Connection: close