世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-09-30 「自分の人生の仕組み」を知って、自分が本当は何をしているかを知る

「自分の人生の仕組み」を知って、自分が本当は何をしているかを知る。

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0051.jpg

福井市えちぜん鉄道


大切な君が幸福になるために知っておいてほしいこと。

■「自分の人生の仕組み」を知って、自分が本当は何をしているかを知る。


自分の仕組みは、人生脚本、人間関係の構え、コミュニケーション・パターン、そして他者の目からも比較的分かりやすい人格パターンで成り立っている。

4つは、人生(脚本)と演技力(人間関係の構え)、演技(コミュニケーション・パターン、人格パターン)の関係にある。


主な人生脚本には次のようなものがある。

ネガティブな脚本に支配されている人には、次のような生涯かけた大河ドラマが一本ある。


・私を嫌って

・私を捕まえて

・泥棒に追い銭

・不幸な私

・弱みの正当化

・ヒステリックな糾弾

責任転嫁

・思い込み

・私を笑って

・申し訳ありません

・その他


さらに、毎回エピソードとして、コミュニケーション・パターンが実践されている。

これは40年続いているという長寿テレビ番組「水戸黄門」と同じ構造と言える。

水戸黄門」では、毎年のシリーズごとに完結があるが、完結に向かって、毎週、同じパターンの一話完結の物語が繰り返される。

生涯の役割をしているのがシリーズで、日々の暮らしに起こることが、毎週の一話完結の物語だ。


表面に表れる自分の特長的なコミュニケーション・パターンには次の3つがある。


・平行的コミュニケーション

・交叉的コミュニケーション

・仮面的コミュニケーション


この3つのパターンは状況で使い分けているが、人によって、傾向的に平行的コミュニケーションが多い人と、交叉的コミュニケーションの多い人がいる。


平行的コミュニケーション、交叉的コミュニケーション、仮面的コミュニケーションは、他者とのコミュニケーションで表出するが、人格的な傾向として、次のような際立った性質で表れる。


・依存的人格

・強迫的人格

・支配的人格


いずれも平行的コミュニケーションが苦手で、交叉的、(表面は平行的な)仮面的コミュニケーションに陥る。


コミュニケーション・パターン、人格パターンの違いは、人間関係の構えの影響が表面化したものだ。


人間関係の構えには次の4パターンがある。

・自分はOK,他人もOK(自己肯定、他者肯定)

・自分はOK,他人はNO(自己肯定、他者否定)

・自分はNO,他人はOK(自己否定、他者肯定)

・自分はNO,他人もNO(自己否定、他者否定)

この構えの違いが、「生きる構え」・・・人生脚本に根ざしているのだ。

つまり、自分を否定的に捉えている人は、自分はダメな人間であることを確認する脚本を無意識に持っていて、その脚本を忠実に生きるために、基本的な人間関係の構えを使って、コミュニケーション・パターンを日々繰り返し続けているのだ。


・ 人生脚本

人間関係の構え

コミュニケーション・パターン

・ 人格パターン


それでは、自分でも気がつかない4つの要因について順番に説明していこう。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0045.jpg

福井市えちぜん鉄道


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

自分をじぶんの味方にするために【アサーティブを学ぶ】

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト