世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2009-10-24 自分の能力をアサーティブに認識する

自分の能力をアサーティブに認識する

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0354.jpg

福井市 JR福井駅前イベント


大切な君が幸福になるために知っておいてほしいこと。

■自分の能力をアサーティブに認識する


君が生まれ、育った街は、ただそれだけの理由で世界で一番すてきな街だ。

だからボクは、ただそれだけの理由で誕生日を君の街で過ごす。


世界にひとつしかないのものを、比較することはできないのだ。


自分の能力をどのようにして把握しているだろうか。

先のチェックポイントにあるように、他者と比較することが多い人は、同じ能力、たとえばパソコンスキルを他者と比較するという意味だ。

 しかし「比較」には落とし穴がある。

まず優っているか、劣っているかの競争的な白黒発想に問題がある。いくらでも上がいれば、下もいる。キリがありません。

だからテレビタレントを見るとわかる。

いかに他者と違うかが売れる要素になっている。同じ能力なら二番煎じと言われる。二番煎じであっても、後発の方が上というのはいくらでもある。

しかし、言い出したらきりがないので、一番は一番にしておく方が仕組みとしては便利で簡単だ。

他者と比較できない能力を発見することの方が大事なのだ。

他者と違う能力を伸ばすことが自分をアプローチする方法だ。

自分の能力を認識する上で、他人と比較することが多いのは損でしかない。批判的になるのもよくない。

 自分が劣っていると思えば批判的になる。比較を気にしない人は肯定も否定もしない。

人格を肯定していればいいことだ。

比較をしていると、引っ込み思案になって、落ち込むのは当たり前なのだ。

 自分の能力を認識出来ないシステムを壊してしまおう。

壊し方はカンタンだ。他人と自分を比較しない。自分は自分でいいのだ。だから自分しかない能力を発見するようにする。そういう比較は、意味が違うので、どんどん比較していい。自分の個性的な能力をアサーティブに認識しょう。



http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0357.jpg

福井市 JR福井駅前イベント


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

ライフスキルで自分を動かす

【アサーティブネス】自分をじぶんの味方にするために【アサーティブを学ぶ】

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト