世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2010-03-31 主語の使い方でコミュニケーションは全然変わる。

主語の使い方でコミュニケーションは全然変わる。

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2799.jpg

福井歴史博物館

主語の使い方でコミュニケーションは全然変わる。

主語の使い方でコミュニケーションは全然変わる。と話したが具体的に説明ししょう。特に言いたいことが言えない人にとって、主語の使い方を変えると劇的に変わる。

そこで、こんなコミュニケーションをしていないか、確認してほしい。

待ち合わせをした友人が遅れてやってきた。

友人「ごめんなさい、遅くなって」

わたし「遅刻をすることが多いよね」

友人「仕事が長引いて」

わたし「一時間も遅れたよ」

この会話には「主語」が隠れている。主語を(  )で出してみる。

隠れ主語を出すと

友人「ごめんなさい、遅くなって」

わたし「(あなたは)遅刻をすることが多いよね」

友人「仕事が長引いて」

わたし「(あなたは)一時間も遅れたよ」

友人「ごめん、ごめん」

相手を責めていることが分かる。

隠れ主語を使う人に特徴的な傾向がある。

隠れ主語に、相手(あなた)を使う傾向が高いのだ。

つまり相手の責任にふってしまう。相手は気が重くなる。


次に主語を私に変えるとどうなるか見てみる。

友人「ごめんなさい、遅くなって」

わたし「遊びの約束でも(私は)時間は守って欲しいわ。」

友人「仕事が長引いて」

わたし「(私は)あなたとの時間を楽しみしている気持ちを台無しにしたくないのよ」

友人「ごめん、ごめん」

隠れ主語を自分にすると相手を攻撃することなく言いたいことが言えるようになる。言わざるを得なくなる。

同じ「ごめん、ごめん」でも相手の気持ちの状態も違うことが分かる。

上の「ごめん、ごめん」は謝罪しているけれど、立場がなくムッとしている。

(私は)を隠れ主語にした下の場合では謝罪しているだけでなく相手も気持ちの切り替えができるので、WIN-WINの関係になれる。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2793.jpg

福井歴史博物館

------------------------------------------------

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/guide_11.jpg

【 ライフスキル講座の目的 】

目的・目標を明確に持っていただき、目的・目標を達成するスキルを内側には育み、達成意欲が高まり、挑戦したいと感じずにはいられない勇気を育みます。

一年間の講座を通して、驚くほど強化したセルフエスティーム(自己肯定感)によって、信頼できる自分を作り、自分の内側から自分を好きになっていただきます。

------------------------------------------------

あんなに悩んだのに、あんなに本を読んだのに、あんなにお金を使ったのに、

嘘のようにかんたんに自分が変わる、人生が変わる

eラーニング 自分を好きなる作法 ライフスキル講座は、あなたとタッグを組むのは「本質からぶれない」ためです。

本を読むのはとてもいいこと。人と話すこともいいこと。セミナーを受講するのもいいことです。ただ難点があります。本質が判らないまま本を読んだり、本質が判っていないひとに相談したり、本質が判っていない成功事例を聴いても、本質の到達するのに時間がかかってしまいます。仮説を試すのはいいことだけど、実行→検証→反省の繰り返しは時間がかかります。

大事なことは答えを知ること。そしてもっと大事なことは答えから逆算して、あなたの目的と目標のスケジュール(計画)を作ること。

それ以上に、一番大事なことは、あなたがやりたいことしかしない生活をすることです。

回り道が不必要に時間を奪ってしまうので、いつまでたってもやりたいことしかしない生活に届きません。eラーニング 自分を好きなる作法 ライフスキル講座は、これを一気に短縮、一年間に圧縮。1年後、やりたいことしかしない生活をしているあなたになっていただきます。

------------------------------------------------

【 eラーニング ライフスキル講座の特徴 】

ワン・トゥ・ワンのパーソナルトレーニングであること

ご自分のペーズで学んでいただけること

主役はごご自分であること  詳しく

------------------------------------------------

知識を学ぶのではなく、あなたの行動が変わる。いくつもの重要なことを6つのコンテンツに判りやすく盛り込みました。しかも判らないことはすぐに理解できるワン・トゥ・ワンのパーソナルトレーニング。




f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

ライフスキルで自分を動かす

【アサーティブネス】自分をじぶんの味方にするために【アサーティブを学ぶ】

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2009/20100331/1269986842
Connection: close