世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2010-04-05 主語の使い方で人間関係は変わる。

主語の使い方で人間関係は変わる。

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2801.jpg

福井市国際交流センター

主語の使い方で人間関係は変わる。

感情的になりがちな人は、隠れ主語に『相手』を使うのでコミュニケーション・トラブルが生じる。良いコミュニケーションにするには、主語を自分にすることだ。主語を自分にすると率直、誠実、対等、自己責任が実行できる。

 主語を相手から自分に変えるとどうなるか、別の事例で見てみよう。

店長「課長に何とかして欲しいとお願いしてあった求人の問題。どうなりましたか?また退職者が出るので手が足りなくてシフトが組めませんよ。課長から手配するように総務に話していただけましたか?」

課長「ああ、あの求人の問題ね。総務も頑張ってくれているが、まだ応募が少ないようだ。」

店長「いや、応募というより求人告知の問題じゃないんですか。それに条件の見直しも必要なんじゃないんですか」

課長「それもあるだろうが、でも離職率も高すぎるっていうじゃないか。ウチみたいなところは離職を少なくしないと困るんだ。来てくれた人は大事に育てていかないとな。いまいるスタッフを大事にしないと。」

店長「いればいいってもんじゃないんですよ。ミスする連中ばかりで、こっちがバタバタするばかりなんですよ。現場のことは実感できないと思いますが、教育するのも大変なんですよ」

課長「スタッフ育成はキミの仕事だろー・そんなことはいつものことだよ。マネジメントするのが当たり前じゃないか。文句を言わずにちゃんとやれよ」

店長「いつもそうなんだから、結局、そういってまともにとりあってくれないじゃないですか」

ついにはケンカ腰になって課長を怒らせてしまう。

この会話の、どこにどんな問題が潜んでいるのだろう。

ここでは店長の言葉の隠れた主語に「相手(課長)」が多く使われている。

「'手配するように総務に話していただけましたか?」

「現場のことは(課長には)実感できないと思いますが、」

「結局、(課長は)そういってまともにとりあってくれないじゃないですか」という具合だ。隠れ主語で攻撃していることが明白だ。

自分を主語に変えてみると

「課長の考えを聞かせていただけると(自分は)嬉しいのですが」

「現場のことを(自分は)理解してほしいのです」

「(自分には)いつもまともにとりあってくれていないように思えますしとなる。

先のものは、店長から攻撃されている印象の強い言葉だが、隠れ主語を自分(店長自身)に変更すると、押しつけられている印象は消えて、一つの意見に様変わりする。同じ内容のことだが、このような会話に変えると相手も受け取りやすくなり、自分も話しやすくなる。

会話の目的が相手を攻撃することにあるのか、求めている結果を実現するのか、予め意識することがとても重要だということが分かる。相手を傷つけても何のメリットもない。ウィンウィンを実現する立場に立つと会話の方向性も明確になる。主語の大切さが意識できるようになり、主語を自分にすると、自分の気持ちや意見もはっきりと言いやすくなる。

日頃から隠れ主語に「相手」を使っていないかのチェックもぜひやってみてほしい。主語を自分に置き換えるトレーニングをして、自分の会話パターンをより良いものにしたい。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2800.jpg

福井市国際交流センター

------------------------------------------------

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/guide_11.jpg

【 ライフスキル講座の目的 】

目的・目標を明確に持っていただき、目的・目標を達成するスキルを内側には育み、達成意欲が高まり、挑戦したいと感じずにはいられない勇気を育みます。

一年間の講座を通して、驚くほど強化したセルフエスティーム(自己肯定感)によって、信頼できる自分を作り、自分の内側から自分を好きになっていただきます。

------------------------------------------------

あんなに悩んだのに、あんなに本を読んだのに、あんなにお金を使ったのに、

嘘のようにかんたんに自分が変わる、人生が変わる

eラーニング 自分を好きなる作法 ライフスキル講座は、あなたとタッグを組むのは「本質からぶれない」ためです。

本を読むのはとてもいいこと。人と話すこともいいこと。セミナーを受講するのもいいことです。ただ難点があります。本質が判らないまま本を読んだり、本質が判っていないひとに相談したり、本質が判っていない成功事例を聴いても、本質の到達するのに時間がかかってしまいます。仮説を試すのはいいことだけど、実行→検証→反省の繰り返しは時間がかかります。

大事なことは答えを知ること。そしてもっと大事なことは答えから逆算して、あなたの目的と目標のスケジュール(計画)を作ること。

それ以上に、一番大事なことは、あなたがやりたいことしかしない生活をすることです。

回り道が不必要に時間を奪ってしまうので、いつまでたってもやりたいことしかしない生活に届きません。eラーニング 自分を好きなる作法 ライフスキル講座は、これを一気に短縮、一年間に圧縮。1年後、やりたいことしかしない生活をしているあなたになっていただきます。

------------------------------------------------

【 eラーニング ライフスキル講座の特徴 】

ワン・トゥ・ワンのパーソナルトレーニングであること

ご自分のペーズで学んでいただけること

主役はごご自分であること  詳しく

------------------------------------------------

知識を学ぶのではなく、あなたの行動が変わる。いくつもの重要なことを6つのコンテンツに判りやすく盛り込みました。しかも判らないことはすぐに理解できるワン・トゥ・ワンのパーソナルトレーニング。




f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

ライフスキルで自分を動かす

【アサーティブネス】自分をじぶんの味方にするために【アサーティブを学ぶ】

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2009/20100405/1270424606