世界で一番大切な君に話すこと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

やる気の向こう側にいるひとへ、勇気があったら飛べるのにと考えているひとに ライフスキルをパワーアップ★じぶんぢから再生プロジェクト「ゲンキポリタン 」の愛ピです。

2010-06-17 時間管理が苦手な人の本当の原因

[世界で一番大切な君に話すこと。]時間管理が苦手な人の本当の原因

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/fukui09aki-51.jpg

福井市

時間管理が苦手な人の本当の原因

時間管理で悩む人の特徴には3つある。

・仕事をためてしまい時間に追われる人

・時間制限をしないで、時間に追われる人

・仕事量が多すぎる人

以上の内、2種類の時間に追われる人は、どちらも目標設定が苦手だ。

仕事をためて時間に追われる人は、すぐに取りかからないのが特徴。

すぐにやってしまえばなんでもないことを先送りするので、どんどんたまってしまう。

たまると、なにからどのように片づけるかに腐心する。隠れた人生脚本がある。

人生は生活の大半が感情に支配される。

感情は生活を豊かにするのに欠かせないものだが感情的な生活が中心になる。

起きている間ずっと感情が垂れ流して動いている状態になる。考えても仕方のないことを考えている状態が生活の基盤になるということだ。

この「考えている」の意味は、自分の脳と感情と身体が統合されたものではなく、感情で考えている状態、感情的な行動に終始している。だから計画的に物事を進めることができない。

すぐに結果を求めて結果が出ないことはしようとしなくなる。

なにごとも、特に重要なことは時間がかかるものだ。だから計画的にロスを少なくして効率的に時間を使うようにする。そうでないと達成は思うようにならない。

それを計画もなしに取り組んでうまくいかないとすぐにやめてしまうので、成功体験が乏しく、ますます辛抱強く取り組むことが苦になる。

禅は感情的な暮らし方を戒めて、いまこの「瞬間に打ち込む喜びを唱えている。

禅は限られた条件で最上のものを引き出す喜びも時間制限の大切さを教えているのだ。

時間を制限しない生き方とは、ダラダラと過ごす原因になりますが、感情が垂れ流しの状態の生活を歯止めしない生き方といえる。つまり時間に追われる生き方とは、感情的な行動が多い生活なのだ。

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/fukui09aki-52.jpg

福井


f:id:aip2009:20081230000706j:image


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

ライフスキルで自分を動かす

【アサーティブネス】自分をじぶんの味方にするために【アサーティブを学ぶ】

沈黙を抱きしめて。


ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2009/20100617/1276761106