Hatena::ブログ(Diary)

【アルコール依存症者の子供たち】沈黙を抱きしめて。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2010-03-18 こどもの時代がなかった人

こどもの時代がなかった人

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0038.jpg

京都 清水寺


こどもの時代がなかった人


人間には3つの心、「親の心」「大人の心」「子供の心」があります。

「親の心」には厳格な心と保護的な心、つまり父親的なもの、母親的なものがあります。「子供の心」にも従順な心と無邪気な心があります。これらの心は主に家庭で育まれていきます。


 健全な家族では5つの心が、一貫性のあるルールと仕組みのなかで育まれます。

一貫性のあるルールと仕組みがあるのは健全な家族の特長ですが、欠落している家族があります。アルコール依存症の人が存在する家族です。この種の家族に育てられた子供には、無邪気さの不足が目立ちます。


 彼女らは幼いときから、”子供”として過ごした時間が少ないので、無邪気な経験が失ってしまったのです。

同級生が学校から帰ったら遊びに行こうと誘います。しかし彼女にはもっと重要なことがあります。家に帰って点検して今夜の予定と気の持ち方を決めなければならないのです。


アルコールの瓶がどこにどんな状態で置いてあるのか、注目の人はしらふか、誰がいて、誰がいないのか、妹の世話をするのは誰か、夕飯の支度をするのは誰か。彼女は点検した上で、自分の行動と気持ちを決める必要があります。無邪気さを体験する代わりに親あるいは大人を体験します。自分に対して自ら厳格を要求し、対外的には嘘をつくことで自分を保護することを憶えます。


 彼女は混乱した部屋の扉を閉めて、こういいます。

  「万事順調、なにごとも起こっていない」


彼女は責任を全うしたことに安心します。いまなにが起こっているのか、すべてを把握することに忙しく、なにが起こっても上手に切り抜けるスキルを身に付けていきます。一緒に暮らす大人よりも、はるかに大人らしくふるまい、親よりも上右に保護します。


自分さえしっかりしていたら、アルコールの瓶は増えない。親は近づいても安心な存在でいてくれる。他者の責任まで自分の責任として受け止めて責任の領域は広範囲に及びます。


親が自分と本当のゲームをして遊んで、親が最後まで続けて親が勝ってくれるようなら最高に楽しい時間だ。もし、親が負ける、最後まで続けない時は、楽しくないだけでなく、すでに危険な渦に巻き込まれたことを意味する。


 こうして「こども」を体験しないまま成長した彼女は、成人しても、自分の責任範囲を超えて自分の責任だと考える習慣を手放しません。ほとんどの場合、手放す理由も、手放し方も分からないままだからです。

同僚が黙っていると自分の責任だと感じ、上司がしかめ面をしていると自分の責任だと感じ、赤ん坊が泣いていると自分の責任だと感じ、パートナーが会話を好まないと自分は見捨てられたと絶望します。


結婚する前に仲睦まじく交際した期間、それは彼女が少しばかりの無邪気が許された期間。パートナーがテレビに見入っている姿は自分をかまわずに酔いつぶれていた親とだぶります。絶望の足音を感じながらも、「たいしたことはない、私さえ黙っていたらきっとうまくいく」と自分の願望を抑えます。

泣きじゃくるこどもとふたりきりになったとき、冷やかな空気が部屋中に漂います。「私にはこどもであった記憶が一度もない」

いや、そう言える人はまだマシなのかも知れない。考えることもない人もいるのだから。

孤立感のなかでさらに自分にムチを打ちます。親として責任を果たさないと・・・・もっと頑張らないと・・・・この子が泣いているのは、私の責任だ。焦りと責任感に追いかけられる。まるで責任に指名手配されているように感じます。

 彼女がすることは、うまくいっているように見せることではなく、サポートを求めることです。助けてほしいとサインを分からないように出すのではなく、分かるように出すことです。


「万事順調、なにごとも起こっていない」ではなく、

「私は完璧じゃない、大丈夫じゃない、私には助けがいる」と伝えることです。

それが「自立」なのです。「なれる最高の自分になる」方法なのです。

 家庭ではもちろん、どんな職業をしていても、子供の心を持っていることは必要です。子供の心がないとさわやかなコミュニケーションができないので、相手に負担を与えてしまいます。

人は死ぬまで、「親の心」「大人の心」「子供の心」を持ち続けるものなのです。

いまからでも、無所気なことを、童心に返ることを、アサーティブに、積極的にするようにしましょう。


http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/IMG_0052.jpg

京都 清水寺


関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。


Copyright (C) 1999-2009 GENKIPOLITAN.All rights reserved

ともとも 2010/04/27 10:49 パソコンに慣れていないため、コメントを書いていいものなのかわかりませんが、何かのご縁でこちらにたどりつき、どうしてもお礼を言いたくて書かせていただきました。私は20年以上アルコール依存の父の面倒を見ながら生活してきました。過去を振り返ることもなく直感だけで父を守ってきました。(親戚、近所、借金、ひき逃げ、慰謝料、その他生活全般)そうするしかなっかたら。しかし未婚で子供を出産し(現在7歳)頑張っていこうとする私に教育問題、人間関係、不眠、薬、などが重なり、『何かが違うのではないかな?このイライラはなんだろう?いまここで酒を飲んで孫に独り言を言っている父はいったいなんなんだろ?いつまで私に頼って生活していくつもりなの?私の存在ってなんだろ?使命だとしたらいつまで続くのだろう?』と思う毎日でした。そして、この件に関して初めて行動をとりました。そしてこちらにたどりついたのです。読ませていただきとても動揺しました。まさに私だ!なんで知っているの?とまで思ってしまいました。しかし、よんでいるうち、私はAC(サバイバー)であることを認めることで、とても気持ちが楽になりました。希望が見えた気がしました。私だけでなく娘にも。文章力がなく恥ずかしいですがありがとうございます!と伝えたくて!!!コメントさせていただきました。迷惑だったらすいません。

aip2008aip2008 2010/07/18 18:25 コメントありがとうございます。お役に立てれば幸いです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2010/20100318/1268920944