Hatena::ブログ(Diary)

【アルコール依存症者の子供たち】沈黙を抱きしめて。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2010-04-04 アルコール依存症の親を持つ成人した子供たちは同じ苦しみを味わって

アルコール依存症の親を持つ成人した子供たちは同じ苦しみを味わっているのか?

http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2607.jpg

京都 祇園祭


アルコール依存症の親を持つ成人した子供たちは同じ苦しみを味わっているのか?


「アルコール依存症の親を持つ成人した子供たちは同じ苦しみを味わっているのか?」とよく訊かれます。

自分はひどくおどおどしている。自分でもいやです。

自分はひどく変わっている気がする。自信を持って話せない、行動できない。・・・・・同じ現象に苦しんでいる人はたくさんいます。しかし、現象は共通したものではなく様々です。

その一方で、アルコール依存症者の親のもとで育ったこどもの体験を話すと、「自分のことのように聞こえます」と言います。特に人間関係では、似たような悩みのご相談を数多く受けます。そしてその苦しみに共感します。ほとんどの人が心理的に共通した体験を持っていて、同じような不安と恐れを持っています。


だからと言って同じ体験をしているわけではありません。不思議とも言えるその理由には、いくつかの要因があります。


・親のアルコール依存症が発症したときのこどもの年齢が違う

・両親ともアルコール依存症なのか

・片親だけの場合、父親か、母親のどちらがアルコール依存症者なのか

・家族の子供の人数と誕生した順番

・配偶者自身(共アルコール依存症)の回復のための努力の度合い

・身近にサポートする人がいるか

・身体的な虐待があるか

・性的虐待があるか

・家族の社会的な地位

・家族の経済力


同じ家族であっても、すべての子供が同じように影響を受けるわけではないので、その反応のバラバラ。例えば、ある子供はアルコール依存症の状態をはっきりと見て身体的な虐待を体験しているかもしれない。しかし他の子は体験が乏しく記憶にないかも知れない。すると兄弟で親のイメージが違うことが起こってきます。

同じことは親にも言えるわけで、親の立場になれば、同じように育てたと思い込んでいます。しかしそんなことはないのです。


子供たちは状況に適応するために、それぞれに子供独自の方法を見つけ出しているのは珍しいことではありません。兄弟でもある子だけが特別に強い反応を示していることもあります。

しかし個々に違いがある一方で、アルコール依存症の親を持つ成人した子供たちは全体に共通して、情緒障害を起こし、自己否定感が強く不信感を持っています。



http://www.genkipolitan.com/img_kokoro/DSCN2609.jpg

京都 祇園祭

関連サイト&ブログ

日本全国男前プロジェクト

ゲンキポリタンのじぶんぢから再生プロジェクト

マートワンのビジネス・アサーション

ライフスキルで自分を動かす

世界で一番大切な君に話すこと。

Copyright (C) 1999-2009 GENKIPOLITAN.All rights reserved

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aip2010/20100404/1270371431