ジュリエットになりたくて

2007-08-09 金のオーラ、銀のオーラ

 アルバイト先で面白いなあと思うのは「アルバイト募集」の告知を見て応募してくる人は、かなりの確率で「いかにもこういう店で働いていそう・・・」と思う人が来るのだ。

 私のコーヒーショップでは店のイメージに合った「明るそう」「てきぱきしてそう」「若さあふれる外見」という人が来る。

 まあ、中には私のような例外もいるが。

 また、店長や社員はしょっちゅう本社の命令で移動があるのだが、その店長によっても、やはり店長が好みそうな人が来る。

 まじめな店長の元にはまじめな人が、明るい店長の元には明るい人が。

 ちなみに今の店長(男)になってからは、なぜか若くてさわやかな「男の子」が応募してくるように・・・

 これは・・・


 まあ、それはおいといて・・・

 

 よく「オーラ」関係の本にも書いてあるが、自分の周囲にいる人というのは、好むと好まざるとやはり自分が集めているのだ。

 客観的に友達同士、恋人同士が一緒にいるのを見ても、やはりどこか似通ったものを感じる。

 

 

 私が初めてASCや双の会の稽古を見たとき、感じたのは、あふれんばかりのエネルギーだ。

 それは指導者、演出家の彩の木さんや菊地さんから中心に渦を巻き、あふれ出ていた。

 そのつど自分にはエネルギーが足りないと反省した。

 

 

 私はエネルギッシュではない。

 指導力もなく、圧倒的な力もない。

 計画を立てるのも下手だ。

 芝居は誰よりも下手だ。

  

 

 こんな自分に、演出家として何ができるのか。

 稽古場の士気が上がらない時は間違いなく自分の責任だ。

 いつも、颯爽と登場したいのに・・・あんなざまだ。(どんなざまかはとても書けない)

 どんな芝居にしたいのか。

 私自身が体中から体現できなければ、誰が体現できるというのか。

 

 

 

 

Connection: close