Hatena::ブログ(Diary)

日焼け対策とスキンケア

2009-08-19 日焼けには日焼け止めクリーム

日焼けというのは、皮膚が紫外線にさらされることで、皮膚に赤い炎症が起きてしまうことなんですね。メラニン色素が皮膚表面に沈着することも日焼けの特徴です。

| 01:39

日焼けは、火傷(やけど)の一種かもしれません。

肌が生まれつき白い人は、肌が黒い人と比べてみると、日焼けしやすいのですが、それは、皮膚のメラニン色素の保護能力が少ないたためです。

皮膚に太陽などから照射された紫外線がメラニンの保護能力を越えていると日焼けが起こります。

紫外線が、日焼けの原因なのです。紫外線には種類が3つあります。短波長紫外線、中波長紫外線、長波長紫外線です。

日焼けを起こす紫外線は、発がん性物質を生成するといわれているため、外で長時間日に照らされるような場合は、UV効果のある日焼け止め化粧品を使うほうが健康にとっては好ましいでしょう。

日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですみます。

いつも持ち歩いて、日焼け止めクリームをそのつど塗るようにすることをお勧めします。

【送料無料】クチコミで大好評!無添加の日焼け止めクリーム☆クレンジングなしで落ちる肌にイ...

2008-08-13

SPFウォーターII UV防止スプレー

| 03:20

最近になって、テレビショッピングでよく見かけるので気になっていたのですが、「SPFウォーターII」はご存知でしょうか。

「UV防止スプレー」というものだそうです。テレビだと3600円していましたが、楽天の一番安い店だと2700円で購入できます。

以前、沖縄に行ったとき、日焼け止めを初めて塗りました。体中、変なにおいのする白い乳液をべとべとに塗って気持ち悪かったのを覚えています。それ以降、日焼け止めは使ったことがありません。

このSPFウォーターIIは、スプレーするだけですから便利ですね。メイクの上からでも使用できて化粧崩れも防いでくれるそうです。また消臭効果もあるので、汗をかきやすい夏場には大助かりです。

特に女性の方なら、犬の散歩や近所でのお買い物など、ちょっとしたお出かけにシュシュッとスプレーすれば、簡単に紫外線を防止して、日焼けを防いでくれます。

詳細は、

▼ ▼ 

エスピーエフウォーターII 140ml

2008-04-25 日焼け止めクリームの使用方法

日焼け止めクリームを効果的に利用するならば、その人の生活のパターンや外出の時間帯などに合わせて使い方を変えることです。日焼け止めクリームを使って紫外線を効果的に防止するのにも、いろいろな方法があります。

| 06:12

室内での仕事で、1日ほとんど外に出ない人であれば、日に当たる時間はほんのわずかです。1日の中で日に当たる時間が20〜30分程度だけなら、日焼け止め化粧品を毎日使用する必要はありません。日焼け止めクリームを1日中肌に付けっぱなしにすることで、かえって肌にはマイナスでとなります。<

span style="font-weight:bold;">日焼け対策を考えるなら、ファンデーションにSPF値が記してあるものを使い、日焼けしそうなところに重ねて塗る程度でいいでしょう。真夏でも日焼け止めクリームは部分的に使い、ほかの化粧品スキンケア用品を一緒に使えば日焼け止め対策としては効果があります。

主婦のように、買い物、洗濯物を干すなど家事で一日に何度も日光に当たるような人でしたら、SPF20、PA++位の日焼け止めクリームを朝のスキンケアの後に使用します。それからパウダーファンデーションを併用すると、紫外線防止対策はアップするでしょう。日焼け止めクリームは、紫外線が当たりやすい鼻、額、それからほお骨のところはほかの部分より少し多く塗るようにしましょう。海水浴、キャンプなど屋外のレジャーでは、日に当たる時間が長くなるので、日焼け止めクリームのSPF値の高いもの、SPF値20くらいを重ね塗りして使用することで日焼けに対処することが可能です。

日焼け止めクリームファンデーションと同じような成分を使っているため、使用後のクレンジングはしっかり行う必要があり、洗顔料だけでは完全に落とせないので、クレンジング剤も使って洗顔し、そのあとは化粧水と保湿剤でしっかりケアするようにしましょう。

2008-04-05 日焼け止めクリームと紫外線

初夏の5月ごろになると、女性は化粧の下地に日焼け止めクリームを使うようになります。日焼け止めクリームを使用するのは夏だけでなく、初夏前から紫外線に気をつけるというのが常識となりつつあるからです。

| 14:40

紫外線の量は、日焼け止めクリームの使い方に大いに関係してくるのです。

皮膚は体のもっとも外側に存在している部分ですが、その外側から言うと、表皮、真皮、そして皮下組織の3つの層で形成されているというのが、皮膚の構造なのです。皮膚組織の中の表皮は、体の中を有害なもの、たとえば化学物質や紫外線などから保護する役をしています。表皮が形成されているのは角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つの層で、表皮細胞がその基底層から作られます。それから有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられ、最後には角質層からアカとなって剥がれます。この肌の変化のことがターンオーバーと呼ばれており28日サイクルで新しい皮膚が誕生します。

日焼けの原因はメラニン色素ですが、これは基底細胞の間に点在しているメラノサイトが作り出しており、それこそが日焼けのメカニズムなのです。このような日焼けの元のメラニン色素ですが、皮膚細胞が紫外線によって破壊されないようにするという、大切な役目も担っているのです。しかしあまり紫外線を浴びて日焼けすることは、皮膚にダメージを与えるばかりなので、できるだけ日焼け止めクリームで肌を保護し、しみやしわ、たるみ、そして肌の老化を防ぐようにしましょう。紫外線から肌を守り、いつまでも若々しい肌を保つためにも日焼け止めクリームは必須のアイテムです。

2008-04-04 日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点

日焼け止めクリームは、数多くある日焼け止め用スキンケア商品の中で、もっともよく使われているタイプといえるでしょう。

| 14:41

たくさんのスキンケア商品がドラックストアやスーパーのほか、コンビニでも手軽に購入できるようになっています。日焼け止めクリームは、肌を紫外線の刺激から守るための必須アイテムですが、数多く出回っている日焼け止めスキンケア用品から購入するものを選ぶ際には、気をつけたほうがいことがあるのです。

日焼け止め化粧品に必ず書いてあるのがSPFです。シミやそばかす、そして皮膚がんの原因でもある紫外線B波を遮断する力を表しているのが、SPF値です。この数値は、日焼け止めなどを一切つけていない素肌と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍にまで延ばせるかという目安なのです。もしSPF値が2だとすると、日焼けが始まるまでの時間は素肌の場合の3倍だと思えばいいでしょう。

また、SPF値と同様に記されている数値があり、これがPA値です。この値は+、++、+++というように3段階で示され、皮膚を黒くしたりしわやたるみを作る元である紫外線A波(UVA)を防止する力を表しているのです。

また肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、日焼け止めクリームの中でも香料や着色料、そして防腐剤、紫外線吸収剤などが使用されていないものを選ぶようにするといいでしょう。紫外線から肌を守る日焼け止めクリームも、長時間の使用は肌にとっていいことではありません。SPFも高いほどいいというわけではなく、肌への負担を考えるなら、日常生活ではSPF20くらいの日焼け止めクリームくらいでいいでしょう。

はてなRSSに追加