新版六韜三略 〜秋元康の殺し方〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-05-26 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

本日、5月27日午後11時30分より、インターネットラジオサイト・ねとらじにおいて、ラジオ放送を致します。

 

 

青島&コブラの『月刊 お笑い・エンタメ時評!!!』 第五十七回

 

 〜〜当世アイドル論考「道重さゆみ嗣永桃子」特集〜〜

 

 

と題しまして、ついに再生した元モーニング娘。リーダー・道重さゆみと、それに入れ替わるように引退していく元Berryz工房、現カントリー・ガールズ嗣永桃子を、喩え芸の限りを尽くして語りつくすことで、現代におけるアイドルというもののあり方について世に問うてみたいと思います。

道重さんは再生してはいるものの、あまり露出はしていません。

音楽番組でのインタビューがあるのみ。

D



舞台で扱われている楽曲が配信になったくらい。


D





SAYUMINGLANDOLL〜再生〜オリジナルサウンドトラック

SAYUMINGLANDOLL〜再生〜オリジナルサウンドトラック






これからも過分な活躍はないかもしれません。小国寡民がしっくりくるのではないでしょうか。

自分のペースで、上善水の如く流れに身を任せる境地に至ったのでしょう。

嗣永さんは、自分の最後の花道を飾るべく、自分でいろいろと企画をしているようです。


野外ライブをしない主義だったアップフロントを動かし、Buono!(ボーノ)のラストライブでは一切泣かず、

忙しい中それでも昼の情報番組に出演し続ける。まさに烈火のごとき活躍。

D


後輩の指導はまるで弟子を育てる落語家の様であり、無茶振りに全く答えられなかった森戸知沙希をここまで成長させました。

 水の人、火の人、それぞれの特徴を論じられればと思います。



 

そして。忘れていけないのがこのコーナー!

 

            

      

f:id:aizenmyouou:20170527005514j:image:w640


月刊佐藤優樹 マンスリーまーちゃん



今回のまーちゃんは、ついに、工藤遥ちゃんとのコンビで、配信限定ながらも楽曲をリリースの一報を。

D


D


軽妙で、まるでNHK『みんなのうた』を彷彿とさせますが、ビッグバンドジャスのゆたかなスウィングでまったく飽きることなく聞けます。

これも編曲の妙かなと思っていたら、「編曲・渡部チェル」!!

思わず、果てしなき黄金時代を思い出して涙が流れましたよ……。

って、だれだか知らない????


D

恋をしちゃいました!

恋をしちゃいました!

これ↑でも聴いて、勉強しやがれ!!!!!!!!!!!!!!


そして、モーニング娘。12期メンバーフィーチャーのこのコーナー!

f:id:aizenmyouou:20170527005836j:image:w640


       尾 形 降 臨 ! 

 

 

今回の「はーちん」こと、尾形春水ちゃんは、先月取りこぼしてました、FMフジでの『モーニング娘。モーニングダイアリー』が放送開始の件。


D


出しゃばらず小っちゃく突っ込む、なかなか二十歳前の女の子のできる業ではありません。


牧野真莉愛ちゃんのグラビア展開にも注目です。



そして。まさかの天下分け目となってしまったこのコーナー!

          


 

f:id:aizenmyouou:20170527033926p:image:w640


 ハロプロ研修生をただいま解析中!

今回は、今月初めに行われた、ハロプロ研修生公開実力テストにおいて、波乱の展開があったことを取り上げます。


D


会場は中野サンプラザ

来場者による投票によって、548票を獲得した段原瑠々がグランプリを獲得。二位の川村文乃に300票近くを引き離しての堂々の二度目の受賞となった。


D



ここで、イレギュラーなことが起こる。


D

アップフロント社長の西口猛氏(↑サムネの向かって右)が突然登場。前例にないことで、会場全体が騒然となる中、発表がなされた。

あらたな演劇女子部とは違うセクションの設立。そこに高瀬くるみ、清野桃々姫の配属。

段原瑠々、川村文乃、一岡玲奈のハロプロメンバー昇進。

サンプラザの会議室での責任者会議でゲリラ的に決まったことだった。





《今回のトピックス》



・モーニング娘。とアンジュルムが、六本木ニコファーレでの「アソビスタ・アイドル生合戦」において対決。結果はアンジュルムが勝利。

D


D


五時間にわたっての大熱戦だったわけですが、結果はまーちゃんが奇跡を起こしまくるという、やっぱりそうかというオチ。(笑)


モーニング娘。×マルコメの、「モーニングみそ汁」問題について。

ついにセット通販が開始。

 

これで、供給が元からなかった地方にも渡ることになったわけですが、なんだか朝三暮四だとは思いませんか。 





・モーニング娘。から、工藤遥が卒業を発表。2017年秋ツアーファイナルに。


女優の道を目指すとか。





・モーニング娘。譜久村聖、小田さくら、工藤遥がそれぞれインフルエンザに感染。岡山公演が中止に。


文句ひとつ言わずに岡山観光を楽しんだモーヲタは伊達に20年の月日を娘。のために使っていないなと。(笑)

武道館公演は終始HAPPYのうちに終了した模様。




炭酸ミルクティ

@Milk_tea_Soda

 

武道館まーちゃん挨拶 類は友を呼ぶって言うじゃないですか。優樹のことをバカって言う人がバカだし、優樹が音楽が好きって言ったらみんなも好きだし、モーニング娘。が好き!って言ったらみーんなも好きだし!!類は友を呼ぶって実感した公演でした!

2017年05月26日 20:18


しみずん

@shimizun_musume

 

武道館挨拶。ふくちゃん続き「みずきが初めて武道館に立ったのは15歳で、あれから5年、何回も武道館に立たせて貰ってますが、私たち13人の結果として、武道館に立っていると思いたいです。過去のモーニング娘。には負けないぞ!」これでこそ娘。リーダー! #morningmusume17

2017年05月27日 00:30

 

・アンジュルムが、7月のロッキンオンジャパンフェス(ひたちなか市)への参加が決定。

完全に℃−uteの後継ぎとなってしまいました。

 

 


・田村芽実がミュージカルで本田美奈子.を好演。


D





末満健一作『TRAMP』シリーズの第四弾。『グランギニョル』にも出演が決定。『リリウム』に引き続き繭期の少女を演じます。



D






Juice=Juice宮本佳林が、「南波一海のアイドル三十六房『ハロプロスッペシャル』」に出演。




4000円もして、広辞苑のように分厚い、ハロプロアイドルへのインタビュームック。この刊行記念のWebTV番組に登場したのは、Juice=Juice宮本佳林

D


インタビュー記事のおまけとして、ハロプロ関連の漫画を描いている、なかGさんの「ハロプロメンバーを描くときのイラスト講座」は本当にためになりました。(わたくしは書かないけど←)


f:id:aizenmyouou:20170527013545j:image:w360



とくに、宮本佳林ちゃん←と、ハロプロ研修生・川村文乃ちゃん→の描き分け講座は面白かった。(※1時間19分15秒〜)

理路整然と語りだすなかGさん、「佳林ちゃんを映せ」と叫ぶ視聴者、音楽出版社刊『CDジャーナル』の川上編集長が持参のワインをがぶ飲みして泥酔する有様、困惑のなか明確な理論に驚く佳林ちゃん。すべてがカオス。(笑)


Juice=Juiceが新曲をドロップ。



D


テレビ出演してしまうと、なんか違う感覚が。(笑)



こぶしファクトリーの春ツアー、佐賀公演の模様をレポート。

貴重な体験をしてしまいました。




『シャララ……』のほうは、王道アイドルスカ。上手く育ってほしいです。




こぶしファクトリーの映画『JKニンジャガールズ』のPR動画がアップ。


D


ちょっと何言ってるかわかんないです……。




つばきファクトリー結成記念イベントがつくば市で。




レポート宜しくお願い致します。




つばきファクトリーのリーダー、山岸理子が写真集をドロップ。



こんなに背徳感をもって写真集を見たのも久しぶりだと思います。

間違いなく、歴代ハロプロメンバーのなかでも珠玉の一作。




・アップアップガールズ(仮)から、仙石みなみと佐藤綾乃が卒業。

仙石は女優を目指すことのこと。佐藤綾乃は引退してこれからの進展を決めるとのこと。


D


SMAPとの共演も果たすなど、ようやく世間から認められてきた感じの中でのソチ儀容は押し息もしますが、応援したいとも思っております。

新曲もドロップです。


D






・映画『キングコング:髑髏島の巨神』感想。


D

 

 久しぶりに頭を空っぽにして見られる楽しい映画でした。

とりあえず、ハリウッド版キングギドラに期待かな。(笑)



・映画『哭聲 / コクソン』の批評

D


一度、『美しきシモネタ』のほうで「韓国エログロ映画」特殊をしたときに取り上げた、ナ・ホンジン監督の最新作。とにかくも一回見ただけでは訳が分からない。

ただただ、痛烈なトラウマが残る映画でした。(笑)



(百八軒レコメンド)

吉川友『さよなら、スタンダード』


D



サビのファルセットは見事。

吉川友のシングルの中でも屈指のお気に入り曲となりました。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

ご視聴の際は、ねとらじのホームページへアクセス→右上の「番組検索」から「青島玄武」と入力→「play」をクリックで、iTunesやWindowsメディアプレイヤーなどが自動的に立ち上がり、ご視聴いただけるようになります。

 

 

今回も、わが朋友にして、心の相棒。昭和プロレスライターにして、ブログ『コブラ塾』塾長・コブラさんと一緒にお送りいたします。

 

また、ご感想・ご意見は、掲示板にお願いいたします。

 

 

以上、何卒宜しくお願い申し上げます。