Hatena::ブログ(Diary)

とにもかくにも働きたくない

2012-10-14

一人吐き気と戦っていたモヒカンのアカウントがこちらになります。

本日は、長年疑問だった「吐き気を限界まで我慢するとどうなるか」が解決した日。

と言うのもですね、19時頃にリアル吐き気に襲われまして、そのまま明け方の2時までベットにダウンしてたんですよ。みんながモヒカンイベントでざわざわ…してた頃、私は一人吐き気とざわざわ……してました。

原因は、二日前にもらった栗きんとんらしきモノを食ったことだろうと思います。なんか変な味だったんですよ。なんていうか微妙に酸っぱい。

「残そうかな…」とは思ったんですけど、貰い物だし、2日放置したの自分だし、くれたマダムに悪いだろうということで、ミートソースのパスタと一緒にもぐもぐ食ったわけなんですよ。ミートソースに混じれば大抵のものは難なく食えるね。

で、その夕飯の1時間後ぐらいに吐き気が襲って来ました。あの徐々に襲ってくる嫌な感じね。「あれ…これ吐き気…?」とか最初は余裕あんだけど、30分もすれば「これ吐き気だ、もうアカン、寝る」ってなるあのじわじわした感じね。

吐き気はさっさと吐いて治す方なんですけども、今住んでる家が水洗トイレじゃなくて、吐いたあとの処分が面倒そう。台所は水が使えるんだけど、そこに吐くのはなんか嫌だ。残された可能性は、駅のトイレまで吐き気を我慢して自転車を漕ぐしかない。自転車の振動でうっかりリバースしちゃったら偉いことになる。という割りと危機的状況に立たされた私は、吐き気を我慢するという選択肢を取ったわけなんです。

吐き気の我慢って、なんていうかプライドとの戦いみたいなところありますよね。出来れば履きたくない、しかし吐かないと辛い。みたいなプライドと吐き気の天秤みたいなのがあって、プライドより吐き気が勝ると迷わず吐きに行くみたいな。吐いたあと猛烈に楽になるので、「こんなんなら最初から吐いたほう楽だったわ・・・」って感じるあの無駄な徒労感。

その『吐き気>プライド』となるマックスラインが、我慢を開始してから1時間した当たりで襲ってきたんです。いつもならばこのへんで吐きにいくんですけど、今日の私は我慢すると決めたので、襲い掛かってくる吐き気を何度も唾を飲み込みながら押し戻す。そんな戦いを10分ほど続けたら、急に吐き気が収まった。びっくりするぐらい急に楽になった。今までこのラインで吐いていた自分を振り返り、「あとたった10分我慢すれば凌げたのか……」と思うとなんかやるせない。

楽に原因は何なんですかね、栗きんとんを消化しきったんですかね。よくわかりませんが、なんていうか、人として1段階強くなった気がする、そんな日でした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aji_02/20121014/1350287386