赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-05-18 Sunday 為になりそうな?

akaibara2008-05-18

[] 本  本を含むブックマーク  本のブックマークコメント

                          ルピナス


f:id:akaibara:20070804130716g:image

新聞広告欄を見て

[一冊目]【熟年革命】 渡辺淳一


[こんな人によく効きます。]???

好きなことを追いかけ、恋することで自分を変えよう

会話の減った夫婦

口喧嘩の増えたカップル

近頃何だか張りがなくなってきた人

心がひんやりしてきた人

このところ恋愛していない人

せめてもう一度、恋をしたい人

自分の人生を生きる、すべての大人に

熟年革命

熟年革命


[二冊目]【沈黙入門】小池龍之介


[余計なことは言わない生き方のすすめ]

意見あるところに欲あり

沈黙から道は開ける!

以下私には、実行し難い項目

手習い一、まったく何もケチをつけずに一日を過してみる

手習い二、天皇陛下のようにスロウに、徹底的に自己を抑制(よくせい)して喋る

手習い三、正義で相手を論破することをやめる

手習い四、「飼いたい」「食べたい」欲望に駆られたら、「ドウデモイイ」と念じる

手習い五、身近で大切に思う人に対してこそ、つねに幻滅しておく     

(期待をしない、ということかしら?)

今日から努力して実行してみることに・・・。

「自分」から自由になる沈黙入門

「自分」から自由になる沈黙入門

[三冊目]【演歌療法で若返る】周東寛


医者がすすめる「健康カラオケ」

ストレスの発散

ハイテンションを体験

腹式発声で腹筋を鍛錬

座禅と同じリラックス体験

リズム、音色、メロディーで脳を刺激

物忘れを予防

情報交換

家族の交流を深める

f:id:akaibara:20070331180937j:image

[] 篤姫 20回  篤姫 20回を含むブックマーク  篤姫 20回のブックマークコメント

大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」

第二十回 「婚礼の夜」

家定(堺雅人)の正体は?

城内でかくれんぼに興じていた家定の姿を見た篤姫(宮崎あおい)は家定がまともな人物なのかどうか疑問を抱いていた。

婚礼の儀式も過ぎ夜の寝間入(ねまい)りの時篤姫の家定への不信感は極まる。

斉彬(高橋英樹)の「家定は実は暗愚ではないのではないか」の言葉を信じ。

庭でアヒルを追いかけてはしゃぐ家定を見かけた篤姫は、自らそのうわさの真偽を確かめようと決意する・・・。

家定の仮面がはがされる一瞬を見ました。


原作は宮尾登美子の『天璋院篤姫』

主人公は江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である篤姫(のちの天璋院

f:id:akaibara:20070331180937j:image

篤姫紀行】吉利

鹿児島県日置市

小松家の領地だった吉利(よしとし)


尚五郎、のちの帯刀が何度も訪れた場所です。

身分格式にとらわれずに領地を治めた小松帯刀は、今なお“小松家の名君”と慕われています。


f:id:akaibara:20061127134851j:image

katchankatchan 2008/05/19 10:37 「こんな人によく効きます」。好きなことを追いかけ、恋することで自分を変えよう。会話の減った夫婦口喧嘩の増えたカップル。近頃何だか張りがなくなってきた人。心がひんやりしてきた人。このところ恋愛していない人。せめてもう一度、恋をしたい人。自分の人生を生きる、すべての大人に。
「熟年革命」は参考になる。僕も実行してみたいが赤い薔薇の考えはどうか、教えてほしい。

akaibaraakaibara 2008/05/20 11:15 katchanさま 「熟年革命」の作者 渡辺淳一先生は希に見る遍歴の持ち主だと「この人にトキメキっ!渡辺淳一」を観て知りました。[http://www.nhk.or.jp/hot/2008/0502/index.html]
内容も本人がある意味理想(憧れ)として書かれているのではないでしょうか?小説ですから・・・。
赤い薔薇の「恋」は異性だけに限りません。
好きなことも、katchanさま同様有り過ぎるほどです。
夫婦の会話も二人きりで旅行などに行けば・・・。
口喧嘩はすぐに仲直りできる甘い時期だけ、今は思い遣りが先行喧嘩なんて・・・。
ダイアリー間の「恋」?
プラトニックラブも素敵だと思います。(^_-)-☆

harimayaharimaya 2008/05/20 13:50 >こんな人によく効きます???に始まるフレーズは渡辺淳一に今更言われなくても
全て承知の助です(笑)熟年夫婦とは糟糠の時から白髪の現在まで共に暮らした仲で
何もかも知っている心算でも慣れを疎かにすると積年の鬱憤が吹き出るのは必至です。
夫婦の元を質せば他人同士ですから、いつも気遣いを忘れない事が大切だと思います。
イザの時は伴侶しか頼りになりません。私も数年前に男同士の付き合いは止めました。
好きな歌Besame Muchoは、いまわの際に愛する人の腕に抱かれ「もっと愛して」と
言いながら天国に旅立つ歌ですがそのような人生でありたい、愛は理屈ではありません。

akaibaraakaibara 2008/05/20 17:11 harimayaさま [熟年革命]理想の熟年夫婦の御意見ありがとうございます。
今更革命など起こしては“元も子も”失くすというものです。
伴侶は双方の親が他界した今、♪親の血を〜ひく兄弟より〜も♬
かたい契りの義兄弟♪以上に信頼しています。
これまでの人生、安泰?で良かった。全てO型相棒のお蔭です。
できるなら♪「ベサメ・ムーチョ」をいまわの際に歌って上げたいと思います(^_-)-☆