赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-07-12 Monday 南アW杯全ての試合日程が終了

akaibara2010-07-12

[] 南アW杯『決勝』  南アW杯『決勝』 を含むブックマーク  南アW杯『決勝』 のブックマークコメント

f:id:akaibara:20100512223219g:image


サッカー 2010年 ワールドカップ南アフリカ大会


オランダ f:id:akaibara:20100614231236g:image 0 VS, 1 f:id:akaibara:20100617114752g:imageスペイン  

競技会場:サッカーシティ

   

  スペイン、史上8番目のW杯王者に


最優秀GKに贈られるゴールデングローブ賞カシリャス(スペイン)、フェアプレー賞はスペインでした。


大会MVPはウルグアイのフォルラン

ゴールデンブーツ賞として表彰されるのは、アシスト数が3で最多だったミュラー、若手最優秀選手に贈られるベスト・ヤングプレーヤー賞と合わせ2冠を獲得した。


『決勝トーナメント表』

f:id:akaibara:20100712120330j:image

f:id:akaibara:20090702153433j:image


f:id:akaibara:20070628153550g:image

f:id:akaibara:20100610165658j:imageyomiuri


f:id:akaibara:20100610165743j:imageasahi

f:id:akaibara:20070622133306g:image


f:id:akaibara:20100512222836g:image

[]『タコの「パウル君」』 『タコの「パウル君」』を含むブックマーク 『タコの「パウル君」』のブックマークコメント

予想は「スペインV」タコ予想8戦8勝でした。(^_^)v

ドイツ戦の試合結果をすべて当ててきた独西部オーバーハウゼン水族館のタコ「パウル君」は、スペインが勝った決勝の予想もズバリ的中させて、足の数と同じ8戦8勝の成績でW杯南アフリカ大会を締めくくった。

f:id:akaibara:20100512222836g:image

[]『twitter『twitter』 を含むブックマーク 『twitter』 のブックマークコメント

【2010年07月12日のつぶやき】 f:id:akaibara:20100512224835g:image

f:id:akaibara:20080726232848g:image

『編集→ツイートの内容→Twitterに通知→twilog→はてなダイアリー*1

南アW杯全ての試合日程が終了しました。 http://htn.to/4GMghD

posted at 10:57:45


予想は「スペインV」タコ予想8戦8勝でした。(^_^)v http://htn.to/snnGFN

posted at 11:52:24


『ニュースをブログに』 http://htn.to/Rxe1Mn

posted at 21:31:52


『ウェブリブログ→twitter→twilog→はてなダイアリー

赤い薔薇のSoliloquy-?: サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)決勝 http://bit.ly/9cJo0K

posted at 19:07:06


『はてなfotolifetwitter→twilog→はてなダイアリー

f:id:akaibara:20080726232848g:image


akaibarayoko on twitter

 

f:id:akaibara:20100512222836g:image

[]『ニュースをブログに』 『ニュースをブログに』を含むブックマーク 『ニュースをブログに』のブックマークコメント


ブログ【スペインが初優勝】  


ウェブリブログ


タコの「パウル君」】ウェブリブログ



f:id:akaibara:20100512222836g:image

[] 『おみくじ』  『おみくじ』を含むブックマーク  『おみくじ』のブックマークコメント

[今日の開運おみくじ]

f:id:akaibara:20100711204629j:image


【開運ネットおみくじ】→こちらです


  『当(あ)たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦 *2



f:id:akaibara:20080614144112j:image:w550

*1《新》記事投稿をTwitterに通知します。新しく追加した記事(見出し)のみ対象です

*2:占いは当たる場合もあれば、当たらない場合もあるということ。