赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-08-14 Saturday 世界遺産 熊野古道

akaibara2010-08-14

[] を含むブックマーク のブックマークコメント

熊野古道 水森かおり

f:id:akaibara:20100512223219g:image


        f:id:akaibara:20100810213021j:image:w300


f:id:akaibara:20060917115300g:image

[] 「熊野古道三山」  「熊野古道三山」を含むブックマーク  「熊野古道三山」のブックマークコメント


熊野三山 


熊野本宮大社

「熊野速玉大社」

熊野那智大社

の3社を「熊野三山」又は「熊野三所権現」と呼びます。

熊野三山」に含まれる遺産は、3社のほか、青岸渡寺、那智大滝、補陀落山寺、那智原始林があります。


熊野三山は、和歌山県の南東部にそれぞれ20〜40劼竜離を隔てて位置しており、「熊野古道(熊野参詣道)中辺路」によって、お互いに結ばれています。


『熊野速玉大社』


f:id:akaibara:20100816222426j:image:w450

f:id:akaibara:20100816222809j:image:w450

f:id:akaibara:20100816222851j:image:w450

f:id:akaibara:20100816222916j:image:w450

クリックで拡大画像

世界遺産 熊野古道



【熊野古道】とは 


f:id:akaibara:20100816223215p:image:w450

古代から中世にかけ、本宮・新宮・那智の熊野三山の信仰が高まり、上皇・女院や庶民にいたるまで、

旅人の切れ目がなく行列ができた様子から「蟻の熊野詣」と例えられるほど多くの人々が熊野に参詣しました。

田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、

高野山から熊野へ向かう小辺路(こへち)が、「熊野参詣道」として世界遺産に登録されています。

                f:id:akaibara:20060917115300g:image


【備忘録】

日記 【日本の世界遺産】 


f:id:akaibara:20070707123914j:image


(