赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-11-05 Friday 秘密にしていた『尖閣ビデオ』

akaibara2010-11-05

[]『ニュースをブログに』 『ニュースをブログに』を含むブックマーク 『ニュースをブログに』のブックマークコメント


                       


                            海上保安庁の巡視船「みずほ」

f:id:akaibara:20100512223219g:image


尖閣ビデオ流出か、ユーチューブに6本投稿』


尖閣諸島中国漁船衝突事件・政府公開概要版ビデオ

音量に注意!

尖閣諸島中国漁船衝突事件の『ビデオ』が漏洩(ろうえい)しました。*1


今朝のニュースで知りあんなに出し惜しみしていたのに・・・なぜ?どうして?

国の情報管理の危機感の甘さが表面に出たのでしょう。

それにしても、今は凄い社会になりましたね、

簡単に世界中にニュースが流れてしまうのですから、ちょっと怖い!

個人情報などには気を付けてネットと付き合うようにしたいものです。

この流出ビデオも、いつか削除されるのでしょうか?・・・。

波紋が広がっていきそうです。 


産経新聞(電子版)は、海保関係者の「恐らく本物だ」とのコメントを報じている。

尖閣諸島(Senkaku Islands、中国名:釣魚島)沖で起きた中国漁船と海上保安庁(Japan Coast Guard)巡視船の衝突を撮影したとみられる映像*2が、5日早朝までにインターネット上に流出した。【11月5日 AFP】


動画共有サイト、ユーチューブ(YouTube)に投稿された映像は6本、計44分。

撮影者の乗った巡視船と並行に航行していた青い船体の中国漁船が、進路を変え、巡視船の右舷に衝突する様子が映っている。

f:id:akaibara:20101025163911j:imagef:id:akaibara:20101025163911j:image



[日常の記録]『twitter

【2010年11月05日のつぶやき】 f:id:akaibara:20100512224835g:image

f:id:akaibara:20080726232848g:image

『編集→ツイートの内容→Twitterに通知→twilog→はてなダイアリー


秘密にしていた『尖閣ビデオhttp://htn.to/SdpwAj

posted at 23:57:26



twitter→twilog→はてなダイアリー


『はてなfotolifetwitter→twilog→はてなダイアリー



『ウェブリブログ→twitter→twilog→はてなダイアリー


f:id:akaibara:20080726232848g:image

f:id:akaibara:20101025163911j:imagef:id:akaibara:20101025163911j:image



[パソコン]『YouTubeの動画を【iPod classic】に』


f:id:akaibara:20090702153433j:image

菅直人首相は8日の衆院予算委員会で、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオが流出した問題について「政府として管理不行き届きであり、おわび申し上げたい」と陳謝した。




f:id:akaibara:20060917115300g:image

YouTubeの動画をダウンロードの際

使用中の『Area61』(YouTube保存ツール「Area61ビデオダウンローダー6.3.1)バージョンではなく『Area61 6.4』以上を指定されました。


『Area61 6.3.1』は削除『Area61 6.4.1』をサポートページこちらから再びダウンロードしました。(他のチェックマークをハズシて、これだけ)


備忘録

2011・10月8日『Area61 Ver 8.1』にバージョンUPしました。

日記】『感銘を受けたスピーチ』

スティーブ・ジョブズスタンフォード大卒業式典でのスピーチ】You Tube


日記『YouTubeの動画をiPod classicに』


f:id:akaibara:20101105232321j:image

f:id:akaibara:20101105235222j:image


f:id:akaibara:20061127134851j:image

*1:1 水・光などが、もれること。また、もらすこと。「ガスが―する」2 秘密などが、もれること。また、もらすこと。「企業機密が―する」

*2海上保安庁が撮影した映像で菅直人首相や衆参予算委員会の理事ら約30人が視聴したが問題拡大への懸念から、一般公開はされていない

リンク元