赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-04-25 Monday 若葉の頃

akaibara2011-04-25

[]『山椒の佃煮』  『山椒の佃煮』 を含むブックマーク 『山椒の佃煮』 のブックマークコメント

f:id:akaibara:20110313231718j:image:w350

f:id:akaibara:20100512223219g:image


f:id:akaibara:20110425154527j:image

今年も家人と仲良く山椒の葉を摘みました。


普段はダンディーを装う旦那、作業姿を自慢げに「デジカメある?」と、撮影を促しました。

f:id:akaibara:20110425155157j:image:w360

モデルには少々不満でしたが・・・パチリ(^_-)-☆

f:id:akaibara:20110425155554j:image

私は高い所を「高枝切りバサミ」で選定を兼ねて能率よく枝ごと収穫

f:id:akaibara:20090702153433j:image

       

f:id:akaibara:20110425155640j:image

f:id:akaibara:20090702153433j:image

<作り方>葉・花だけを選り分け、よく洗いたっぷりの熱湯でさっと湯がき、ざるに上げ、厚手の鍋に入れる。

ヒタヒタまで日本酒(料理用でないもの)と*1特選醤油を注ぎ、味の素少々、味醂砂糖は入れない

はじめは蓋をして煮立ったら蓋をずらし煮汁が半分になったら蓋を開け目を離さず

時々味加減をみながらかき混ぜる、煮汁があと少しのところで蓋をして火を止める。(蒸らす)

しばらくしてから、しっとり加減まで煮詰める(ちりちりにしない事)。

必ず目だった葉の芯を取り除く。


備忘録【山椒の佃煮 日記】

f:id:akaibara:20070628153550g:image

料理『山椒の佃煮』】2010/04/25

日記 花山椒(サンショウ)】2009/04/12

山椒の佃煮】2008/4/13 作り方

山椒の佃煮】2007/4/13

山椒の佃煮】2006/4/15

山椒の佃煮】2005/4/26


f:id:akaibara:20070622133306g:image

[]『山椒あれこれ』 『山椒あれこれ』を含むブックマーク 『山椒あれこれ』のブックマークコメント

【サンショウ(山椒)】ミカン科 

「木の芽あえ」に使われる「木の芽」とは,サンショウの若葉です。ちらし寿司などの飾りや、お吸物に浮かべたりして使われます。使うときには手のひらに載せて,パンパンとたたくと香りが高くなるそうです。

 

若芽が出るときに目立たない花がつきます。

「山椒は小粒でピリリと辛い」というのは,熟した実のことです。 

七味唐辛子の中にも粉として入っています、ウナギの蒲焼きの上に振りかけるのが山椒の粉(粉山椒)ですね。

(効能)

サンショウは、世界各地で鎮痛剤として使われてきました。

また体を温め、胃、脳、腎臓の働きを強めます。

蒲焼きには粉サンショウが付きものですが、これは脱臭、解毒、食欲増進のためです。

(利用)

サンショウの幹は強くて折れにくく、香りも良いので、日本ではスリコギに利用します。

生のサンショウの実は、佃煮にするか、軽くゆで、アクを取ってから塩漬けにする。

口直しによいし、白粥に入れれば目の覚めるような魅力を発揮する。

昔忍者は、サンショウの実を1日塩漬けにし、また1日天日で干したものを眼精疲労の薬としたそうです。

若芽なら、季節の彩りと香りを添えるために、汁に浮かべたりもする。

身近にあって、シビレさせてくれるサンショウは、見なおしたい健康食品です。

山椒の実はちりめんじゃこと佃煮にします。

[]『余震』 『余震』を含むブックマーク 『余震』のブックマークコメント

f:id:akaibara:20110425181114j:image

今、揺れがありました。

f:id:akaibara:20061127134851j:image

*1:キッコーマン丸大豆しょうゆ