赤い薔薇のSoliloquy このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-05-14 Monday 若葉の美しい季節

akaibara2012-05-14

[]『新緑の深大寺『新緑の深大寺』を含むブックマーク 『新緑の深大寺』のブックマークコメント



f:id:akaibara:20120514231512j:image:w500

f:id:akaibara:20100512223219g:image

蔵野の面影を残す深大寺を夫婦で散策。                       

f:id:akaibara:20120514231749j:image:w500

f:id:akaibara:20090702153433j:image:w500


爽やかな澄んだ空気の中でいただいた名物の『深大寺そば』も(^_^)v


備忘録

【ウェブリブログ】新緑の深大寺


【ウェブリアルバム】新緑の深大寺

    

f:id:akaibara:20120515223512j:image:w300 

深大寺 こちらから

f:id:akaibara:20070816121656g:image


[日常の記録]『ポケモン・故事成語


【わかる故事成語*1】ポケモンとおぼえよう!

vol.110しんせつポケモンバニプッチ f:id:akaibara:20120514233021j:image:w200 



『枕を高くして寝る』

 

まくらをたかくしてねる

気にかかることがなく、安心してゆっくりと眠ること。心配事が全くないこと。

中国の戦国時代、秦と同盟を結ばせるために、遊説家の張儀が魏王を説得するために言ったことば。

「枕を高くして臥す」「枕を高くして眠る」ともいう。

f:id:akaibara:20070628153550g:image

「楚韓の患い無くんば、則ち大王枕を高くして臥し、国必ず憂い無からん」

(楚と韓の両国から攻撃される心配が無ければ、大王は枕を高くして眠ることができ、国には憂患が無くなるでしょう)


戦国時代は、不意の敵の襲来に備えて地面に耳をつけたり、遠くの音が聞こえるようにえびら *2を枕として寝たりしていた。

戦いが終わると、敵の襲来もなく安心して枕を高くして寝ることができたことから。

【出典】 『戦国策』 『史記

バニプッチは雪の中だと安心して眠れますね。

f:id:akaibara:20070622133306g:image

備忘録   


日記の検索】『ポケモン・故事成語』【詳細


【日記の検索】『ポケモン』

記事一覧


f:id:akaibara:20061127134851j:image

*1:中国の故事に由来する。昔から伝わる事がらやお話がもとになってできた言葉です。

*2:矢を入れる武具