akamac book review このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-10-24

[]182卓球男子ワールドカップ2014始まる

卓球男子のワールドカップ・デュッセルドルフ大会が始まった(10月24日から26日)。15カ国20選手(一カ国2選手まで)のエントリーで,日本からは水谷と松平健太の2選手である。

水谷は第4シードで,明日からの試合になる。松平は予選リーグの初戦でナイジェリアのアルーナ(ARUNA Quadri,WR73)に2-4 (3-11, 11-7, 6-11, 11-5, 2-11, 11-13) と負けだが,次戦でロシアのシバエフ(SHIBAEV Alexander,WR37)に4-1 (5-11, 14-12, 11-8, 13-11, 11-8) としのいで,決勝トーナメント進出に可能性を残した。

上位シードは,馬龍(中国,WR3),張継科(同,WR4),オフチャロフ(ドイツ,WR5),水谷,荘智淵(台湾,WR8),ボル(ドイツ,WR9),フレイタス(ポルトガル,WR12),唐鵬(香港,WR16)の8選手である。馬と張の中国2選手の一角でも崩せるかどうかが焦点だ。