akamac book review このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-06

[]033『経済学史研究』第49巻第1号

経済学史学会『経済学史研究(旧経済学史学会年報)』第49巻第1号(2007年6月)が刊行された。論文の英文アブストラクトについては後日経済学史学会のウェブ(http://society.cpm.ehime-u.ac.jp/shet/shetj.html)からダウンロードできる。

『経済学史研究』は現在年2回発行である。次号刊行直後から前号分については全文をpdfファイルで公開することになった(5月26日の学会総会で確認)。第49巻第1号分については第49巻第2号刊行直後の2008年1月頃にすべてウェブ上で読むことができるようになる。(2007年7月7日追記)

【再追記:全文を読むことができる。2010年2月8日記。→http://society.cpm.ehime-u.ac.jp/shet/annals/het47-50/het47-50j.html

ジャンル著者タイトル所属ページ
論文Muriel Dal-Pont Legrand and Harald HagemannUniversity of Nice-Sophia Antipolis, France and University of Hohenheim, GermanyBusiness Cycles in Juglar and Schumpeter1-18
論文定森 亮慶應義塾大学大学院モンテスキュー『法の精神』における「シヴィル civil 」概念の二重性――ハリントン『オシアナ共和国』との対比において――19-36
論文久松太郎神戸大学大学院R. トレンズの投下労働価値論批判37-52
論文村田和博埼玉学園大学J. S. ミルにおける企業分析とアソシエーション――C. バベッジの所説を手掛かりに――53-68
論文上宮智之関西学院大学(非)F. Y. エッジワース『数理精神科学』と功利主義――シジウィック=バラット論争からの独自展開――69-85
論文河野裕康金城学院大学相対的安定期の開始とヒルファディング86-103
論文伊藤正哉中央大学大学院ハロッド不完全競争論の再検討――前期から後期への展開を中心として――104-120
論文藤田菜々子名古屋市立大学ミュルダールの低開発経済論――累積的因果関係論の検討を中心に――121-136
研究動向岡田 章一橋大学大学院ゲーム理論の歴史と現在――人間行動の解明を目指して――137-154
Notes and CommunicationsKeith TribeUniversity of Sussex, UKOrdoliberalism and the Social Market Economy155-160
Notes and Communications田中敏弘関西学院大学(名)オーストラリア経済学史学会創立25周年を記念して161-163
書評竹永 進大東文化大学カウツキー・レンナー・ゲゼル『『資本論』の読み方』(相田慎一訳)ぱる書房,2006,x+322頁164-165
書評荒川章義九州大学池尾愛子『日本の経済学――20世紀における国際化の歴史――』名古屋大学出版会,2006,vii+352頁166-167
書評堀田誠三名古屋経済大学大黒俊二『嘘と食欲――西欧中世の商業・商人観――』名古屋大学出版会,2006,vi+244+46頁168-169
書評高 哲男九州産業大学田中敏弘『アメリカ新古典派経済学の成立――J. B. クラーク研究――』名古屋大学出版会,2006,x+414頁170-171
書評浅田統一郎中央大学森嶋通夫『森嶋通夫著作集』全14巻+別巻,岩波書店,2004-2006172-173
書評小島修一甲南大学Vincent Barnett: A History of Russian Economic Thought, London and New York: Routledge, 2005, viv+172 pp.174-175
書評川俣雅弘法政大学Luigino Brune: Civil Happiness: Economics and Human Flourishing in Historical Perspective, London: Routledge, 2006, xv+169 pp.176-177
書評佐藤方宣大東文化大学Guglielmo Forges Davanzati: Ethical Codes and Income Distribution: A Study of John Bates Clark and Thorstein Veblen, London: Routledge, 2006, xiv+144 pp.178-179
書評福田進治弘前大学Peter C. Dooley: The Labour Theory of Value, Abingdon: Routledge, 2005,xvi+284 pp.180-181
書評武藤秀太郎日本学術振興会特別研究員Laura Hein: Reasonable Men, Poweful Words: Political Culture and Expertise in Twentieth-century Japan, Washigton, D. C. : Woodrow Wilson Center Press, 2004, xvii+328 pp.182-183
書評柳沢哲哉埼玉大学James P. Huzel: The Popularization of Malthus in Early Nineteenth Century England: Martineau, Cobbett and the Pauper Press, Aldeshot: Ashgate Publishing, 2006, xiv+266 pp.184-185
書評柳田芳伸長崎県立大学Mats Lundahl: Knut Wicksell on Poverty: No Place is Too Exalted for the Preaching of These Doctrines, London: Routledge, 2005, xvi+122 pp.186-187
書評佐々木憲介北海道大学Margaret Schabas: The Natural Origines of Economics, Chicago: University of Chicago Press, 2005, ix+231 pp.188-189
書評米田昇平下関市立大学Florian Shui: Early Debates about Industry: Voltaire and His Contemporaries, Basingstoke and New York: Palgrave Macmillan, 2005, x+247 pp.190-191
書評御崎加代子滋賀大学Richard van den Berg: At the Origins of Mathematical Economics: The Economics of A. N. Isnard (1748-1803), London and New York: Routledge, 2006, xv+461 pp.192-193

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akamac/20070706/1183696709