akamac book review このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-03

[]1035経済学史学会編『経済学史研究』第60巻第1号

書誌情報:経済学史学会,定価3,000円,2018年7月25日発行,ISSN:18803164

--

ジャンル執筆者タイトル
論文Jou IshiiJ. R. McCulloch on the Effect of Machinery
-加藤 健19世紀末から20世紀初頭のアメリカにおける社会改革の試み――J. R. コモンズとウィスコンシン理念――
-井坂友紀スクロウブの自然権論とレッセ・フェール批判
-Timm GraßmannThe Unsolved Problem of Economic Crisis as a Turning Point of Marx's Critique of Political Economy, 1844-1845
-Taichi TabuchiRicardo's Theory of Value and International Trade: On the Invalidity of the Alleged 'Labour Theory of Value'
-塩見由梨ジェイムズ・ステュアートの商業論
-Translated by Robert Chapeskie and Natsu MatsuiEnglish Translation Series: Japanese Historians of Economic Thought <6> Shiro Sugihara, Nature, Human Beings, and Labour
第15回経済学史学会研究奨励賞受賞作講評-論文賞 若松直幸「リカードウ『原理』第29章における公債制度論」『経済学史研究』59巻1号,2017年7月
第2回経済学史学会賞受賞作講評-佐々木憲介『イギリス歴史学派と経済学方法論』北海道大学出版会,2013年
研究動向内藤敦之・池田毅・野崎道哉・石倉雅男J. Halevi, G. C. Harcourt, P. Kriesler and J. W. Nevile, Post-Keynesian Essays from Down Under: Theory and Policy in an Historical Context (4 vols., 2016) をめぐって
Notes and CommunicationsTsutomu HashimotoHow a Fat Slave Can Make His Soul Noble: Takenori Inoki on Liberty
-Takashi UchiyamaCournot's Limit Theorem and the Cost Functions: A Diagrammatic Exposition
-若森みどりカール・ポランニー研究の新地平と課題――Gareth Dale の3冊の書籍を読んで――
書評北田了介Giandomenica Beccahio and Giovanni Leghissa: The Origins of Neoliberalism: Insights from Economics and Philosophy, Routledge, 2017
-Hiroyuki OkonErwin Dekker: The Viennese Students of Civilization: The Meaning and Context of Austrian Economics Reconsidered, Cambridge University Press, 2016
-藤田菜々子Avner Offer and Gabriel Söderberg: The Nobel Factor: The Prize in Economics, Social Democracy, and the Maket Turn, Princeton University Press, 2016
-Martin GrancayShigeyoshi Senga, Masatomi Fujimoto, and Taichi Tabuchi, eds.: Ricardo and International Trade, Routledge, 2017
-山根卓二Vlad Tarko: Elonor Ostrom: An Tntellectual Biography, Rowman & Littlefield, 2017
-桑田 学Nathaniel Wolloch: Nature in the History of Economic Thought: How Natural Resources Became an Economic Concept, Routledge, 2016
-伊藤宣広ピーター・クラーク著(関谷喜三郎・石橋春男訳)『ケインズ――最も偉大な経済学者の激動の生涯――』(中央経済社,2017)
-池田幸弘楠茂樹・楠美佐子著『昭和思想史としての小泉信三――民主と保守の超克――』(ミネルヴァ書房,2017)
-玉手慎太郎斉藤尚著『社会的合意と時間――「アローの定理」の哲学的含意――』(木鐸社,2017)
-若森章孝八木紀一郎著『国境を越える市民社会 地域に根ざす市民社会――現代政治経済学論集――』(桜井書店,2017)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akamac/20180803/1533304414