Hatena::ブログ(Diary)

ちくちく日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-20

K100%のノセ処理


K100%のオブジェクトに対するノセ処理、というのがある。

K100%というのは文字や罫線などに使われることが多く、版ズレが目立ちやすいので、ノセにしておくというやつ。

この「ノセにしておく」という部分、2通りやり方があって

(1)DTPアプリケーション側でオブジェクトにオーバープリント指定をする。手動。

(2)RIP側で「K100%のオブジェクトがきたら、ノセにする」という設定をしておいて自動処理

大抵の場合は(2)だと思う。

っていうか、(1)のやり方(スミのせ全指定)しているデータってみたことない。

うちも(2)のやり方を採用してる。

以前はこれに加えて「特色をプロセスカラーに変換」と「オーバープリント情報の破棄」ってのもRIP側でやってたんだけど、最近のアプリケーションは、データ通りに出力しないと正しく出力できないようになってるので、それはやめた。今はRIP側でデータをいじるのは最低限「K100%のスミのせ処理」だけ。

でも、この最低限の処理でも問題になることがある。

透明効果を使ったデータの場合、アプリケーション側で透明の分割/統合処理がされると、オブジェクトによっては、その部分がビットマップ化される。

連続するスミ文字の一部分だけが透明効果の影響を受けてビットマップ化され、ほかの部分はそのままRIPで処理された場合。

ビットマップ化された部分はヌキ、ほかの部分はノセとなりその差異が目立ってしまうことがある。

f:id:akane_neko:20090220143016j:image


これ、地味なんだけど、結構クリティカルヒットで事故になるんよね…。

スミノセ、スミヌキの違いってのはDDCPの出力ではわかりにくいので、刷版にまわって初めて気がついたり。気がついて止めてもらえりゃいいけど、気がつかずそのまま刷っちゃって事故。

アプリケーション的にはデータをデータ通り処理してるだけで、アプリケーション側の思想としては、オーバープリントしたけりゃすべてデータ側でオーバープリント指示しておくべきってことなんだろうけど。

でも、馬鹿まじめにスミオブジェクト全部オーバープリント指定してるデータなんてみたことないぞ。

K100%のスミノセ処理ってのは、確かに製版出力側が勝手にやってることではあるんだけど、もうそれが当然になってるっていうか、データ作る側だって、そんなこと自分で処理しなきゃいけないなんて思ってもないだろうし、出力側がそれをやめたら、逆にクレームになるだろうし。

#世の中には、入稿データはそのまま出力します!(データ修正とか不具合のあるデータの救済はやらない)っていう印刷会社さんもあるけど、そこではK100%の処理はどうしてるんでしょう?K100%もデータママでだしてるのかな?

解決策としては、透明効果の影響を受けそうなK100%オブジェクトは、データ側でオーバープリントチェックしてくださいねってお願いするしかないんだけど、すべてのデータ制作者がそんなことまで守ってデータを作ってなんかくれない。この問題について同僚と話していたとき、同僚が「いや、でもさ、小さいスミ文字とかが版ズレが目立つからノセにするってのは、言ってみれば印刷側の都合じゃないか?印刷が版ズレなく刷ればノセ処理なんか必要ないんだし。データ作成者にそこまで要求するのは無理なんじゃない」って言われた…。

…いや、でもさ、細かい部分は版ズレする可能性があるってのは、印刷側の都合ではあるが、印刷というものの特性でもあるわけで。現在の印刷技術をもってしても、その可能性は0にはできないわけで。

自分が作ろうとするものの特性を考慮して作ってくれっていうのは、当然ではないのか…。

そういえば、最近の営業さん(とか下手したらオペレータの子も)ヌキ、ノセの概念がわからない人が結構いるんだよね。

アナログ製版の経験があれば、一発でわかるんだろうけど、もう最初っからDTPだから、プリンターと印刷機の出力の違いがよくわからないらしい。

少なくともアナログ時代の(版下をつくっていた)人たちは、今のデータ作成者より、ずっと印刷に対する知識があったと思う。

ま、その代わりというか今の人たちは、アプリケーションだとかフォントだとかほかにいろいろ知識をもたなきゃいけないので、大変なんだろうけど。

さて、話はそれたけど、このK100%のノセ処理。

とりあえず、しばらくは事故を耐え忍んでいくしかないかなー。

そのうちPDF/X-4でAPPE出力に切り替えられれば解決するだろうし。

milligrammemilligramme 2009/02/20 18:45 はじまして、

InDesignだと[黒]とK=100は別物だったり
するのでそれだけ気をつけたり、
透明効果のラスタライズって影響を受ける
ものの上下関係で回避できる気がするの
ですが…
世の中、
そんなこと(透明効果)なんておかまいなし
のデータはいっぱいありますね。

akane_nekoakane_neko 2009/02/20 19:00 milligrammeさん、はじめまして

データを作るのも自分でやるなら、気をつけられるんですけどね。
うちは印刷会社の製版部門なので、いろんな人が作ったデータをうけなきゃいけないんですよね。
入稿データを全部、チェックして修正できるわけもないし。

出力側としてはできるだけ事故のないように、という考えてK100のノセ処理をしてるんですが、それがかえって事故のもとになってしまうという、大変つらい状態です。

PsychoCatPsychoCat 2009/02/20 19:55 この事故に見られるような黒色の違いは、版下時代に、わざと黒の違いを際立たせるためによく使った手法なんだけどなぁ。今はそんなことしないのかな?

色指示に ノセかケヌキか? ってよく書いたよね。

詠人知らず詠人知らず 2009/02/20 21:30 黒の違いはよく使いますよ
それに、ノセ二しちゃうと地の模様の影響を受けちゃうので、そういう意図があるときしかノセ指定にはしませんね。

ななしななし 2009/02/20 21:41 事故を回避したいならデータのママ出せば良いのでは?
いじくろうとするから事故になるわけで。
ちなみにウチではいじらないです。
ウチで作ったデータではない以上は
いじるのはおかしいですし、
「何でこうなったんだ?」と訊かれたときに
理由も説明できなくなってしまいます。
「ウチでひと手間かけたからこうなりました」
とは言えないですね。

kamisetokamiseto 2009/02/20 22:30 データーでオーバープリントにしてると、
デザイン変更なんかで黒文字を白文字にしたら事故って泣ける。

akane_nekoakane_neko 2009/02/20 23:00 PsychoCatさん
詠人知らずさん

今でもわかっている人はちゃんと指定して使ってますよ。
ただ、わかっていない人も多い訳で。

ななしさん

>「何でこうなったんだ?」と訊かれたときに
>理由も説明できなくなってしまいます。
>「ウチでひと手間かけたからこうなりました」

これはほんとに悩むところです。
ただ、こちらとしては事故をだそうとしてやっているのではなく、
あくまで品質を保つためにやっていることであるわけです。
データ通りだからといって、明らかに版ズレがでてしまいそう
な出力物をそのまま出力できない、かといって一つ一つ修正する
時間も人手もない、だから一括で処理しようという事で。

逆にこれをやらない事によってクレームとなってしまう事が(うちの仕事では)多いです。

kamisetoさん

オーバープリントの機能に無頓着なデータって多いですよね。
全然必要ないとこにいっぱいチェックはいってる…
これをデータ通り出力しちゃうと大事故で泣けます。

はじめましてはじめまして 2009/02/23 17:37 はじめまして、私も出力していますが、この問題 ウチだけの問題かと思っていました。
また、ちょっと前の展示会で メディア○○の方に私が「自動墨ノセしてます」って言ったら、「まだそんなことやってるんですか!」って言われてヘコンでました。

ちゃんとしていないデータは救われて、しっかりしてる所にご迷惑がかかり、しっかりしてないところは「印刷屋」に任せればいいや!といった態度のとこ多い気がします。(ミスしてもたいてい印刷屋さんもちなので 涙)
営業は分かりたくないものなので、けっして関わろうとしません。ひたすらお客様をつなぎ止めることだけが重要なようですね。

akane_nekoakane_neko 2009/02/24 17:52 はじめましてさん

気持ち、わかります…。

RIPでデータをいじることが、いいのか悪いのかで言ったら、決していい事ではないとは思うんですよ。
でも、実際にそれをやらないで事故になったときに責任をとらされるのは印刷屋なんですよねぇ。
データ制作者の方が責任とってくれるなら、すぐにでもやめるんですけど。

shinjishinji 2009/02/25 14:36 はじめまして、みなさん。

こちらは、デザイン屋の下請なのですが、
今回からPDF/X-1a:2001での入稿になりました。
が、透明効果全面禁止というお達しが…
InDesignCS3ですが、現実はそんなものなのでしょうか?
下請なので直接、印刷屋さんとお話ができないので…つらいです

akane_nekoakane_neko 2009/02/25 16:10 shinjiさん

>今回からPDF/X-1a:2001での入稿になりました。
>が、透明効果全面禁止というお達しが

なんとなく、その印刷会社のいい分を予想すると

・透明効果をちゃんと使えてないデータ作成者が多い
(分割/統合設定がちゃんとできてないとか、画像の扱い、特色の扱いなど)
・X-1aで入稿されたデータは、設定が間違っていてもこちらで直せない
(生データだったら、入稿後修正してやって出力するけど、PDFじゃさわれない)
・ちゃんと作れてないデータをそのまま受けて出力すると、印刷会社の責任になる
(データのまま出力したのに、印刷会社が悪いってことになる)

→だから、透明効果禁止。

なんじゃないかなぁ…と。

shinjiさんが、絶対に間違いなくちゃんと出力できるデータを作れる!
という自信があるなら、透明効果を使っても大丈夫だと思いますよ。
だって、X-1aになってしまえば、透明効果だったかどうかなんて判断つきませんから。

shinjishinji 2009/02/25 17:21 akane_nekoさん、どうもです。

自信というより、ちゃんとしたデータを作りたいという気持です。
いろいろ調べていますが、まだなんとも…
・ダイナフォントのtrue typeは、どうなんでしょうか…ダメ?
・透明効果は下のレイヤーで作成する。
・貼り込みaiの状態は?オーバープリント必要?
・貼り込みpsdでのtrue type使用は可能なのか?
こちらで教えていただいた分割・統合プリセットで、
スライダーを左にしてしまう方法で、問題はないのかとか
本当は、印刷屋さんと相談しながらがベストだと思うのですが
その他、注意する点多々あると思いますが
なんとか、禁止を解除してもらう方法を模索しております。

akane_nekoakane_neko 2009/02/25 20:13 shinjiさん こんにちは。

えーと、多少きつい言い方になってしまいますが…
shinjiさんが現在データ作成で迷っておられるといわれる内容が、
あまりにも的外れというか、とんちんかんなので…
このコメントを読む限りでは、透明効果云々というより、
それ以前にPDF/X-1aをちゃんと作れるか
どうかすらあやしい段階ではないかと思います…。

本来なら仕事を組んでいる印刷会社さんに相談された方がいいと
思うのですが、それができないからこんなところで聞いているんですよね。
ですが、このコメント欄でちょっと教えてどうにかなるというレベルではないようです。

私からアドバイスできるとしたらひとつだけ。
「わからないなら、使うな」です。

透明効果の機能を使わなくたって、データは作れますよ。
その機能を使ってちゃんと出力できるのかどうか自信がもてないなら、使わなければいいのです。
Truetype云々もそうです。自信が持てないなら、アウトラインしてしまえばいいでしょう。
psdの中に無理にTruetypeを持たせたまま使う必要がありますか?

まず、自分で絶対に「これなら出力できる」と自信のもてるデータの作り方をしましょう。

特に今回はX-1a入稿されるんですよね?
生データを入稿されるのであれば、多少不安な作り方をしても印刷会社が
なんとかしてくれる事もありますが、X-1a入稿ではそうはいきません。
shinjiさんがデータ作りに失敗すれば、それはそのまま事故になりますよ。

akane_nekoakane_neko 2009/02/25 20:26 あと、もう一つだけ

>こちらで教えていただいた分割・統合プリセットで、
>スライダーを左にしてしまう方法で

ええと、あれは、

「adobe、こんなやり方推奨してるよー(笑)無理矢理過ぎ(笑)」

っていうネタでして。
私はあのやり方推奨してません。っていうか、あれ問題ありますよ。
通常であれば、スライダーは一番右にあわせるのが正解です。

shinjishinji 2009/02/25 22:11 akane_nekoさん、どうもです。

PDFへの過大な期待と、作業の効率化に捕らわれすぎていたようです。
そうですよね。最大の安全で入稿すればいいんですよね。
これまでEPSで運営していたもので、psdでは文字情報とかは
そのまま活かして、再利用できるようにしていました。
今回は、透明効果は使わずに徐々に考えていきます。
助言、ありがとうございました。

かーこかーこ 2010/07/05 08:32 大変参考になりました。。

akane_nekoakane_neko 2010/07/06 18:00 かーこさん
あ、いえいえ、これはご丁寧にどうも…。
ご参考になれば、幸いです…。

名無し名無し 2014/08/26 21:03 >…いや、でもさ、細かい部分は版ズレする可能性があるってのは、印刷側の都合ではあるが、印刷というものの特性でもあるわけで。現在の印刷技術をもってしても、その可能性は0にはできないわけで。

考え方でM100%やC100%で文字を打っていればノセにはできないから必ずヌキになってしまう。
そうなれば版ズレは起きてしまうから、K100%だけ特別扱いせずに基本的に全要素ヌキにしてしまうのが良いのでは?

akane_nekoakane_neko 2014/08/27 08:56 名無しさん

なぜK100を必ずノセにするのか、というと

一般的にK100は細かい文字に使われやすい
細かい文字の部分が版ズレするとものすごく目立つ
K版の版ズレはC版やM版より目立つ

というのがあるのです。

K100を強制的にノセにして版ズレを目立たなくするというのは、印刷では一般常識的なテクニックというか手順なので、ここを「K100もヌキにすればいいではないか」というのは成り立たないのです。

ところで、この記事は2009年に書いたものなのですが、現在は記事の最後に載せた「PDF/X-4でAPPE出力に切り替えられれば」というのが実現しつつありこの記事で問題にしていた「透明効果の分割統合処理により、K100がノセ、ヌキにわかれる」というのは解決しつつあります。

ただしAPPEでも「RIP上で一律K100をノセにする」処理については一部別の問題が発生することもあり、完全解決とは至っていないのですが。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証