Hatena::ブログ(Diary)

明石四楼の東京問答 RSSフィード

2016年11月06日

命日。


今日は本田美奈子の命日ですね。

11月6日。

ちゃんとね、最近もたまに聴いてますよ。

「If...」とかね。


If...

If...

2016年07月31日

誕生日、祝います


今日7月31日は、亡き本田美奈子の誕生日です。

このブログ、このネタしか書く機会が無いのも考えものですね。


さて、彼女も生きていれば49歳ですか。


なんて死んだコの歳をかぞえるな、なんて言いますが、前にも書きましたが、彼女は永遠に38歳。厳密に言えば、私の中では18歳〜37歳を行ったり来たりしていますが、やはり彼女はもうこれ以上歳を取らないということで、その老いた姿を見なくて済むのは、私としては幸せです。


昨年はデビュー30周年記念のCD・DVDも買ってしまいましたし、これからも彼女の歌を聴き続けます。

今のオススメは「涙をF.O.して」(作詞:秋元康・作曲:筒美京平)ですね。


.

2015年11月06日

本田美奈子と、10年。


早いものですね。


歌手・本田美奈子が亡くなって、もう10年が経ちました。

今日、11月6日が彼女の命日です。



当時、あれは1月だったでしょうか。

3月に秋川のきららホール(だったと思います)で彼女のコンサートが行われるのを知って、行こうかどうか迷っている頃でした。

そこに、彼女が骨髄性白血病だというニュース。

ほぼ同時に、直近に迫っていたその秋川のコンサートが中止になりました。

アタシは何か出来ることはないかと考えました。

水ごり、乾布摩擦、御百度参り、ドナー登録、献血、精子バンク……


あまりに無力。


勇気も根性も行動力も無いアタシは、為す術無く、ただ無為な日々を送りました。


このままじゃいけない。


一念発起。

本田美奈子の回復を信じ、願掛けをすることにしました。それは……

「甘いもの絶ち」


お菓子やケーキの類いを口にすることを、一切やめました。

これが、思いのほか続きました。

春が終わり、夏が来て、誕生日があったにも関わらず、あえてケーキを食べない。


そうして半年以上、続きました。

アタシにしては、かなり長い努力。

でも、その後、いつからか何をきっかけにしたかも思い出せないのですが、いつの間にか戒めを破っていたのだと思われます。「甘いものを食べない」ということを意識していませんでしたから……



そんな時に訪れた、訃報。

本田美奈子、死去。享年38歳。


どこでそのニュースに触れたかは覚えていません。おそらく、会社だったのでしょう。

その日、私のケータイのメール着信が止まりませんでした。そう多くないアタシの友人・知人から、お悔やみのメール。

いや、心配のメールと言った方が正確かもしれません。彼らは、アタシが後追いするのではないかと心配(期待?)してくれていたのです。

世代的に、岡田有希子が四谷のビルから飛び降りた時のことがフラッシュバックしたのかもしれません。狂信的なファンが続々と後追いしたともしてないとも言われています。きっと、それらと同じくらい“狂信的な”本田美奈子ファンだと見られていた、あいつは後追いするんじゃないかと思われていたのですね、アタシは。

でも、うれしかったのは確かです。

みんなが心配してくれたことではなく、みんなが、アタシが本田美奈子ファンであることを覚えていてくれたことが、です。


そんなアタシがしなければならないことは、彼女を見送ることでした。

通夜。

行きました。

幸いにもフレックス勤務でもあり、仕事を早く終わらせ、朝霞に向かいました。

血縁者でも関係者でもないアタシは、線香を上げることも出来ず、ただただ見送るしかありません。

でも、できるだけ近寄りたい。近くで見守り、見送りたい。それは本能と言ってもいいかと思います。

前へ。

明大ラグビー部には劣る巨躯を、まるで前3人を押すようにジリジリと押し込む。後ろの人の迷惑など気にする余裕もなく、彼女の存在を感じられる位置まで近づきたかった。そうして物理的限界まで来たところで、目を瞑り、祈り、思いを馳せた。


翌朝の告別式には行くかどうか迷った結果、行きませんでした。いちおうサラリーマンですから、仕事を優先しました。

そのとき、同僚の衝撃のセリフ。

「お通夜行ってたでしょ。テレビに映ってたよ」


……ちょっと恥ずかしい。


でも、うれしい?


アタシが“狂信的な”本田美奈子ファンであることが、全国ネットで晒されてしまいました。



これが、10年前の出来事ですか。

久しぶりに、ちゃんと思い出しました。

いい機会だったと思います。


.

2015年06月06日

アタシはAKB48ファンではない 9


アタシはAKB48ファンではない


何度目でしょう、これを言うのは


何度言ってもわからない御仁が多く、いい迷惑です



ファンではない証に、今日迎える「41stシングル選抜総選挙」が巷で盛り上がっていないとか言われていることも知らなかったし、気にもなりません


気になったのは、いつも停滞しがちなこのブログを更新するいい機会(ネタ)を見送ってはいけない、というむしろ焦燥感でした



というわけで、唐突ではありますが

私の総選挙2015を披露させていただきましょう



第1位 山本彩

けっこう、磐石です

前にも書きましたが、好みには抗えません




第2位 宮脇咲良

アタシのロリコンも筋金入りですな

とにかく『希望的リフレイン』推しなのです

秋元先生に脱帽です




第3位 入山杏奈

最近女優開眼と評価も高い?あんにんです

事件の後遺症は無くはないのでしょうが、そんなことをおくびにも出さずけなげに(贔屓目)頑張っていますね

NHKドラマ『64(ロクヨン)』のあんにん、よかったなー




第4位 島崎遥香

言わずと知れた、ぱるるです

メジャー化により塩対応もすっかり市民権を得た感じです

見た目のかわいさ(※動画に限る)や雰囲気と、イライラさせる話し方やそのマイペースぶり、そしてそこから放たれる毒舌が見事なバランスを保っていて、彼女の魅力となっています

引き続き微妙に美しい存在でいてほしいと思います




第5位 松井珠理奈

W松井の片方、松井玲奈が選挙不出馬というのが話題になったようですが、じゅりなに負けるのが嫌だったからでは? というのは勘繰り過ぎでしょうか

でも、珠理奈もまた迷走しているように見受けられます

前回評した2013年時点では、見た目はオトナになりながら中身はまだ子供っぽさの残るオトナコドモみたいなところがありましたが、ここにきてオンナっぽさが加わったもののオトコっぽいガサツさ(イメージです、あくまで)もあり、すなわちそれは子供っぽさの名残りなのでしょうが、そんなオトナコドモオトコオンナみたいなキャラになってしまっています

その一番の要因は、ロングヘアにあると看破しています

率直に言って、似合わないと思います

いや、失言

アタシの好みではないだけです

小中学生の頃が懐かしいです





こんなところでしょうか

開票直前で焦って書いたという感じもありますが、これ以下はあえて講評を加えるほどのお気に入りではありません




そんなわけで、

アタシはAKB48ファンではない





ただのロリコンだと思われます







.

2015年05月06日

アタシは山口小夜子ファンではない


東京都現代美術館にて開催中の「山口小夜子 未来を着る人」に行ってきました。

f:id:akashi4th:20150506112602j:image

アタシ的にもちょっと世代は外れるのですが、仕事柄触れる機会があったことから彼女に興味を持ち、何よりアタシは美しいものが好きなわけですから、いろいろこれまでも収集したりしてきたわけです。


思ってた以上に老若男女というか、もちろん子供はほとんど見かけませんでしたが、それでも若い方も多く、なんで知っているんだろ?とも思いましたが、まあ人それぞれですわね。

普通のブログだと、展覧会の感想を書くとそれを読んで「行ってみよう」とか思ったりする人もいるのかもしれませんが、もはや年に2,3度しか更新しないこのようなブログを読んでいる人など皆無でしょうから、むしろ私的な備忘録というか、アタシが観覧した直後にどう思ったかを書き留めておく方がいいと思ったわけです。



で、率直に感じたことは、「アタシは、2次元の山口小夜子の方がいい」ということでした。

f:id:akashi4th:20150506112603j:image

彼女はファッションモデルとして名を為したわけですが、それもいいんですけど、確かに小夜子がいなければカンサイもケンゾーもイッセイもここまでメジャーになれたか?というくらい重要な役割を果たしたのだと思いますけれど、でも、やはりアラといいますか、私の求めていない部分までが見えてしまうのです。

f:id:akashi4th:20150506112605j:image


そう、パフォーマーとしての小夜子には、興味が持てないのです。

それは、彼女の年齢によるものかもしれません。

ただ、彼女は年齢を重ねてもその美しさが全く変わらなかった(年齢不詳といっても過言ではない)のは間違いないので、彼女の美しさが衰えたという意味ではなく、もはや「侘び」の境地であったからだと思うのです。


アタシが愛するのは、生まれ出ずる瞬間の美しさたる「幽玄」であり、その瞬間で時間を止めた、アラの無い完全な小夜子、すなわち被写体としての小夜子、もっと言えば広告として加工済みの完全無欠の山口小夜子だったのです。


http://www.frivolite.biz/reports/archive1/_src/sc3084/8E9190B693B081u8B9E8Dg81v81i197881j.jpg

(c)SHISEIDO (c)NORIAKI YOKOSUKA



そういう意味で、今回のタイトルに至ったわけです

「アタシは山口小夜子のファンではない」


アートディレクター中村誠とフォトグラファー横須賀功光によって作り上げられた、“資生堂の”山口小夜子のファンなのであります。



2014年08月21日

バンブルビ〜


映画「トランスフォーマー ロストエイジ」のラッピング車輌。

f:id:akashi4th:20140821103612j:image

バンブルビーの黄色と銀座線の黄色が見事にマッチしてますね

2014年08月19日

東京マラソン2015、エントリー!?


また東京マラソンのランナー募集してますね

f:id:akashi4th:20140819205342j:image


どうしようかな、

応募しようかな、



当選して



ブッチ!




というのが趣味化してる




今日この頃






悪趣味!


.


カレンダー
<< 2017/07 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カレンダー
カウンター

Amazon
プロフィール