自然とつながる暮らし方。京都で晴耕雨読。あかざえり

2016-05-05

京都の湧き水

07:20


http://sabbaticalleave.blogspot.jp/2015/07/blog-post.html




ーーー

簡単バターケーキ作り方

バター 100g

砂糖  100g

卵   100g(2個)

粉   100g

バニラブランデー


材料を常温にする

粉をふるう


ーーー

A、卵白に砂糖(半分)を入れ泡立て、

B、別のボウルに、バターをホイップし砂糖(半分)入れ、黄身を加えてホイップ!

Aを加え、粉を5回くらいに分けていれながら

サクッとまぜ、バニラブランデーを入れて

容器に入れて

170℃30分

+10分 くらい様子をみながら







ーーー

薔薇香り

バラは朝日が昇り始めると花弁から香りが発散され、そのときの香りのバランスは本当に素晴らしいものです。ところが、陽が高くなるとだんだんと香りが落ちてきて、夜になると発散するのをほぼ止めてしまう。人間も夜、寝ているときは呼吸が浅くなるように、何百分の一しか香りを外に出さなくなるのです。そしてまた、朝日が昇ると香りを生産する。その営みは神秘的ともいえます。

 一方、切り花の場合は水に挿すことによって香りが薄まり、専門家にいわせると多少「水っぽく」なってしまう。香りを楽しむのなら、やはり地植えや鉢植えがいちばんです。


ワイン香りに魅了され

いま 薔薇香りに幸福を感じています



http://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents_i208.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20160505

2016-05-01

アトピーと常在菌

09:41

アトピーの皮膚は、

皮膚常在菌が住めない砂漠。

皮脂という餌が乏しい砂漠。

界面活性剤で餌の皮脂をとったり

大切な常在菌をわざわざ殺す消毒をしてませんか?

自分にぴったりの皮脂は両親の素肌についてるから

親子でスキンシップ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20160501

2016-04-29

シュタイナー 世界は精神化へ

20:57

物欲の時代は終わり、

心魂浄化の時代が始まっている。

時代の流れを促進するか、

物質に固執して混迷を深めるか、

個人個人の生活が岐路に立っている。


私たちはいま、

比類なき美しい自然に鎮座なさっている

神々にふさわしい国土をあらためて築いていく

時期を迎えたのではないだろうか。


出典

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20160429

2016-04-21

大学って?

07:55


世界一の時価総額企業をつくったスティーブ・ジョブズ

大学を中退した理由について


「授業がつまらなくて親が高い学費を出してまで学ぶ価値はないと思った」

と語っている。

ジョブズは、親に感謝していたのだ。

それでもモチベーションはあがらなかった。

果たして学校の勉強とは?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20160421

2016-04-19

幸せになるために うまれてきた

07:53

人間は 幸せになるために

何ももたずに 生まれてきた。


そして


何ももたずに この世から いなくなる。



何ももっていけない。


モノを持つということは


自分の経験を増やすためにあるだけ


財産は、はだかになった時の 自分の中にあるものだけ


着飾ざるのでなく

裸になった時に 美しい カラダと 肌を もっているか


健康で動くことができるか

そして、思考が、苦境の時でも、ゆたかでいれるか。

作家 坂口恭平 熊本から非難

07:17

f:id:akazaeri:20160419073941j:image


作家 坂口恭平 熊本から非難


3歳、7歳、13歳、15歳の子供四人連れのお父さん。

この四人を死なせたら駄目だとだけ考えていた。

そして、考えた行動は「逃げる」。

老子は、どう考えるか?

何が大切か

自分は、執着してないか

ーーー

坂口恭平 ツイッターより。

亡命家族、坂口家は家を失い、仕事場を失い、家財道具全てを失い、そしてぼくが大切にしてきた蔵書すべてを失った。でもなぜか身軽なすっきり気分。坂口恭平、フー、アオ、ゲンの四人は多少疲れは見えるものの、元気です。惨めな気分が皆無。むしろ新天地求めて穏やかな気持ち。執着を捨てたよ

作品だけは取りに帰りたい。あとはどうでもいい。でも作品自体も持っていると荷物にもなるのでその作品を「亡命家族、坂口家義援金チャリティオークション」とか、銘打ってもうぜーんぶ売りさばこうと思っている。6月4日ぼくのコレクターが一堂に集まるので、そこで!笑。それでまずは慰安旅行に行こ

テイラーイギリス現代史をちょうど読んでいましたが、近代国家は人々を助けるためには存在していません。自分の命は自分で守るしかない。ぼくは今回それをさらに身をもって体験した。死ぬかもしれないと思ったことは生まれて初めてだった。死にたいとおもったことはあったのに。生きたいと強く思った

横浜に3ヶ月滞在することは決めた。その間に次を決める。関東にずっといるイメージはまったくないとフー。いまのところフーは京都、おれの直感はフーの一言によってニューヨーク一家で移住という状態。これから少しずつ話し合っていく。まずは5月19日北京経由で僕一人でニューヨーク視察に行く。

3歳、7歳、13歳、15歳の子供四人連れて地震を耐え、どうにか脱出した。自分ですら死ぬかと思った。この四人を死なせたら駄目だとだけ考えていた。だから時々厳しくもしてしまったので、福岡についてからは甘々で、もう2週間くらい好きなことを好きなだけやってもらいたい。ゲンはおっぱい戻った

ーーー

本来無一物という仏教の言葉がある。本来、人は何ももっていないという意味だ。

何ももたずに生まれてきた人間は、自然の恵みという贈与を無料で受け、生きている。

酸素も、水も、自然の恵み。

自然は、お金を払えとは言わない。

人間は、何ももたずに生まれて来た。


出典:http://golden-tamatama.com/blog-entry-2339.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akazaeri/20160419