akehyon-diary

2011-08-11

[]税と社会保障の抜本改革

名著『年金制度は誰のものか』の著者、西沢和彦氏の新著。本書もやはり税金について、そして年金について、明確な事実説明とシミュレーションが記されて有益である。例えば「後期高齢者医療制度」が、後期高齢者にとって不利な制度ではなかったことなど、騒いだマスコミや民主党関係者によく読んでもらいたい。

ただし、著者ももちろん気づいていることだが、既得権益を政治的に奪うことは容易ではないし、「抜本的な改革」などまして難しい。政治は今も迷走を続けている。

税と社会保障の抜本改革

[]検証 東日本大震災 そのときソーシャルメディアは何を伝えたか?

[]災害ソーシャルメディア

どちらも似た領域を扱った新書本。前者は米国在住の著者が、外国から目線ソーシャルメディアの活用を語ったもの後者の著者は国内在住のジャーナリスト。もちろん役立つ情報もあるのだが、関係の薄い部分も多く、やや水増し気味でその点は両者とも不満が残る。一冊にするのが間違いだったのではないか。

検証 東日本大震災 そのときソーシャルメディアは何を伝えたか? (ディスカヴァー携書)

災害とソーシャルメディア ?混乱、そして再生へと導く人々の「つながり」? (マイコミ新書)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akehyon/20110811