akehyon-diary

2018-03-18

[]質的研究のための理論入門

邦題通り、質的研究のための各種の理論をやさしく解説する。原書は2005年刊行だが古さは感じない。「シンボリック相互作用論」「解釈学」に始まり「ポスト構造主義」「ポストコロニアリズム」まで。ギデンズとブルデューを論じた第11章「構造化と実践の理論」など、かなりよく書けていると思う。

[]プラットフォーム革命

プラットフォームを築き上げて成功した企業の紹介が主。中でも、アリババが中国でいかにイーベイ等のライバルを蹴落としたの説明は興味深かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akehyon/20180318