Hatena::ブログ(Diary)

働く主婦のお弁当記録

2016-07-27

7月27日のお弁当

f:id:akemi1218:20160727120804j:image:left
f:id:akemi1218:20160727120842j:image:left

本日
ハンバーグ(林先生の今でしょ講座で勉強したハンバーグ)
こふきいも
アスパラガスバターソテー
目玉焼き

グラム100円程度のお安い肉でもふっくらジューシーなハンバーグになるというレシピを再現してみました。
林先生の番組なので、なぜふっくら美味しくなるか、科学的根拠をわかりやすく説明してくださる。

美味しいという現象も化学反応から説明できるのですね。

で その美味しくなるコツは、パン粉の代わりに細かくしたお麩をつかうこと、牛脂を混ぜ込むこと、細かく砕いた氷を入れること。

あとソース。しょうゆ、バルサミコメープルシロップ、バター。
このソースも絶品でした。


お弁当 ブログランキングへef="//food.blogmura.com/obento/ranking.html">

2016-07-26

7月26日のお弁当

f:id:akemi1218:20160726125717j:image:left
f:id:akemi1218:20160726125858j:image:left

本日
つなそぼろのちらしずし

この前テレビで紹介していたちらしずし。
ツナの缶詰を使って甘辛そぼろを作り、寿司飯に混ぜるお手軽ちらし。

ツナ缶2個(ごはん2合)、干しシイタケ、たけのこ、こんにゃく、にんじん、
レンコンはお酢を入れてゆでてから合わせ酢に付け込んだ酢ばすをさいの目に切って。

ツナの油をしっかり切るのがコツ。

この季節、酢飯がおいしいです!


料理を作っていて個人的にすごく楽しい瞬間があります。
完成したあと、錦糸卵とかきぬさやとか、メニューによっては大葉をすこし載せたり、刻みのりをぱらっとおとしたり・・・
挙げればきりがないのですが、最後のお化粧仕上げをすると、お料理がぱっと華やぐその瞬間がすごくうれしいのです。

その所作も好き。

人間のお化粧でいえば最後に頬紅少しのせると、ぱあっと顔色が華やぐようなそんな感じでしょうか。

今日も錦糸卵と刻みのりをぱらぱら載せて楽しみました。ついでに紅ショウガも添えました。

にほんブログ村

お弁当 ブログランキングへ

2016-07-23

7月23日のお弁当

f:id:akemi1218:20160723152409j:image:left
f:id:akemi1218:20160723152451j:image:left

本日
おにぎり
たまごやき
ちくわきんぴら
おくらおひたし

今日は一人出張のためおにぎり弁当1個作りました。

トウモロコシごはんの冷凍がちょうどあったのでおにぎりに。

にほんブログ村

お弁当 ブログランキングへ

2016-07-22

7月22日のお弁当

f:id:akemi1218:20160722093012j:image:left
f:id:akemi1218:20160722093059j:image:left

本日
鶏ポン
厚揚げネギみそ焼き
おくらおひたし

鶏のから揚げ大根おろしをたっぷりのせてポン酢をかける。
だいこんおろしとポン酢。
この季節には最強の組み合わせです。

お肉でもお魚でも、焼き野菜でも、それこそ生野菜でも、乗っけるだけでなくつけだれでも
よいし、栄養バランスも抜群。美味しい。

厚揚げに乗っけたネギ味噌。
これもまた最強の組み合わせ。でもこの厚揚げにおろしとポン酢も捨てがたい。


どこまでも頑張るおろしとポン酢のコンビでした。

f:id:akemi1218:20160722094106j:image:left
夕べからベランダの紅葉の植木で休憩しているせみさんです。

鳴き声は夏らしくパワフルですが、どことなく涼しげなきれいな姿。

にほんブログ村

お弁当 ブログランキングへ

2016-07-21

7月21日のお弁当

f:id:akemi1218:20160721134229j:image:left
f:id:akemi1218:20160721134437j:image:left

本日
とうがんのそぼろ煮
だしまき
なまゆば胡麻和え
焼き鮭

夏野菜いろいろありますが、技術の発達で年中出回っていたりして季節感が薄らぐこのごろです。でも、とうがんって まさに夏しか売っていない野菜です。

しかも若い人にはあまり受けがよくない感あり。

つかみどころのない、パンチの効いてない野菜の部類です。

でもこのはかなげな涼しげな風情が日本の野菜らしくて私は個人的に好きです。

薄味ででも出汁をしっかり効かせたそぼろには定番中の定番。
私は好みで生姜も結構入れます。
とろみも吉野の葛を使うという本格技です。が・・片栗粉のとろみと大差ないように思います。
こころなしかとろみがよりまろやかかなあ。

なばゆばの胡麻和えは高野山の宿坊でいただいて、すごくおいしかったので適当に再現。
練胡麻つかいました。

旬の野菜で定番料理を作っていると、なぜかしらこころおだやかな優しい気持ちになれるのです。


お弁当 ブログランキングへ="//food.blogmura.com/obento/ranking.html">にほんブログ村