囁き千里 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 03 | 04 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 02 | 03 | 04 |

2007-02-09 ポットのお湯切れと人間性

[][]山本耕史インタビュー@読売新聞 2/9 夕刊

この方角度によってかなり顔の印象が変わる人だと思うんだけど、今回の写真は私には極ツボな逸品でございました。ほんと今回は写真を撮った人もこの写真を選んだ人もGJだ。しかし「流し目して下さい」と言われて目をくるくる回した人とは思えません。流し目の先から撮った写真を是非とも拝見したかった。って偶然のショットだとは思うので無理なのはわかってるんですが。

さてインタビュー。『英語で思いを伝える』というタイトルでヘドウィグについて語ってます。文章量はそう多くないし内容は既出のものが多いけど程よくまとまってて結構いい記事。

以下取り上げるのは英語詩で歌うことに対して。他でも見かけた気もするけどこれまでここで取り上げてないので。

大音量のハードロックに合わせて、日本語で細かく歌っても聞き取れるか疑問なんですよ。ただ、覚える量が今までと違うので大変。英語だけで思いが伝わるかどうかも大きな挑戦です。

なんとまあ珍しく弱気な発言だこと。でも逆にテンションが上がる私。これは良い傾向かも。変に強気発言より、こういう弱気が入った方がこの方の場合良い気がするんだよね。なんとなくだけど。

とにかく泣いても笑っても来週末にはヘドとご対面。楽しみだ。そういえば18日は同じ新宿でトークショーがあるらしいっすね。行きたい気もするけど私もう一度あの10話を寝ずに観れる気がまったくしない。4話と6話の直前で誰か起こしてくれるなら、行っても良いんだけど(最低野郎)。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akikage/20070209/p1