改 普通の生活 このページをアンテナに追加

2017-02-11

[]アイアムアヒーロー 20:49

原作の一巻だけ読んだ事があったが、わりとおもしろかったので見てみた。

主役は大泉洋が演じる鈴木英雄(ひでお)という漫画アシスタント生計をたてている35歳の男性彼女同棲しているが、彼がいつまでも売れないので、その仲も危機を迎えている。

そんな彼だが、何故かクレー射撃が特技。腹をたてた彼女に銃と供にアパートを追い出されてしまう。

一方で世間では謎の伝染病が発生。感染した患者は脈がとまった後、凶暴化する。またそれにかまれた者も感染してしまう。

アメリカでよくあるゾンビもの様相を呈してくる。

感染した彼女に襲われ、職場でも襲われ、英雄は銃だけを持って逃げる。その途中で早狩比呂美(有村架純)とうい女子高生出会う。何故か彼女は感染したものの、完全に凶暴化せず、襲われた英雄を助けさえする。

富士山ではウイルスが弱体化するという噂を信じた二人はその道でアウトレットパークにたどりつく。そこでは同じように街から逃れてきた者たちが集落をつくり、感染者から身を守っていた。

看護士の藪(長澤まさみ)によって、その集落に迎えられた英雄と比呂美だったが、リーダー格の男は、比呂美を人質に英雄から銃を奪う。暴行を受け弱気になった英雄は命じられるまま、食糧確保の作戦に加わる。

男たちが全員でかけた隙を狙うかのように、集落に感染者が侵入。残された女たちのほとんどが襲われ、感染してしまう。

一方英雄達も、裏切り者のためにほぼ壊滅状態

このままなすすべなく、死ぬしかないのか?


というところがクライマックスなわけですが、わりと展開が早いので、飽きずに観られました。大泉洋というと、バラエティイメージで「口の悪いおもしろいあんちゃん」というイメージでしたが、俳優としても名高いだけあり、原作の主人公のイメージを損なわない見事な演技でした。

そんなに怖くはなかったけど、よくできていたので、ホラー好きの友達にすすめようと思います。

2015-02-04

[]アニー 19:09

先日のサイコパスに続き、映画を見てきました。

アニーはミュージカルで有名なので、前から気になっていました。

アメリカの子役って、英語のせいか日本の子役よりもうまく見えるから不思議だ。

話しはとてもよくありがちで、最初から結末が完全に予測できるものだが、それだけにじっくりと見る事ができた。


4歳で親に捨てられたアニーは、「いつか親が迎えに来る」と信じて、毎日を明るく過ごす10歳の少女

NY市長になろうとしている携帯会社社長道路でぶつかり、車にひかれそうになったのを助け起こしてもらった縁で、「好印象を得るために」一時的に社長宅にひきとられた。

仕事人間子供に興味のなかった社長だったが、アニーの明るさと利発さにひかれ、彼女をひきとりたいと思うようになる。

そんな折、有名になったアニーの両親が名乗り出て・・・

私は最後までおもしろく見られましたよ。

2013-04-10

[]相棒 X-DAY 22:08

伊丹さんが主役と言う事で見に行ってきました。

相棒の中でも、ちょっと素直になれないけど熱い刑事魂を持っている彼はお気に入りです。

で、素直に面白かったですよ。

前シリーズからちょいちょい出てきてたサイバーなんやらの人といっしょに行動するのですが、捜査に不慣れな割には、伊丹にないねちっこさもあったりで、皮肉の応酬とか楽しめました。

2012-03-23

[][]スカイ・クロラ 20:31

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ [DVD]

スカイ・クロラ [DVD]

先に映画で見て、それから本を読みました。

映画のタイトルは、作られた当時から聞いていたのですが、最近はまっている森さんの作品だと知ったのは、ここ数カ月の事。昨年末だったかな。

本と映画では若干内容が異なりますが、本よりでご紹介。

これは5冊のシリーズものの、第一作目です。

世界観自体が独特ですが、登場人物がだいたい日本名らしいし、飛行機の名前も漢字なので、おそらく日本なのでしょう。

20年くらい前だか何だかに大きな戦争が起きたようで、その後「キルドレ」と呼ばれる特殊な人間が生まれる事となる。キルドレは、まだ子供と言えるくらいのところで、成長がとまり、寿命というものがなくなってしまった者たち。もちろん、物理的な攻撃では死にます。

彼らは戦争を請け負う会社に雇われ戦闘機乗りになるか、宗教的な活動をするかの二択くらいしか、生きていく道がなくなる。

そして、スカイ・クロラは、その戦闘機乗り側のお話。

第一作目の主人公はカンナミ。キルドレで性別は男。彼は優秀な戦闘機乗りで、新しい基地に赴任した所から話は始まる。

・・・と書き始めたものの、あらすじを書くのは難しい。

それくらい当り前の日常のように書かれている。

カンナミの話しを書くというより、世界観を伝えるための話しのように感じた。

というわけで、細かい部分はご自分でどうぞ。

2011-08-17

[]エクソシズム 21:12

エクソシズム [DVD]

エクソシズム [DVD]

幼馴染と恒例のホラービデオ観賞会をしたのですが、まぁまぁ怖さもあり、当たりでした。


少し裕福な家庭で育てられている少女。親への反抗心か、かなりロックな格好をしている。何故反抗しているかと言うと、親の方針で学校へ行かせてもらえずホームスクール方式のため家に閉じ込められているから

そんな鬱憤もたまっており、ある日母親とこっぴどく喧嘩した少女は、「家族から自由になりたい。」と、悪魔を呼び出す儀式をしてしまう。

何故彼女がそんな儀式を知っていたか?

以前、悪魔払いに失敗して教会を追われたエクソシストがいた。彼は名誉を回復したいと願いつつ、ボランティアの食堂をやっており、そこで少女と出会う。遊びでコックリさん的な物をしたという彼女に、彼は「そんな簡単に悪魔を呼び出せないよ」と、儀式の方法を教えてしまう。

そうして血をもって儀式を行った彼女は見事悪魔にとりつかれる。

家族を傷つけ、人の隠された心を暴く彼女。最初は信じていなかった両親だったが、ある日彼女の体が浮き上がるのを見て、件のエクソシストに相談し、悪魔払いを依頼する。

彼が力をつくしても、悪魔は出て行く様子を見せない。

そんなある日、ついに悪魔のわざによって、弟が死んでしまう・・・


期待通りのどんでん返しがありまして、全体的にはよくできており、とても楽しめました。気持ちとしては、ラストにもう一つ何かあってくれた方が良かったのですが、たんたんとホラーを楽しみたい方にはおすすめです。

2011-01-19

[]相棒 劇場版 16:28

相棒-劇場版IV-

楽しく見てきました。

驚いた事に、財布を忘れていたので、旦那にお金を借りてまでキャラメルポップコーンを購入。

そして、もう一カ月くらいたつせいか、見てる人はまばらでした。年齢層高めなのが、特徴でしょうか。

さて、始まると思った時、ちょっと素敵なサプライズ。

映画を見る時の注意を、相棒の主要脇役?の方々が。

ファンには嬉しいですね。

内容は、ネタばれを避けるために、あえてふれない事にします。

私は二時間退屈せずに見れました。

2010-08-29

[]GO 13:53

[rakuten:joshin-cddvd:10245033:detail]

先日、本を読んだら見たくなりました。

GO - 改 普通の生活

この作品の窪塚は格好良すぎる。

すごく、この杉原という役にあっている。

多分、またしばらくしたら、見たくなるだろうな。

2010-08-25

[]銀河英雄伝説 我が征くは星の大海 21:19

広島にいる頃、本も読んだし、全編見たのですが、本当におもしろい作品です。設定も細かくねられており、とても読み応えがありました。

また全巻そろえようかな。

ちなみに表題のは you tubeで見れました。ネットって、便利だ。

2010-08-20

[]イエスマン 06:47

[rakuten:book:13219951:detail]

私の好きなジム・キャリー主演。この時点で彼は45歳。

主人公カールは、離婚をきっかけに「つまらない男」になっていた。

友達との集まりにも顔を出さず、ひたすら家で大人しく過ごす日々。

そんな時、旧友に誘われて「イエス・セミナー」に参加する。

そこで彼は何にでも「イエス」と応えるよう誓約をたてさせられる。

気が進まないまま、ホームレスに乞われるままに車に乗せ携帯を貸し有り金すべてを与えるカール。みじめになってきたとどめに、車はガス欠。彼は歩いて離れたガソリンスタンドまで行く。

そこで、とてもチャーミングなアリソン(アリスンだったら、ごめんなさい)に出会う。劇的な出会いと別れを体験した彼は、それから仕事も私生活も全て「イエス」で過ごす事になる。

職場の銀行では土曜日出勤を引き受け、融資も拒まず、その結果良い成績を得て昇進する。

今まで無視していた怪しげなメールの問いにも何でも「イエス」とクリック。張り紙で誘っている韓国語講座にパイロット訓練バンジージャンプ。とにかく何でも挑戦した。

そのついでに、誘われたライブに行ってみると、そこで歌っているのはなんとアリソン。

二人は瞬く間に恋に落ちると、デートを重ねた。全て順調に進んでいると思っていた矢先、カールはFBIにスパイ容疑で捕まってしまう。

そうなると全てが裏目に出る。

アリソンは幻滅して、離れて行ってしまう。

「イエス」と言い続けた結果がこれか・・・

再び落ち込むカール。

それでもアリソンをあきらめられないカールがとった行動は・・・。

見た事ないと思っていたのに、どうやら何かのタイミングで見ていました。それでもおもしろかった。

映画の現場なんて退屈だよ。」と言いながら、とても楽しく過ごしているジム・キャリー。本当に素敵です。

2010-08-18

[][]ダーク・ハーフ 21:26

読書 - 改 普通の生活

ダーク・ハーフ [DVD]

ダーク・ハーフ [DVD]

ちょうど本を読み終えた所で、ビデオのレンタル屋に行ったので、借りて見ました。


純文学の作家サドは、スタークというペンネームで死と暴力にいろどられた小説も書いていた。実際、サド名義の本よりも一般に受け入れられ、彼に富をもたらしていた。

しかし、それを嗅ぎつけた男に、ばらされたくなければ金をよこせと脅迫された。

脅迫に屈するのを良しとしなかったサドは、エージェントに相談して、サド=スタークである事を公表した上でスタークとしての執筆をやめる事に決めた。

雑誌でそれをとりあげてもらうために、はりぼてのスタークの墓の上で握手するサド夫婦。

そこから事件は始まる。

その後、スタークは実体をもち、自分を葬りさろうとした者たちを次々に殺して行く。雑誌のカメラマン、脅迫に来た男、エージェント・・・映画ではサドのかかりつけの医者まで)。

その犯罪現場に残されたサドの指紋。

キャッスルロックの保安官アランはサドを容疑者としつつも、わりきれない物を感じ、逮捕できない。本ではスタークとしっかり対面するのだけど、映画ではアランは軽んじられている。

古い映画だが、不気味なものはある。しかし、本で読んだ時の本当の不気味さはなくなってしまっている。

映画を見ていまいちだと思った人も、ぜひ本は読んでほしい。