akiottohの日記

2004-12-30

[]未完 01:48

休出


夜に久々に一人でこっそりDVD映画でも見ようと思ったが、

(「マッハ」というムエタイ映画)、子供が布団でおしっこしてしまって、

その後、大泣きしたので20分で打ち切り。そんな夜だった。


夕飯はお好み焼き、ホタテのスープ


コーチング 落合博満

読了。非常にクリティカルにものを見ている印象。監督就任前の本だった。


コーチング―言葉と信念の魔術

コーチング―言葉と信念の魔術

2004-12-28

[]平日 02:15


寒くなってきた。コートを着ていった。舌の裏に口内炎


夕飯は、ご飯、蒸したホタテ、豚とピーマンの炒め物、ひじき豆腐スープだった。



読了

自分がいかに偏見に満ちて、自己中心的かに気づかせられる。

理解と行動に我慢を強いる箇所も多く、この本を読んで変わるべき人

自己中心的なため自ら不幸になっていると思われる人)ほど、

この本が本当に言おうとしていることは理解できないし実践できないだろうなと思った。

自分はしっくりきた箇所がいくつかあったので、また何度か読み返すだろう。



2004-12-19

akiottoh2004-12-19

[]家族三人で過ごした。 00:54


朝は7時半におきる。


子供公園に行く。

公民館でやっている合気道を見るのが好きらしい。

一人散歩を終えた、お母さんが合流する。

お母さんが砂遊び道具を買ってくる。

柄が新幹線(!)のシャベルは持ちにくいのか、

柄が強烈過ぎてあまりシャベルとして認識しづらいみたい。今日はあまり遊ばなかった。

デザインによって機能が見失われた悪い例だと感じた。


公園から成城に行きマックで昼飯、それから、

二子玉川バスで向かう。高島屋ズボンを買うため。

新館と本館をうろちょろしたが、やはり新館の店に落ち着く。

ポールスミスズボンを買う。試着室に入るとき、

子供が「おっとー(お父さん)」といって泣いた。

ドアを閉めていなくなったから泣いたらしい。


夜はお母さんが作ったホタテとアスパラパスタ


家族三人で過ごした。


●「住まいの作り方 建築家出会い いかに建てるか」

やっと読了。生活のパターン認識して、それをいかに配置するのかが建築家仕事

そう、目的は生活すること。家はその手段であると。

よって「生活する」ことへの自己関与が高いなら建築家にたのむといいと思う。

(やっぱ高いですけどね)

当然、会社人間の僕は、家を買うならマンションでもいいと思うはずだよ。

(=生活への自己関与が低い)