Hatena::ブログ(Diary)

aki note このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-07-04

遊行浮浪の民は必読?『格安エアラインで世界一周』一気読み

| 09:09 | 遊行浮浪の民は必読?『格安エアラインで世界一周』一気読みを含むブックマーク 遊行浮浪の民は必読?『格安エアラインで世界一周』一気読みのブックマークコメント

寝なきゃ寝なきゃと思いつつ止まらない!

格安エアラインで世界一周 (新潮文庫)

格安エアラインで世界一周 (新潮文庫)

旅行経験豊富な著者がカメラマン氏1名、アシスタント(?)1名と共に格安航空会社を乗り継いで世界一周をしたよという旅行記。関空から飛び立って、フィリピンマレーシアシンガポールインドアラブ首長国エジプトギリシャイギリスアイルランド、そして最後はアメリカロングビーチへ。一緒に旅をしているかのような気分でもりもり読み進めてしまいます。

片道数百円の値段に目が行きがちな格安航空会社の実情(空港が辺鄙な位置にあることが多い、乗り継ぎを甘く見ていると乗り遅れてしまう、機内が狭い etc)がしっかり描かれているのもよいところ。乗る前に一読しておくと、落とし穴にはまらずすみそうです。ただ、筆者が「せまいよー」と書いているセブパシフィック、昨年乗った感じでは「日本人の体の大きさだったら不満は感じないのではないかしら・・・」と私は思い、人それぞれ感じ方は違うということも念頭に。必要以上に格安航空会社を恐れて敬遠してしまってはもったいないですからね!

あと、途中途中で本編に入ってくる著者の回想録、航空業界やチケット販売方式の変遷など、この業界が長い著者の記述に「へーへーへーなるほど」と楽しめるのではないでしょうか。

旅好きにはおすすめの一冊!540円で世界一周ノウハウが手に入ってしまうなんて読まなきゃ損損です :-)


# この夏、ロンドンバルセロナロンドンリンツオーストリア)を格安航空会社でチャレンジしようと思っていてとても勉強になりました!


格安航空会社については以下の二冊もおすすめ!

格安航空会社の選びかた (趣味の教科書)

格安航空会社の選びかた (趣味の教科書)