Hatena::ブログ(Diary)

aki note このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-07-05

アメとムチの先へ『モチベーション3.0 』

| 21:14 | アメとムチの先へ『モチベーション3.0 』を含むブックマーク アメとムチの先へ『モチベーション3.0 』のブックマークコメント

# レビュープラスさんに、発売前の『モチベーション3.0』の一部をいただきました。いつも本当にありがとうございます。「おお、私もやってみたいぞ」という人は "レビュープラス: 本好きは登録検討してみるといいかも! - aki note"もどうぞ!

ダニエル・ピンク著、大前研一訳ならおもしろくないわけがありません。『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』のコンビですから :-)

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

本書では、今まで信じられてきたアメとムチによる動機付けを"モチベーション2.0"と呼び、これが機能しなくなりつつあるとし、これに代わって、これからは"モチベーション3.0"が人や社会を動かすとしています。

IT業界でのオープンソースプロジェクトにはじまり、最近注目を集めはじめた社会起業、プロボノといった動きから、モチベーション3.0の台頭を感じている人も多いのではないでしょうか。

一冊まるまるこうした内発的動機付けとも言えるモチベーショ3.0について、モチベーション2.0との比較から始め、モチベーション3.0の要素分析、モチベーション3.0を生み出す方法について説明されています。

…と書いたものの、残念ながら、今回の体験読書は、"第2部<モチベーション3.0>の3つの要素"まで。モチベーション3.0のドライブの仕方など、先の章ほど気になるというのに。目次によると、「お薦めの書籍 必読の15冊」「フィットネスプラン 運動へのモチベーションを生み出す(そして持続させる)ための4つのアドバイス」といった項目もあるのです。うう。買いますってば…、注文しました。

そんなこんなのこれからのやるき(モチベーション)とそのドライブ方法指南書。ぜひ読んでみたい一冊です。

■ 余談

ピンク&大前コンビの前作も良書です。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

以前『ハイ・コンセプト』を読んで書いたレビュー、大学院に戻る前のもので、なんとも懐しい…。

no title

Connection: close