Hatena::ブログ(Diary)

あっきーの日記

2012-06-19 ブログ移転しました!

ブログBloggerへお引越し。

URLは、

http://akiq82.blogspot.co.uk/

です!

どうぞよろしく!

2012-04-09

groovesharkを使って、音楽の未来が心配になった

僕はたった今日、groovesharkというサービスを知って使ってみたんだけど、すごく便利でびっくりした!

便利すぎる、ほんとに!。

でも、心配になった。
音楽を作る人が、本当に食っていけなくなっちゃうんじゃないかと思って。

続きを読む

2012-02-01

やっぱり、僕は大学で勉強しようと思う。

f:id:akiq82:20120131225658j:image
(写真は"http://tomoenglish.weebly.com/124541245712540125221248312463.html"より引用)

去年の9月に、大学を休学することを考えて、
そこから初めて大学に行く意味を真剣に考え始めました。

約4ヶ月たった今、ようやく自分にとっての一つの答えに辿りつけた気がします。


僕の答えは、

学問の世界で、「できること」、「手が届かないこと」(制約と作用域)を身をもって体験すること。

そして僕の場合は、経済学のフィールドで。

続きを読む

やっぱり、僕は大学で勉強しようと思う。

f:id:akiq82:20120131225658j:image

去年の9月に、大学を休学することを考えて、そこから初めて大学に行く意味を真剣に考え始めました。

約4ヶ月たった今、ようやく自分にとっての一つの答えに辿りつけた気がします。


僕の答えは、学問の世界で、できること、手が届かないこと(制約と作用域)を身をもって体験すること。
そして、僕の場合は主に経済学のフィールドで、です。

続きを読む

2011-12-30

2011年冬、チェコ・ドイツ・ポーランド旅行記

12/13から12/22まで、チェコドイツポーランドを巡る旅をしました!
10日間で費用は70000円。結構節約したつもりでも、旅行ではお金が飛んでいく・・・。
総移動距離は約1200km。鹿児島から仙台くらいまでの距離です。

f:id:akiq82:20111229141051p:image:w640
(A=プラハ、B=ドレスデン、C=ベルリン、D=ワルシャワ、E=クラクフ

続きを読む

2011-12-22

アウシュビッツを訪れて〜僕達は一つの命を尊く感じ続けられるか〜

f:id:akiq82:20111221095714j:image

第二次世界大戦における負の遺産

今回の中欧旅行で、アウシュビッツを訪れました。
ナチス・ドイツによって建築された、アウシュビッツ強制収容所、別名「絶滅収容所」。
ここは民間人のユダヤ人を中心として少なくとも110万人の命が、過酷な強制労働、人体実験や有毒ガスに寄って殺害された、「ホロコースト」の代名詞である場所です。

冬のアウシュビッツは強烈です。この日の気温は-11℃。僕はヒートテックに、ジャケット、マフラーを着ていながら凍えていたけど、アウシュビッツに収容された人々は薄手の服一枚で生活しなければならなかった。
恐怖と劣悪な環境、奴隷労働。ガイドさんは「想像できない光景」と表現しました。
アウシュビッツで行われた残虐な行為は、Wikipediaでも十分知ることができます。

ぜひこの際目を通していただきたいです。これはわずか67年前に、実際に人類が行ったことです。


僕達は一つの命を尊く感じ続けられるか

「殺人工場」とも言われるアウシュビッツ。ここでは、いかにたやすく人の命が失われるかをむざむざと見せつけられます。人間の決断に伴う、命の儚さです。

東日本大震災について、こんな言葉に出会いました。

東日本大震災は、2万人の人命が失われた災害が1件起こったのではなく、1人の命が失われることが2万回起こっていると認識することが重要。」
人々の人生にはそれぞれ歴史があり、一つの命が失われると涙を流す人々がいます。
アウシュビッツでは、一人の命が110万回失われた場所です。

この場所ほど、人の命をひとつでも救いたい、と思える場所はありません。

最後に

アウシュビッツには、殺害された人々を追悼するモニュメントの前に、こんな石碑が建てられています。

f:id:akiq82:20111221130725j:image


“For ever let this place a cry of despair and a warning to humanity where the Nazis murders about one and a half million men, women, and children mainly Jews from various countries of Europe. Auschwitz-Birkenau 1940-1945”

ナチスにより、ユダヤ人を中心とした150万人の命が奪われたこの場所は、絶望の叫びの表れであると同時に、人類への警告である。アウシュビッツ=ビルケナウ 1940-1945」

残念ながら、ポーランドへの日本からの直行便はありません。
しかし、もし近くを旅行する機会があれば、ぜひ立ち寄ってもらいたい場所です。