Hatena::ブログ(Diary)

天才詩人こうやまあきらのブログ

2018-09-21

パワースポット巡り(579)公団通り



パワースポット神社仏閣だけにあるとは限りません。歩いていると、ふいに突然「通り」に感じることもあるのです。最近、そんなパワースポットを発見しましたので報告させていただきます。



そこは、JR武蔵境駅北口を真っすぐ北上していった先、交差点「武蔵野二小入口」からはじまる「公団通り」になります。住所でいうと境四丁目、五丁目あたり。歩いて10分〜20分で終わる短い通りなのですが、歩いている最中、ずうっとパワースポット特有のこめかみ辺りにキーンという痛みがくるのです。

f:id:akira-kami:20180920104309j:image:w360



通りにあるのはこんなところでした。



まずは、通りの名称にもなっている「公団」たち。

新しい建物が建設中で、まだまだこれから大きくなっていくようです。でも、ぼくがこんなところに住んだら大変。こめかみが痛くて痛くて、眠れない日が続くんじゃないでしょうか。よくみんな平気だなあー。

f:id:akira-kami:20180920104138j:image:w360



「野菜畑」。

パワーを発する土壌で育った、こちらの野菜を食べれば長生きできるかも。

f:id:akira-kami:20180920104708j:image:w360



「公園」。

ここで子供たちを遊ばせよう。

f:id:akira-kami:20180920104930j:image:w360



「学校」。

さすが文教地区らしく学校が並んでいます。「第二小学校」に、

f:id:akira-kami:20180920104951j:image:w360



武蔵高校」、

f:id:akira-kami:20180920104233j:image:w360



そして「亜細亜大学」。この通りだけで一貫教育が成立するような勢いです。こちらに通う子供たちは、みんなパワーを浴びて元気に育つのでしょう。

f:id:akira-kami:20180920110118j:image:w360



最後、この通りで抜きんでて強くくるのはここでした。スーパーの「いなげや」。この店でパワーを浴びた商品を買えば、何かいいことあるかも。

f:id:akira-kami:20180920102919j:image:w360



駅南口には杵築神社という強力なパワースポットがありますし、駅周辺一帯がパワースポット地帯になっているのかもしれません。周りには、独歩通り、みずき通り、アジア大通りとまだまだ通りがあるので、時間がある日に巡ってみたいと思います。

f:id:akira-kami:20180920104622j:image:w360



2018-09-18

パワースポット巡り(578)多田朝日森稲荷神社



香取神宮の帰り道、同じ55号線沿いにあるのが多田朝日森稲荷神社様になります。高速バスに乗って実家に帰る際、その前を通るので存在は知っていましたが、参拝したことはありませんでした。古社然とした佇まいが、とっても気になっていたこともあり、この機会に立ち寄ってみることにしました。



どーです?この佇まい。なかなかの古社な雰囲気があるでしょう。

f:id:akira-kami:20180504121203j:image:w360



さあ、中はどうなっているのかなあ〜、これは楽しみだなあ〜。ズン、ズン、ズン。

おおっ、けっこうなパワーがきます。パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンいう痛みがきます。

f:id:akira-kami:20180504121224j:image:w360



ーところが、入ってみると、表の雰囲気とは一変して、境内はピカピカ。そのギャップに驚きました。

黄金のしめ縄に、

f:id:akira-kami:20180504121556j:image:w360



シンピンな拝殿とおキツネ様。

このおキツネ様、高さが2、3メートルはあります(おそらく「日本一の眷属」とはこの大きさのことでしょう)。気に入って近くで写真を撮ってみると・・・

f:id:akira-kami:20180504121352j:image:w360



おお〜!まるで、「天から光の束が降り注ぐかのような瞬間」が撮れました!これは不思議〜。

f:id:akira-kami:20180504112322j:image:w360



キーンとくるパワーにも只ならぬ気配がありますし、ここは掘り出し物のパワースポットですね。




2018-09-17

パワースポット(577)香取神宮



昨今、大きな地震があいついで起こっています。専門家の意見では、日本列島全体が地震の活発期に入ったのだとか・・・。恐ろしいことです。



防災に関していろいろな試みがなされています。しかし、実際に起きてしまえば、そんなものは役に立たないことぐらい、みんな(うすうすでも)わかっているはずです。大きな地震がきて甚大な被害がでては問題点が浮き彫りになり、そこに目をむくような予算をつぎ込んで防災計画をたてても(防波堤を築いたり、耐震構造にしたり、避難訓練したりしても)、つぎにもっと大きな地震がきてしまい何の役にも立たないーそんなことをみんな体験してわかっているはずなのです。

近代になって人間が身につけた科学力、技術力ではしょせん自然の猛威になす術はないのです。わたしたちが、せめてできることは近代以前の対処法にもどって、それを実践することではないでしょうか。その対処法とは、つまり・・・「神様に祈ること」です(笑)

ようは、地震を押さえているといわれている神様のところに行って、お願いするしかないと思うのです。人間ができることなんて、しょせん、そんなことぐらいなもんでしょう。



そんなお願いをするのに打ってつけの神社がありました。利根川をはさんで対峙している茨城県側の「鹿島神宮」と千葉県側の「香取神宮」です。両神社には、地震を引き起こすナマズを押さえつけている「要石」という霊石があるのだとか。なので、「地震除けに効く神社」として有名らしいのです。

お正月に鹿島神宮には参拝しましたので、今回はもう一方の香取神宮に行ってみることにしました。



何を隠そう、香取神宮があるのは実家から車ですぐのところ。最近はかなり混むので避けていますが、昔はよく初詣に行ってました。そんな、あまりにも身近にあるあまり、気を張ってお参りしたことがありませんでした・・・。あまりに当たりまえの存在すぎて、これまでは「中世の時代には、『神宮』を名乗れるのは『伊勢』と『鹿島』と、ここ『香取』だけだった」という逸話を聞いてもピンときませんでした・・・。そんな立派なものが、ほんとにこんな田舎にあるのかなあ、と・・・。

そんな失礼な先入観のまま、車に乗り込み出発です。



さあ、入口に着きました。言われてみれば、なかなか格式高そうないい雰囲気。

f:id:akira-kami:20180504103604j:image:w360



あれっ?入ってすぐ左に「要石」と「奥宮」があるようです。でも、ここがメインどころなので、いったん真っすぐ進んで拝殿を参拝してからもどって来て、最後に行ってみることにします。

f:id:akira-kami:20180504103802j:image:w360



歩いている途中、両サイドの森から、パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛みがきました。かなりキツメにです。これは期待できそう。

f:id:akira-kami:20180504103955j:image:w360



(おやっ?こんな有名な方が寄進されていますね。近くに住んでおられるのでしょうか。)

f:id:akira-kami:20180504104125j:image:w360



立派な「総門」→「楼門」とくぐるたびに、強くなっていきますね。

f:id:akira-kami:20180504104304j:image:w360

f:id:akira-kami:20180504104508j:image:w360



拝殿のある広場まできました。おお!「御神木」と「三本杉」から強くきます。

f:id:akira-kami:20180504104927j:image:w360

f:id:akira-kami:20180504105557j:image:w360



(みんなが三本杉をのぞいているので、何かと思ったら小銭が。ぼくも負けじと、1円、5円を突っ込んでおきました。)

f:id:akira-kami:20180504105402j:image:w360

f:id:akira-kami:20180504105410j:image:w360



そして、さらに歩いていくと、こちらの神宮で一番強くくるところがありました。それは、ここ。お茶屋につながる参道の両脇にある森です。こういうところは、鹿島神宮に似ているかもしれません。残念ながら、柵の中に入れないので、外からパワー浴く、パワー浴く。パタパタっと

f:id:akira-kami:20180504110846j:image:w360

f:id:akira-kami:20180504110927j:image:w360



境内がとても広いので、その他にもパワースポットがあちこにありました。

馬場殿神社」、「市神社」「天降神社」、

f:id:akira-kami:20180504112019j:image:w360



その横にある大きな木(御神木の指定はされていないよう)。

f:id:akira-kami:20180504111843j:image:w360



護国神社」。

f:id:akira-kami:20180504112821j:image:w360



まだまだ奥のほうに末社摂社があるようなので、もっと他にもあるかもしれません。今度また来たときに巡ってみようと思います。



そしてもどって、いよいよ今回のメインどころ。曲がって地震除けの「要石」へ参りましょう。

f:id:akira-kami:20180504113341j:image:w360



さあ、これが「要石」になります。見た感じは鹿島神宮のと同じ(・・・思ったよりちっちゃい、とか言っちゃダメ)。「東京に直下型がくることが避けられないのなら、せめて、ぼくが地方出張に行っている間に起きてください。」とお願い(苦笑)。

f:id:akira-kami:20180504114319j:image:w360



さらに、こちらの神様の最深部「奥宮」へ最後のダメ出しのお願い。「電車がひっくり返ったり、道路が陥没したりしてもいいんで、それはせめて、ぼくが安全な家にいるときにしてもらって、会社に行かなくてもいいようにしてください」ぱん!ぱん!(うーん、何か逆にバチが当りそう・・・)

f:id:akira-kami:20180504113631j:image:w360



全体を本格的に回ったのは、ほんと久しぶり。子供のとき以来でしょうか。ほとんど忘れていて、ずいぶん失礼な認識でいましたが改めました。全国、いろいろな神社パワースポット巡りしてきましたが、これほど境内が広大で、格式の高い雰囲気のあるところも、そうはないなと改めたしだいです。

さあ、これで地震対策はばっちりでしょう。無礼なお願いに、神様が呆れていなければの話しですけど・・・

f:id:akira-kami:20180504104615j:image:w360



2018-09-16

真っ赤



今日も、いまや私の私邸、神宮球場へ行ってきました!



今日は六大学野球が終わると、プロ野球が開催される併用日。試合後の球場周辺は、真っ赤なユニフォームを着こんだ広島カープファンでごった返していました。

その手首をよく見ると、けっこうな人が「真っ赤なGショック」をしていました。さすが、みなさん、トータル・コーディネイトに余念がない(笑)

f:id:akira-kami:20180916163411j:image:w360



そろそろ秋。そろそろ、秋用の「秋色Gショック」を準備しないといけないかなあ〜。



こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

2018-09-15

中河原御嶽神社のお祭り



土日は、自宅から一番近くにあるパワースポット(歩いて5分足らず)「中河原御嶽神社」のお祭りの日。静かな町の小さな神社に、大勢の参加者がやってきて、大賑わいの日になります。

f:id:akira-kami:20180915183437j:image:w360



かれこれ20年以上、このお祭りを見ていますが、最近、参加する子供の人数が大幅に増えているように感じます。どこも少子化で人数が減っていると聞きますが、この辺りは増えているのでしょうか?だとしたら、とてもいいことだと思うのです。大勢の子供たちの幸せな姿を見せて、子孫繁栄を願う神様に安心していただくことも、お祭りの大切な役割だと思うからです。

f:id:akira-kami:20180915183925j:image:w360



事実、普段は境内のみに(繰り返しますが、ほんと小さな境内なのです)、パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンとくる痛みを感じるのですが、今夜は駅前の歩道橋のほうまで、爆発したように広がっていました。これは神様も大満足して喜んでいる、ということなのでしょう。

f:id:akira-kami:20180915182829j:image:w360



2018-09-14

正面から堂々と・・・


帰ってきて、表玄関のドアを開けようとしたら、ちょうどその隙間から家に入ろうとしていたGキブリが張りついていました。

年に一、二匹ほど家に入ってくるやつがいるのですが、こやつのキャラから、おそらく「裏側からコソコソっと忍び込んでくるに違いない」と考えていました。まさか表正面の玄関から堂々と入ってきていたとは・・・。

もう少し、申し訳なさそうに入ってこいや!と、怒りが倍増してきました。


f:id:akira-kami:20180904210022j:image:w360



2018-09-12

人工カワラ材



一昨日、トヨアキツシヒメの産卵について書きましたが、最近は気温もグッと下がっていますので、そろそろ、その時期も終わりに近づきつつあるような・・・。そこで、最後のスパートをかけてもらうために、こんなものを取り寄せてみました。

「人工カワラ材」です。通常の産卵用の木材は、シイタケ栽培で使われなかったクヌギやコナラの単なる朽木なのですが、これはそれらにカワラタケ菌をべったりと漬けたものになります。母クワガタはこの菌が大好きで、ガンガン産卵してくれるんだそうです。さらに、産まれた幼虫にとっても大好物で、ものすごい勢いで食べるんだとか。

見た目が真っ白でべったりしているので、(クワガタにとって)生クリームみたいな味がするんでしょうか。そう考えると、ちょっと齧ってみたくなりませんか?やめたほうがいいでしょうけど。


f:id:akira-kami:20180912224759j:image:w360



クンクン、あらー、おいしそうー。ごちそうありがとー

f:id:akira-kami:20180912231425j:image:w360



こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

2018-09-11

もうすぐ、お別れか?サクレ



今夏は、こいつにお世話になりましたあ〜!



異常に暑かった今夏を、なんとか無事に乗り切れたのも、こいつのおかげかもしれません。フタバ食品の「サクレ・レモン」です。毎晩のように、帰りのコンビニで買って家で食べていました。

・・・でも、今日の気温なんかを考えると、もうすぐお別れかもしれません。まだ土日あたりは30℃になるようですが、それでもこれまでに比べたら、ずいぶん楽になるようです。お別れはさびしいけれど、また来夏になれば会えるでしょう。


f:id:akira-kami:20180911224534j:image:w360



まあ、会えなくてもすむような夏になってくれれば、それに越したことはないんですけどね。



2018-09-10

ニニギ候補誕生!



トヨアキツシヒメと一緒に入れておいたコナラの朽木から、こーんなにかわいい赤ちゃんがいっぱい出てきました。この中から、一番体が大きくて元気のいいやつがニニギを名乗れるのです。

ニニギと言えば天孫降臨を果たした、古事記の中でも別格な神様になります。その栄誉に授かれるのは、どの子でしょうか?今から楽しみですねー。



<ばぶ、ばぶー(さんしゅのじんぎ、ちょーだい)

f:id:akira-kami:20180908211417j:image:w360



2018-09-09

新国立競技場の定点観測



春先に、国立競技場の建て替え現場から、負のパワーが噴き出ていたことで始めた定点観測。秋の六大学リーグの始まりとともに再開しました。

昨日今日ともに、相変わらず東京体育館あたりにまで広がっているものの、「『憤怒』と表現したくなるような激しい怒り、殺気に満ちた」パワーからは、ずいぶん穏やかになったと感じました。それはもちろん、正のものとはほど遠い、負を感じさせるものではありますが、春のような激しい頭痛はいっさいありませんでした。かなり覚悟していたので、拍子抜けしてしまったほどです。この夏の間に、何かあったのでしょうか?気になりますね。


f:id:akira-kami:20180908122934j:image:w360



いずれにしても、東京オリンピック成功のために、引き続いて定点観測をしていきたいと思います。とりあえずは、報告まで。