Hatena::ブログ(Diary)

天才詩人こうやまあきらのブログ

2019-01-13

パワースポット巡り(604)呉羽山公園



雄山神社を巡った後、富山駅に戻って「立山連峰が望める展望台」があるというので行ってみることにしました。場所は呉羽山の頂上にある呉羽山公園になります。



駅から路面電車に乗って大学前で降り、そこから徒歩で向かいました。山といっても標高は80m足らず。なので丘のように見えます。

なだらかな坂道を登っていると、予期せぬことが起きました。なんと、パワースポット特有のこめかみ辺りにキーンという痛みがくるではありませんか。どうやら、この山はパワースポットのようです。

f:id:akira-kami:20181124112304j:image:w360



確かに、山の中にぽつりぽつりと神社仏閣がありました。

豊栄稲荷神社(立派な鳥居が目を引きます)、

f:id:akira-kami:20181124105802j:image:w360



琴比羅社(質素な造りですが、周りの紅葉がきれい)、

f:id:akira-kami:20181124102951j:image:w360



大正天皇詩碑(天皇関連の碑はどこも強い力を放っておりますが、こちらもそうでした)。

f:id:akira-kami:20181124095702j:image:w360



でも、各寺院が、というよりも山全体がパワースポットだと思いました。横にずっと長いようなので、今度時間があったときは、もっとじっくり巡ってみたいと思います。

そして、お目当ての展望台がここ。ここから見える眺めは、ほんとすばらしいものがありました。人間が作り上げた都市と、自然が作り上げた山との対比がすばらしい〜。

f:id:akira-kami:20181124103822j:image:w360

f:id:akira-kami:20181124112228j:image:w360



帰り道、スマホ紅葉を撮っていると、車から初老の男性が降りてきて紅葉の様子を見ながら、「今年は遅いね」と話しかけてきました。さらに「最近のスマホは性能がいいからね。ちょっと貸してごらん。」と言って、ぼくの手からスマホを取ると同じ場所から撮りはじめました。そして、ぽんっとぼくの手に戻すと「よく撮れていると思うよ。一応、プロなんで」と言って、かっこよく去っていきました。

左がぼくで、右が男性。見比べると、やっぱり向こうの方がきれいに撮れているのがわかります。さすがですねー。

f:id:akira-kami:20181124115627j:image:w360f:id:akira-kami:20181124115403j:image:w360



地元民から聞いた話では、統一された富山県民の意識というのはないんだそうです。なんでも、呉羽山を境に東西が分断されていて、高岡を中心とする西側の呉西と、富山を中心とする東側の呉東に分かれているんだとか。面白いですねー。全国を回っていると各所にそういうところがあります。名古屋尾張三河とか、広島と福山とか、福岡久留米とか。

そんな罪作りな呉羽山ですが、それだけ歴史的にも地理的にも要所だったわけで、観光するにはもってこいな名所ではないでしょうか。




≪つづく≫



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akira-kami/20190113/p1