Hatena::ブログ(Diary)

天才詩人こうやまあきらのブログ

2018-11-11

旅の終了



2018年のわたしのハイライフカレンダーが本日をもって終了となりました。今年もまた、楽しい思い出でいっぱいの旅ができました。

ああ、どうしよう。来年の4月まで、いったい何を楽しみに生きていけばいいんだろうか・・・?



神宮球場の風景ー


あ〜かわいい〜、子どもバッター(?)

東京代表K高校のバッター、構えるときに、ぎゅっとちっちゃくなって、かわいくなります。

f:id:akira-kami:20181111131740j:image:w360



全国から代表高校が集まるので、珍しい苗字も。「釜萢=かまやち」君だとか。

f:id:akira-kami:20181111121600j:image:w360



今年最後に見た光景。また、後ろの席から漏れ聞いた話しでは、四国代表高校の応援ではじめて東京に来た子供が、「球場の外に山が見えない」ことに驚いたそうです。なんかいい話しだなあ、と思いながら聞いていました。

f:id:akira-kami:20181111174619j:image:w360



2018-11-10

明治神宮野球大会へ



世の富裕層はイベントを求めて決まった日程で世界中を旅して回るんだとか。これをハイライフカレンダーというんだそうです。わたしも、同じくアマチュア野球大会を観戦に日本中を旅してきました。

・・・スイスサンモリッツへスキーだあ?カンヌで映画祭観劇だあ?モナコF1観戦だあ?・・・ケッ!そんなものより、甲子園高校野球を、東京ドーム都市対抗野球を観戦しにいくほうがよっぽど価値があるというものですよ。

本日、この一年間をしめくくるべく最後の旅に明治神宮球場へ向かいました。今日明日で、わたしの一年が終わります。明日は感慨無量で泣いちゃうかもです。



神宮球場の風景―


<S高校のピッチャー、初球いきなり148キロをだして場内にどよめきがおこりました。それにしても、S高校のユニフォーム、黄ばみがすごいなあ。

f:id:akira-kami:20181110093936j:image:w360



夏の甲子園にもなると大応援団が応援席をいっぱいにする広島の名門K高校も、こんなマイナーな大会のために(しつれい)、わざわざ東京まで来てくれないようです。来ていたのは熱心な親御さんだけで作った小さな応援チーム。逆に新鮮かも。

f:id:akira-kami:20181110083307j:image:w360



<「種子島」「座馬」「上中尾」。ちょっと変わった苗字が多い国立T大学。わざとこういう苗字を集めているのでしょうか。また、「星」「島」の並びはかわいいですね。

f:id:akira-kami:20181110182901j:image:w360



<朝8時に球場入りしてから10時間。やっと(最終)第4試合の8回裏まできたところで、日が落ちて寒くなった空から追い打ちをかけるように大粒の雨が。もう疲労困憊でぐったりしているところ。

f:id:akira-kami:20181110180017j:image:w360



<試合終了後、迷ったようにトラックがふらふらっと。清掃用のようですが、その入って来方が、まるで迷い込んできたかのように入ってきたので、ちょっとびっくりしました。

<係員が二人、走ってきて、

f:id:akira-kami:20181110181934j:image:w360

<あー、ちょっとちょっと、ここ入ってきちゃだめだよ

f:id:akira-kami:20181110181937j:image:w360

なーんてね。



2018-09-16

真っ赤



今日も、いまや私の私邸、神宮球場へ行ってきました!



今日は六大学野球が終わると、プロ野球が開催される併用日。試合後の球場周辺は、真っ赤なユニフォームを着こんだ広島カープ・ファンでごった返していました。

その手首をよく見ると、けっこうな人が「真っ赤なGショック」をしていました。さすが、みなさん、トータル・コーディネイトに余念がない(笑)

f:id:akira-kami:20180916163411j:image:w360



そろそろ秋。そろそろ、秋用の「秋色Gショック」を準備しないといけないかなあ〜。



こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

2018-09-08

六大学野球



東都から一週間遅れて六大学の秋季リーグがはじまりました。これまで、7月は東京ドーム、8月は阪神甲子園球場と、ピンと張りつめたような東西の聖地感あふれる球場に通ってきたので、まるで公園の中にある市民球場のような庶民感あふれる神宮に来ると、なんだかホッとするような、のんびりした気分になります。(明治天皇を祭っているのですから、ほんとうの聖地はこっちなんですけどね)

それにしても今日は暑くて、暑くて。第一試合が終わると、第二試合を観る気になれず、這う這うの体で逃げ帰ってしまうはめに・・・。こんなことをしていては、「年間100試合観戦」計画に黄色信号が点灯してしまういのも無理ないですな。(このままのペースでは、ギリギリで危ないところ)

よーし、明日は絶対、二試合観るぞー!



f:id:akira-kami:20180908125352j:image:w360



2018-09-02

東京みやげ?



甲子園で買ってきた球場オリジナルのお土産を、東京在住の知人に渡そうとしたら、製造者が「東京都中央区銀座」になっていました。なんでまた・・・。せめて、大阪とか京都にも、どっかあったと思うんですが。

なんか複雑な気分になりました。


f:id:akira-kami:20180902135050j:image:w360

f:id:akira-kami:20180902135125j:image:w360


2018-09-01

神宮へ



今日は神宮球場へ東都大学野球の秋季リーグ観戦へ。世界の富裕層が7月ロンドン(ゴルフ全英オープン)→8月ベネチア(ベネチア国際映画祭)→9月ニューヨーク(ニューヨーク・コレクション)へ移動するように、7月東京ドーム都市対抗野球)→8月甲子園球場(夏の全国高校野球))→9月の神宮球場(東都大学、東京六大学野球)へ移動してきました。

どうです?こっちのほうが、よっぽど贅沢そうでしょう(笑)



・・・それにしても。甲子園のあの超満員になった観客と熱狂的な雰囲気とは打って変わって、

f:id:akira-kami:20180813105731j:image:w360



・・・この環境(苦笑)

f:id:akira-kami:20180901105402j:image:w360

f:id:akira-kami:20180901105549j:image:w360

f:id:akira-kami:20180901105459j:image:w360



しかし、そこはまあ、大学野球界で一番実力があるリーグと謳われている東都、さすがの戦いぶりが観られました。いよいよ、アマチュア野球界のハイライフ・カレンダーも後半戦が始まりましたね。



2018-08-31

トリプル100



このブログでは宣言していませんが、今年のはじめに心の中で宣言したものがありまして、それは「パワースポット巡り100箇所」「野球観戦100試合」「日本酒の銘柄100種類を飲むこと」の「トリプル100」を達成することでした。

今のところ、パワースポットは余裕で達成、野球はギリギリのところ、日本酒はかなり厳しい、といったところでしょうか。ただ、そうは言っても、いずれもきちんと数を数えていないのが、何だかなあと言ったところ(おおざっぱな性格なので・・・苦笑)。残念ながら参考記録というやつでしょう。来年はちゃんと数をメモして正確な記録付けをしていきたいと思います。



f:id:akira-kami:20180813092112j:image:w360



つい先日、真夏の甲子園から帰ってきたと思ったら、もう明日から、神宮球場にて東都大学野球秋季リーグ戦が始まります。お天気が心配ですが、順調にいけば土日で4試合が観られることになります。なんとか目標を達成したいものです。




2018-08-21

甲子園決勝



今日は日本中で甲子園が話題になっていたようですが、

しょーじき、興味がないです、

だって、おれがいない球場でやってる野球なんて、しょーじきどーでもいいですわ〜



(なーんてね、ぜひ来年は決勝にいきたいですf(^-^)) 



<今年もこのアカアシクワガタ軍団が強かったようですねー

f:id:akira-kami:20180813123243j:image:w360



こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

2018-08-19

この皮がむけるころ



ペリ、ペリ、ペリ、ペリ・・・



いま、顔中の皮がむけています。この皮がすべて消えるとき、甲子園のすべての戦いは終わっているでしょう。

でも、感傷にひたってる場合ではないのです。後ろを向いている暇はないのです。

なにしろ、もう再来週には神宮に場所を移して、東都大学野球が、その翌週には六大学野球の秋季リーグがはじまるのですから・・・。

アマチュア野球界のハイライフ・カレンダーはまだ半ば、これから後半戦が待っているのです。もう、つぎの旅が待っているのです。


つぎの旅が待ちきれないよー!



f:id:akira-kami:20180818110034j:image:w360




こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集

2018-08-18

100回



今年の甲子園の売りは何といっても「100回記念大会」にあるでしょう。マスメディアを通してこれだけ宣伝していれば誰だって興味がわくと思います。

ぼくも、「100回」とか「100」という数字の入ったグッズを楽しみにしていました。ところがです。ほとんど無いのです。(ぼくが知る限りですが)グッズ売場にあったのはタオルと参加校名の入ったキーホルダーぐらいでした。あとは毎年の大会にある普通のものばかり。なので、とーぜん人気はこの2品に集中しますので品切、入荷待ち状態でした。

(みんなが嫌がる)入場料の値上げをするぐらいなら、(みんなが喜ぶ)記念グッズの販売にすれば、感謝されながら大儲けできるのに・・・。そういうところは、やっぱりアマチュアの団体だからということでしょうか。つくづく残念ですなあ。



<いつものラスク。この箱に「100回」がプリントされていれば、価値もひとしおだったのにね・・・

f:id:akira-kami:20180819135142j:image:w360


こころえ―神山倫詩集

こころえ―神山倫詩集