かえる研究日誌 RSSフィード

2006/06/18 (日)

[] を含むブックマーク

  • 同居人がレンタカーを借りてドライブに行きたいというので付き合って、熊野町から黒瀬、安浦、安芸津、竹原のあたりを巡ってきた。天気がよくて窓を開けていると風が気持ちいい。
  • 熊野では前から一度行ってみたいと思っていた古書店『神鳥書店』を覗いてきた。まず100円コーナーを見るといきなり中尾佐助の『料理の起源』という本を見つけた。この本は存在を知らなかったが、タイトルと著者を見ただけで面白い本であることは確信できる。存在すら知らなかった本に出会えるのも古本屋の楽しさの一つ。なかなか幸先が良い。100円コーナーは3冊で200円ということだったので、ついでに石森章太郎の小学館文庫版『九頭竜』1,2も買う。(この作品はタイトルは知っているが読んだことはない。)
料理の起源 (NHKブックス 173)

料理の起源 (NHKブックス 173)

  • 店内に入って一渡り棚を見てまわる。広島関係の本の棚から飯干晃一『仁義なき戦い 死闘篇』『同 決戦篇』『新・仁義なき戦い』の3冊(サンケイ版)をセットで、それと『日本の古代遺跡26 広島』を。
日本の古代遺跡(26) 広島

日本の古代遺跡(26) 広島

  • ドイツ関係の本を2冊。新関欽哉『第二次大戦下ベルリン最後の日 ある外交官の記録』、金成陽一『ドイツ メルヘンのひそむ街で』。
ドイツ メルヘンのひそむ街で

ドイツ メルヘンのひそむ街で

  • 『はじまりコレクション』3部作。
  • もう1冊、季刊『銀花』のバックナンバー、第50号(1982年夏)。「日本の蔵書票」の特集が良かったので購入。
神話的時間

神話的時間

  • 本だけじゃなく、ついこんなものまで買ってしまった。お店の壁に飾ってあったもの。中国の龍だろうか。ひとめ見て気に入ってしまった。値段を訊いたら思ったより安かったので買ってしまった。家に飾れば魔除けになりそう :-)。

f:id:akirahs:20060619070237j:image

神鳥書店神鳥書店 2006/06/20 00:41 神鳥書店です。先日はお越しいただきありがとうございます。また、ご紹介いただきありがとうございます。不便なところですが、機会がありましたらまたぜひお越しください。最後の飾り物、魔よけになれば良いですね!

akirahsakirahs 2006/06/20 12:42 神鳥書店さま、先日は長々とお邪魔しました。熊野は車があれば東広島からすぐですが、うちは車のない生活をしているので滅多に伺えないだろうと思い、つい長居しました。距離だけなら自転車でも何とかなる距離ですが、あの起伏はつらいですね(笑)。でもまたそのうちお邪魔します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akirahs/20060618/p2