AkiraのWine Tasting Note & 日記

2018-02-27

Old Vine Zinfandel Premier Renwood 2014

| 01:48

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2572.html

f:id:akirais:20180227183431j:image:h320

パージュ:ジンファンデル、プティシラー、プティ・ヴェルド、シラー

抜栓日:2018年2月27日

濃いパープルルビー。粘性あり。紫の実の香り。けっこう甘めの印象。その後にスパイス的なニュアンスを感じました。酸は比較的穏やかですが、果実味および果実甘味がバランスよく存在して、きれいな飲みくちとして存在しています。なかなか美味しい、飲みやすい、親しみやすい味わい。

 

2018-02-01

Kongsgaard The Judge Chardonnay 2013(half)

| 10:27

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2532.html

f:id:akirais:20180201094832j:image:h320

パージュ:シャルドネ

ワイン会にて

 

抜栓日:2018年1月31日

やや粘性を感じるしっかりとしたイエロー。とても上質な樽香と完熟を思わせる白い花の香り白桃のニュアンス。ニュートラルでエレガントな香り。と自分は感じたのですが、「若干のブショネを感じた」という意見もありました。しかし、時間経過でそのニュアンスが薄れていった、ということで、この部分は謎に包まれています。自分的にはそんな感じはわかりませんでした。味わいも、まさにニュートラルなんですが、しっかりとした果実味と上質な酸、そして厚みがある味わいで美味しくいただけました。高価なワインをありがとうございました。

2017-11-21

Icaria Creek Winery Cabernet Sauvignon 2000

| 00:35

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2443.html

f:id:akirais:20171121211154j:image:h320

パージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、プティ・ヴェルド

ワイン会にて

 

抜栓日:2017年11月21日

やや曇りのある清澄度。輝きあり。色調はルビー(?)。やや濃い目の濃淡で、粘性はやや高め。どっしりとした香りの豊かさで、ブラックベリーのような黒系の果実を感じます。カカオのような樽から来る要素もしっかり。土っぽさもありますか。香りの印象としてはやや過熟感が豊富な印象を受けました。アタックは過熟感が豊富で、酸はしっかりとした酸、それほどタンニン、収斂性は強く感じられません。アルコール度数は13%を考えましたが、答えは14.5%と大誤算!余韻はやや長めです。

あ鼻の奥に入っていくようなフレーバーのニュアンス、やや硬質な印象を受ける味わいから、2015年アメリカのジンファンデルと解答。なるほど2000年、しっかりと熟成もしています。

Chardoonay Santa Barbara County Los Alamos Vineyard Au Bon Climat 2010

| 00:35

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2442.html

f:id:akirais:20171121211224j:image:h320

パージュ:シャルドネ

ワイン会にて

 

成長、輝きのある、やや色づいたイエロ。濃淡は中程度、粘性やや高め。液体としてややネットリ感を感じます。リンゴの香り、樽香が最初支配的でしたが、やがてとてもニュートラル香りと判断を買えました。アタックはふっくら感があるけど柔らかい感じ。やや残糖が残る?と思わせるくらいの甘味(これはアルコールによるのか? 樽からくるものか)。しっかりとMLFした感じの酸。バランスは液体として厚みのもった感じです。アルコール度数は13%と考えましたが、実際には13.5%。フレーバーにも厚みを感じます。最初、オーストラリアのヴィオニエなんかを考えましたが、時間が経過すると、カリシャルで矛盾しない香りと味わいでした。

2017-09-20

Cloudline Willamette Valley Pinot Noir 2013

| 12:03

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2385.html

f:id:akirais:20170920113027j:image:h320

パージュ:ピノ・ノワール

ワイン会にて

 

澄んだ、輝きのあるルビー。濃淡は淡く、粘性は中程度。ややスパイシーな印象でグスベリとか、ラズベリーの香り。透明感のあるいい香りです。アタックはやや強めで酸もしっかりとしています。タンニンは柔らかく、アルコールは12.5%くらい?(13%だったかな)。とてもきれいなワインで美味しいです。品種はピノ・ノワール、国は日本? と思いきや、オレゴンですか。オレゴンのピノは美味しいですね。

f:id:akirais:20170920113024j:image:h320

2017-09-05

Dumol Finn Russian River Valley Pinot Noir 2014

| 01:49

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2338.html

f:id:akirais:20170906011428j:image:h400

パージュ:ピノ・ノワール100%

YANAGIYAより購入。18,144円。

 

ワイン会にて

抜栓日:2017年9月5日

PP97

比較的濃い目のルビー。グラスの向こう側の指は見えます。均一な色合いで、脚は中程度の粘性を感じます。アルコール度数14.3%。香りの第一印象は、エレガントな赤果実。ブラックベリーやラズベリーの香り、赤い実の香りで、カリピノにありがちな過熟したニュアンスは微塵もありません。とてもいい香りで、また、樽感があるのですが全然強くなくエレガントさを助長しています。口に含むと、酸はのびやかで、タンニンは思いの外しっかりとして感じられます。赤もしくは黒みがかった果実の味わいがふわ〜っと口の中に広がります。「あれ?ヴォーヌのピノ?」って感じ。ただ、液体の濃さがとても感じられるので、その辺はカリフォルニアのワインと判断する点なのかもしれません。きっと、これまだ呑むには早いと思います、というのは、お花のニュアンスがちょっと弱いので。アルコール度数高いですが、アルコールによる甘さやねばっこさはあまり感じません。ものすごくピュアでエレガントなピノ・ノワールという感じで、とても美味しく一気に飲んでしましました。鴨のソテーとの相性がとても良かったです。

2017-08-22

Pine Ridge Chenin Blanc+Viognier 2014

| 00:34

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2350.html

f:id:akirais:20170822203711j:image:h320

パージュ:シュナン・ブラン80%、ヴィオニエ20%

ワイン会にて

 

清澄度の高い、輝きのあるイエローで淡い〜やや濃い色合い。粘性はさほど感じませんでした。ぐらすのそこに少しの気泡が見えます。香りの第一印象はとてもフローラル。レモンなどの柑橘系香り、白いバラ、シトラスの香りを感じます。またかる〜いペトロールライクなニュアンスも感じました。味わいも、フローラルで、果実甘味がほんのりと感じられます。酸がマイルドで、時間経過で厚みがでてきます。アルコール度数は12%と予想(正解不明)。鼻のような感じと溌剌さを感じて、リースリングやゲヴェルツを主体としたアルザスブランを予想! しかし、なんとシュナン・ブランとヴィオニエ!! なるほど、これは液体の厚みをまずは感じないといけないんですね。きっと酸がマイルドというところもキーなんだと思いました。途中で参加した女性の方は、香り見るなり、シュナン・ブランと即答してました! 驚愕の瞬間でした。勉強になりました。

f:id:akirais:20170822203723j:image:h160

2017-06-17

Icaria Creek Cabernet Sauvignon 2006

| 12:19

f:id:akirais:20170617215738j:image:h320

パージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、プティ・ヴェルド

ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年6月17日

比較的濃い目のルビー。輝きあり、濁りなし。香りの第一印象は、完熟感。やや土っぽさを感じて、直感でメルロと考えました。ただ、メトキシピラジン系のニュアンスはないし、この完熟感から、温かい印象があって、チリのワインと予想。タンニンはさほど強くなくマイルド。味わいに厚みと果実味がしっかりと感じられます。答えはカベルネ・ソーヴィニヨン! あ〜、この上質なジャムっぽさは完熟したカベソーか! メルロだともっともっさりするのかも。あ〜難しい。勉強になりました。とてもコスパのいいカリカベ。

f:id:akirais:20170617215755j:image:h320

2017-01-18

Big Gun XWinery 2012

| 19:40

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2066.html

f:id:akirais:20161016111318j:image:h320

パージュ:カベルネ56%、メルロー26%、シラー12%、テンプラニーリョ6%

amazonより購入。販売サイトはfinewines.tokyo。2,997円。

 

抜栓日:2017年1月18日

栓:スクリューキャップ

液漏れ:なし。ただ、横にして置いていたせいか、キャップからフェルトの内側の部分が瓶の口にくっついていました。

グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました。

 

色:濃い目のガーネットルージュ。輝きあり。透明感あり。グラスの向こう側の指はみえません。

エッジ:しっかりと色づいています。

脚:結構な粘性を感じます。アルコール度数13.5%

 

香り:ブラックベリーやブラックチェリーと言った黒系の果実の香り。柔らかい樽香。けっこう熟している印象です。最初に思い付いたのはメルロ。プラム香り。白胡椒っぽいスパイス感も感じられます。スワリングすると先程の黒果実の香りが前面に出てきて、すっとするようなニュアンスのミント香っぽさがあります。

タンニン:しっかりとしたタンニンで、なかなか上質な感じ。

味わい:口に含むと果実感に溢れていて、味わいにシラーを連想させます。果実の完熟感がしっかりと出ていて、樽由来かとおもいますが、カカオのニュアンスもあります。酸はしっかりとして上品。まとまりがとても良くて、果実甘味もほどほどあって飲みごたえがあり、かつエレガントさも感じられる面白いワイン。ついつい飲んじゃいます。

品種とか、全然関係なく、ただただ、みんなでワイワイのみましょう!的なスタンスの「変態」ワイン

f:id:akirais:20161016111337j:image:h320

2017-01-15

Knockout XWinery 2013

| 21:47

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2067.html

f:id:akirais:20161016111259j:image:h320

パージュ:シャルドネ85%、セミヨン8%、マルサンヌ7%

amazonより購入。販売サイトはfinewines.tokyo。2,997円。

 

抜栓日:2017年1月15日

栓:コルク。URLと髭マークが書いてありました。比較的長めのコルク

液漏れ:なさそう

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

 

色:比較的濃い目のイエロー。輝きあり。透明感あり。

ディスク:比較的厚め

脚:そこそこの粘性を感じます。アルコール13.5%

 

香り:抜栓直後はやや硬めですが、それでも黄色や白の花の香り、アカシア系、パイナップル、そこにレモンを思わせるような柑橘系香り。やや時間が立つと、トロピカルな雰囲気が全面に出てきますが、そんな中にもレモン、ライムのような柑橘香がしっかりとあって、酸を連想させる雰囲気があります。なかなか香り豊かです。すこしウッディーなニュアンスも感じられます。娘さんはバナナと言っていました。

 

味:低めの温度のときは酸がしっかりしていました。温度が上がると酸はややおだやかになり、果実味がしっかりとして、樽の要素がそこに合わさってきます。酸と果実と樽のバランスがとてもいいと思います。樽は聞きすぎるわけでもなく、でもしっかりと主張しています。余韻が恐ろしく長い。中間の味わいにも厚みがあって、しかし、どこか冷涼さも備えているという感じの味わい。誤解を恐れずに言うなら、セブンイレブンのヨセミテ白を、20倍くらいエレガントに、上品にした感じの味わい。これは旨いです。

いや、すごく余韻長くてびっくり!

f:id:akirais:20161016111309j:image:h320

2日目、3日目、やや酸化した感じはありましたが、ほぼ変わること無く美味しくいただけました。

2016-07-20

Calera Cuvee V Chardonnay Central Coast 2012

| 16:53

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1998.html

f:id:akirais:20160720212850j:image:h320

パージュ:シャルドネ

ワイン会にて

 

抜栓日:2016年7月20日

やや濃い色合いのイエロー。粘性は結構高そうな感じです。樽のニュアンスが強く、アカシアの香り、黄色い花のニュアンス。アタックはとにかく濃い! とても密度の濃いボディーで果実味も豊富。完熟感がしっかりとでています。国はカリフォルニアと判断。カレラでした! 美味しかった。