AkiraのWine Tasting Note & 日記

2017-10-25

Blanc de Noir Shelter Winery Hans-bert espe und silke wolf 2013

| 11:57

f:id:akirais:20171025111855j:image:h320

パージュ:シュペートブルグンダー

ワイン会にて

 

抜栓日:2017年10月24日

清澄度、輝きのあるイエロー。香織はニュートラルな印象で、リンゴやミネラル香り。アタックはすっきりで、りんご酸っぽいニュアンスを感じましたが、メンバーさんは乳酸っぽい感じをとる方もいました。ちょっと微発泡。最初の香りの印象をとってシャルドネと回答しましたが、なんと、ピノ・ノワール! そういえば、このワインのときでしたっけ?メンバーさんで「ピノ香する」と言っていた人がいたのは?

Wolfer Goldgrube Riesling Spatelese Vollenweider 2013

| 11:57

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2422.html

f:id:akirais:20171025112305j:image:h320

パージュ:リースリング

ワイン会にて

 

抜栓日:2017年10月24日

きれいな輝きのあるイエロー。花梨や蜜、コンポート的な要素も感じられます。ペトロール香(+)。残糖がしっかりと感じられ、とても爽やかな酸。余韻もしっかりとしています。これは、ほぼ全員一致で、ドイツリースリングと回答。みなさん、さすがです。カビネットもしくはシュペートレーゼで割れました。また、産地までは回答できず。

2017-09-05

Wehlener Sonnenuhr Joh Jos Prum Auslese 2012

| 01:49

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2336.html

f:id:akirais:20170906011437j:image:h400

パージュ:リースリング

うきうきワインの玉手箱より購入。4,980円。

 

ワイン会にて

抜栓日:2017年9月5日

PP95

薄めのイエロー。輝きあり。ディスクはさほど厚みを感じません。ジャスミンや蜂蜜を薄めた印象。白い花の香りミネラル感はとても豊富です。このワインは自分にはペトロールを殆ど感じません。飲んでみると、とてもシャープな酸がベースにあり、そんなに残糖がおおい感じがない果実甘味が、その酸とともに口の中に広がります。そして、染み入るように喉に流れていきます。お〜、これはデザートワインというよりも、ガッツリ冷やして夏の暑い日にぐびぐびっと言ってしまいたい、大人のグレープジュース。火打ち石を思わせるようなミネラルがとても心地よいです。こういうワイン、好きだな〜。

2017-08-09

Fledermaus Weiss 2Naturkinder 2016

| 09:38

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2334.html

f:id:akirais:20170808200035j:image:h320

パージュ:ミュラー・トゥルガウ75%、シルヴァーナ25%

ワイン会にて。

 

抜栓日:2017年8月8日

スクリューキャップ。やや濁りのあるイエロー。なかなか香木的な香り、スモーキーな印象でしたが、還元香だったのか、しばらくするとそのニュアンスは消え、アカシアの花や薄いハチミツのかおりなどが出てきます。酸が非常にシャープできた国を思わせるニュアンス。味わい自体に厚みとシャープさがあります。白ブドウ系の果実味が豊かで、そこにミネラル感がかぶさって、結構硬質なのに、厚みのある味わい。とっても面白いです。

Fledermaus Rot 2Naturkinder 2016

| 09:38

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2333.html

f:id:akirais:20170808194025j:image:h320

パージュ:ムニエ100%

ワイン会にて

 

抜栓日:2017年8月8日

スクリューキャップ。やや濁りを感じるパープル。第一印象として、もっさり感というか、やぼったいと言うか、どっしりとした印象を受けました。果実香としてなんと表現したらいいのかわかりませんが、若いカシスの青っぽさをとった感じ、っていうか、グスベリっぽさ、やや草っぽい印象、というか。しかし、味わいは、なかなかの厚みで、黒系の果実味がしっかりと出ていて、複雑味もありとてもおもしろいワインでした。ムニエの赤って、あまり飲む機会ないので勉強になります。

2017-07-19

Razenberger Bacharacher Riesling Brut Mittelrhein 2009

| 11:28

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2312.html

f:id:akirais:20170719105051j:image:h320

パージュ:リースリング

ワイン会にて。

 

抜栓日:2017年7月18日

輝きのある中程度の濃淡のイエロー。やや圧は弱め。樽っぽいニュアンスを感じました(どこからきてるんだろうか?)厚みのある味わいで、酸はしっかりとしています。ドイツ・ゼクトか! リースリングとか思いもしませんでした。むずかしいなぁ〜。

f:id:akirais:20170719105112j:image:h320

2017-03-22

ONYX Lingenfelder Dornfelder Spatlese 2005

| 11:04

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2195.html

f:id:akirais:20170322102331j:image:h320

パージュ:ドルンフェルダー

 

ワイン会にて

抜栓日:2017年3月21日

輝きのある、結構濃い目のルージュ。結構な粘性を感じました。今回のなかで最も色の濃いワインでした。

黒果実系の香りが強く感じられます。ブラックベリーやプルーンなど。また樽香もしっかりとしていて、カカオやロースト香とのバランスがとても良い香りです。アタックはしっかりとしていて、酸もしっかりしている、しかしタンニンはそんなに収斂性を感じない味わい。余韻は比較的長いフルボディーのワインアルコール度数13%

香り第一印象からスペインのガルナッチャかと想像しました。答えはドルンフェルダー。なるほど2005年とやや熟成も入っていて、とても素晴らしいワインだと思いました。今回のワインの中で一番人気の味わいでした。勉強になる。

 

Hain Spatburgunder 2013

| 11:04

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2197.html

f:id:akirais:20170322102326j:image:h320

パージュ:シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール

 

ワイン会にて

抜栓日:2017年3月21日

輝きのある、やや薄めのルビー。きれいな色合いで、年生は中程度。

完熟系のきれいな香りが特徴で、ややジャミーなニュアンス。ラズベリーなどの赤果実の香り。樽はさほど感じませんでした。

味わいの第一印象は、果実味とともに果実甘味を結構感じました。酸はしっかりとしていて、渋みはさほどありません。余韻は中程度。甘さがなかなか印象に残るワイン。チリあたりの最近の造りのピノ・ノワールと考えましたが、メンバーさんの中で、「この甘さはドイツのシュペートブルグンダー」と答えた方がいました。さすが!

とってもチャーミングなワイン

f:id:akirais:20170322102325j:image:h320

2016-12-21

Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken

| 21:01

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2130.html

f:id:akirais:20161218144114j:image:h320

パージュ:リースリング

ピーロート・ジャパンより購入。3,680円くらい。

 

抜栓日:2016年12月21日

インポーター:ピーロートジャパン

栓:通常のコルク

液漏れ:なし

グラス:シェフ&ソムリエのスパークリング用を使用しました。

 

色:やや山吹色にちかいイエロー。

泡立ち:なかなか細やかな泡で、持続性がありました。

 

香り:最初さほど香りがありませんでしたが、徐々にややねっとりとした第一印象。青りんご、蜂蜜の香りコンポート系のニュアンス。娘さんは「お風呂とかプールのモワッとした感じの匂い」と言っていました。これって、塩素系っていうかミネラルっぽさをかんじているのかな?

味わい:青りんごや蜂蜜のフレーバーが口の中に広がります。味わいに厚みを感じ、つまってるな〜という印象。ほのかな残糖は感じますが、基本辛口のトロッケン。酸は結構フレッシュでリンゴ酸の要素を感じました。リースリングに起因すると思われる白い花の印象もあります。飲み口はしっかりしているのですが、爽やかさも、とくに酸のためか感じられ、飲みやすい美味しいスパークリングです。ゼクトって初めて飲んだんですが、いいですね〜。

2016-12-02

Josef Drathen Gewurztraminer Kabinett Rheinhessen 2015

| 20:48

f:id:akirais:20161123185135j:image:h320

パージュ:ゲヴェルツトラミナー

イオン西ショッピングセンター内KALDIより購入。1,058円(税込)

 

抜栓日:2016年12月2日

栓:スクリューキャップ

液漏れ:なし

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

 

色:やや薄めのイエロー。輝きあり。

ディスク:普通。

脚:さほど粘性を感じません。

 

香り:開封してグラスに注ぎ、香りを見ると、あれ? ペトロール?とおもうような、オイリーなニュアンスを最初に感じました。その後、柑橘系香り、白い花の香りで、第一印象リースリングを連想してしまいました。ん〜、スクリューキャップに拠る還元状態からきているのでしょうか? その後2杯めで時間が立ってきて、スワリングなどで空気に触れる状態にすると、洋梨、柑橘類の香り、ほんのすこし白胡椒的なニュアンスがあるでしょうか?

娘さんは「匂いしない。なんか、梨を水で薄めた感じだ」と表現しました。そうそう、そんな感じだよね。さらに時間経過で集中すると、うす〜いバラの花の香りもあるような気もしてきます。でもやっぱりゲヴェルツだとは、判別つけれません(T_T)

 

味:酸ははっきりとしていますが、さほど強い酸ではありません。Kabinett級の残糖感があります。余韻は短め。中間層の味わいはさほど厚み無く値段相当かと思います。こくこくとジュース感覚でどんどん飲めてしまうワイン

2016-11-03

Riesling Chardonnary Rheinhessen Andreas Oster Weinkellerei 2015

| 21:31

f:id:akirais:20161103154912j:image:h320

パージュ:リースリングシャルドネ

セイコーマートで購入。498円。

 

抜栓日:2016年11月3日

スクリューキャップです。色合いは、ほんのり濃い目のイエロー。やや粘性を感じる液体で、脚もしっかりとしています。ディスクは中程度。アルコール度数は10.5度と低め。

グラスに注いでからの香りは、自分がよく感じるペトロール香がほんのりとあります。そして、モワッとした樽なのか、アカシア系の香りなのか、これがシャルドネから来ているのかわかりませんが、そんなニュアンスがあって、香りに厚みを感じます。娘さんはアプリコットのジャムや桃の香りを感じていました。流石です!

そして少しすると香りが穏やかになるのですが、スワリングするとさっきのペトロールチックなニュアンスと、アカシア系のニュアンスがきちんと復活してきます。

飲みくちは、とてもマイルド。酸は穏やかですがフレッシュで、果実味がよくでています。結構残糖があってカビネットくらいの甘さを感じるでしょうか?ほんのりと蜂蜜。

味わいにもけっこう厚みを感じて、アフタにレモン系の酸がほんのりと残る感じです。そして口の中さっぱり!みたいな飲み口。

パージュとか全然分かりませんが、この値段でこういう味わい、香りだと、コスパがよすぎます。セイコーマート恐るべし。

たまたま、半熟黄身のゆで卵があったので合わせてみましたが、なかなかバッチリなマリアージュでした。

だれかテクニカルシートさがしてくれないでしょうか?

f:id:akirais:20161103154920j:image:h320

2日目もさほど変わらず、3日目もほぼ大丈夫で、むしろ2日目、3日目のほうが酸がしっかりとして美味しかったです。

2016-05-13

Trittenheimer Apotheke Riesling Spatlese Mosel Ferdinand Pieroth 2011

| 22:59

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1483.html

f:id:akirais:20150112161607j:image:h320

パージュ:リースリング

 

抜栓日:2016年5月13日

色はやや緑がかったイエロー。輝きあり。脚は中程度。

グラスは小ぶりのものでいただきました。大体10度位でサーブ。

そんなに香りは立ちませんが、花梨、白い花系の香り。ほのかな甘い香り。今回はさほどペトロールは感じませんでした。

飲み口は、レモン系の柑橘の酸がしっかりあって、残糖があります。サラリと喉に流れていきます。まさに大人のジュース的な感覚。

2016-04-23

Burgerspital Wurzburger Pfaffenberg Kabinett Trocken 1997

| 21:04

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-201.html

f:id:akirais:20160423205513j:image:h320

パージュ:シルヴァーナ

 

抜栓日:2016年4月23日

インポーター:サントリー

コルク:ワイン名、生産者名が刻印されています。結構長め。酒石がしっかりとついていました。

液漏れ:ない様子です。

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

 

色:蛍光色が少し混ざったようなイエロー。栄養ドリンクを薄くした感じ。輝きあり

ディスク:中程度〜やや厚め

脚:さほど粘性を感じません。アルコール度数11度。グラスの底に気泡がびっちりとついています。

 

香り:かなりハードな第一印象ミネラルなのか、石灰なのか、そういうイメージ。その奥にほのかに洋梨や花梨のような香りがとれます。また、ほんのりとオイリーなニュアンスを感じます。スワリングすると還元っぽい匂いが出てきます。気泡からかなり還元的要素が強かったことが伺えます。ブラインドだったらリースリングって言っちゃう感じ。

 

味わい:酸がとてもキリッとしていて、シャープ感を醸し出しています。ほんのりとした柑橘系甘味もありますが、基本トロッケンと書いてある通り、ドライな印象。ミネラル感もしっかりとしていて、余韻は中程度。なんだか、コクコク飲めてしまうワイン。とにかくシャープさがとても印象に残るワインです。勉強になる。

二日目、昨日よりも蜜感や、粘性がでてきて、旨みが増しています。しかし、全体的にはミドルボディーなので余韻などは長くありません。なにより酸が2日目でも衰えることなくシャープです。二日目のほうが飲みやすく、美味しかったと思います。