AkiraのWine Tasting Note & 日記

2018-07-25

Graham Beck Cuvee Clive 2011

| 10:08

f:id:akirais:20180725093715j:image:h320

パージュ:シャルドネ80%、ピノ・ノワール20%

ワイン会にて

 

抜栓日:2018年7月24日

圧はさほど高くなさそうな感じ。やや濃い目の色合い。泡がやや大きめ?

なし、りんごの香り。アタックは蜜っぽく、程よい甘みが心地よいです。りんごのような酸味で、アフタにけっこうな苦味を感じます。ぜんぜんわからず、スペイン?と回答。正解は南アフリカシャンパーニュパージュ。

これ、前にも飲んだことあるな〜(遠い目) アルコール12.5%と当てずっぽうで正解

2018-05-10

Crystallum Chardonnay Clay Shales 2013

| 10:09

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2651.html

f:id:akirais:20180510093718j:image:h320

パージュ:シャルドネ

ワイン会にて

 

抜栓日:2018年5月9日

濃いめの色合いで、やや粘性を感じる外観。白い花、アカシア系の花の香り。モワッと感。樽もしっかりですが、嫌味がありません。伸びやかなしっかりとした酸と、厚みのある味わい。これまたニュートラルな味わいでエレガント。ブドウ品種はシャルドネと思いました。ピュリニーと回答する人もいました。自分は持ってきた人のことだけを考えて、南アフリカと解答(笑)

クリスタルムのシャルドネもすごいな〜。

2017-12-21

Krone Borealis Twee Jonge Gezellen 2016

| 11:17

f:id:akirais:20171221111404j:image:h320

パージュ:シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%

ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年12月20日

最後の締めの泡でした(笑)。かなり細かい泡立ちで、酵母感やナッツのニュアンスがしっかりと感じられます。シャンパーニュかどうか?というところでしたが、ワインよりも提供者を考えて南アフリカと思いました。味わいは、酸がシャープでナッティーなニュアンスとともに後口にベリーのニュアンス、黒果実系の余韻を感じます。

2017-12-07

Kershaw Clonal Selection Elgin Syrah 2014

| 10:15

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2464.html

f:id:akirais:20171207094443j:image:h320

パージュ:シラー

ブレリアスにて

抜栓日:2017年12月6日

濃い目の、輝きあるルビー香りは最初やや還元的でしたが、フレンチオーク(だろうか?)っぽい樽香と、黒果実系の香りがとても心地よく、またフレッシュなニュアンスがあふれています。さほどスパイシーさは強く感じません(すでに結構酔っ払っています)タンニンはしっかりとしていて、果実味にあふれ、完熟感がよく現れているワイン。カーショウはシャルドネ飲んだことありますが、シラーも素晴らしいワイン。やっぱり造り手なのか!

2017-10-25

Keermont Terrasse 2014

| 11:57

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2424.html

f:id:akirais:20171025112428j:image:h320

パージュ:シュナン・ブラン65%、ソーヴィニヨン・ブラン17%、シャルドネ13%、ヴィオニエ5%

ワイン会にて

 

抜栓日:2017年10月24日

清澄、輝きのあるイエローで、中程度の粘性。梨やアカシア香りを感じました。香りの印象として、モワッと感があります。酸はしっかりとしていて、味わいはニュートラル系? 自分はフランスシャルドネと解答しました。南アのシュナン・ブランか!

ソーヴィニヨン・ブランシャルドネアッサンブラージュされているので、なかなか難しい。美味しいワインでした。

2017-09-20

Shannon Vineyards Pinot Noir Elgin Valley 2012

| 12:04

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2389.html

f:id:akirais:20170920113858j:image:h320

パージュ:ピノ・ノワール

ワイン会にて

 

すでにこのへんは、どれがどれやらわからない状況ですが、輝きのある、やや淡めのルビーで、香りの要素として鰹出汁や紅茶系の香りを第一に感じました。さほど果実感が感じられません。しかしメンバーさんの中では、非常に高級な香りで、これは高いワインと表現するメンバーさんと、出汁系であまり好きではないというメンバーさんに別れました。酸はしっかりとしていて、これ日本のピノ?と解答しましたが、日本のピノなら、見識を改めますという人もいて・・・

答えは南アフリカピノ! 持ってきた人が一番「思っていた感じと違う」と言っていたのが印象的でした。

f:id:akirais:20170920113854j:image:h320

2017-02-09

Elgin Chardonnay Clonal Selection Richard Kershaw 2014

| 09:42

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2052.html

f:id:akirais:20170209091111j:image:h320

パージュ:シャルドネ

ワイナリー和泉屋より購入。 税込 4,525 円

ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年2月8日

普通な感じのイエロー。なかなかフローラルな印象。そこにしっかりとした樽香が感じられます。アカシア香り、ほのかなパイナップル、トロピカルフルーツの香り。のっけから香りが充満しています。酸がしっかりとしていて、且つ果実味も豊富な味わい。とてもバランスが良いです。樽による重厚感もしっかりと感じられ、どっしりと腰を下ろすようなイメージのワイン。時間経過でも全然へたることなく最後までこの雰囲気が持続していたのが何より驚きました。さらなる熟成でどう変化するのか、楽しみです。

 

Cartology Alheit Vineyard 2014

| 09:42

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2154.html

f:id:akirais:20170209091638j:image:h320

パージュ:シュナン・ブラン89%、セミヨン11%

ブレリアスにて。

 

抜栓日:2017年2月8日

粘性の高いややいろづいたイエロー。脚がかなりしっかりしている、みためからとろとろした液体。最初閉じていて香りがなかなか捕れませんでしたが、徐々にリンゴ、蜂蜜っぽいニュアンスがでてきました。また、ミネラル感もあり、ちょっと時間がかかるものの相当のポテンシャルが想像されました。味わいは、きりりとした酸と、非常に濃厚な液体、果実味もふくよかで複雑さが口の中にどんどん広がるワイン。これもさらなる熟成でもっと楽しいワインになると思いました。

f:id:akirais:20170209091637j:image:h320

Storm Pinot Noir Vrede 2014

| 09:42

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2155.html

f:id:akirais:20170209092312j:image:h320

パージュ:ピノ・ノワール

ブレリアスにて。

 

抜栓日:2017年2月8日

グラスの向こう側の指が見える程度のルビー。ほんの少しガーネットが入っている感じです。最初、還元香として捉えたほうが良いのかわかりませんが、硬い感じのセルロイドっぽいニュアンスとともに、ブルーベリーブラックベリー系の香りが感じられました。しかし、時間とともに空気に触れてくると、このセルロイドっぽさがどんどん抜けて、とてもきれいなベリー系の香りに支配されていきます。樽感はとてもマイルド。きれいな酸としっかりした果実味が口の中に広がります。まったく過熟感を感じません。ブラインドで飲んだら、最初カリフォルニアピノと言ってしまいそうで、その後の変化ではフランスピノと答えたくなるような変化でした。やっぱり評価されているワインってのは、旨いですね。

 

2016-07-20

Crystallum Chardonnay The Agnes 2015

| 16:53

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1995.html

f:id:akirais:20160720204307j:image:h320

パージュ:シャルドネ

ワイン会にて

 

抜栓日:2016年7月20日

色はやや薄めのイエロー。アカシアの花の香り。次第にオレンジの香りが感じられました。アタックは、最初、南半球を思わせるような、パイナップルを連想する香りでしたが、次第に全体がうまく溶け込んでいってバランスの良い感じになってきました。ボディーは比較的集めで、酸は綺麗な柔らかい酸。余韻は中程度。果実味と酸のバランスがあっていて、国を決めるのが難しい。自分は勘で日本のシャルドネと想像。答えは南アフリカ。クリスタルムですか! なるほど綺麗なシャルドネフランスと答えていた人もいました。

2016-03-17

Tete De Cuvee Pinot Noir Bouchard Finlayson 2007

| 11:11

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1863.html

f:id:akirais:20160317100549j:image:h320

パージュ:ピノ・ノワール

ワイン会にて

 

抜栓日:2016年3月16日

比較的濃い目のガーネットルビー。やや液体に粘性を感じました。ブルーベリーブラックベリー、ややコンポートを思わせるような甘い香り。密度の集中した印象。酸は穏やかで、味わいに複雑味があります。比較的甘さが感じられました。このワインはブランドで提供されて、自分は南仏のグルナッシュ系かとおもいましたが、さすがにブシャール、しっかりと作っているんですね。漫画ソムリエールに出てきたワインです。

2015-11-19

Cathedral Cellar Cabernet Sauvignon KWV 2013

| 12:13

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1759.html

f:id:akirais:20151120121021j:image:h320

パージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン

 

ブレリアスにて、グラスで。

抜栓日:2015年11月18日

濃いパープル。香りブラックベリー、カシス。完熟を思わせるプルーンブルーベリージャムのニュアンスも感じます。タンニンはフレッシュ。果実味はしっかりとして、アフタもそこそこ。味わいにも完熟感を感じました。これ、ブラインドで飲んでカベソーって当てれるかな〜?