作者の独り言 〜明日は明日の風が吹く〜

2016-05-19

[][] ドラフトロッタリー&トレード報告


ヒートの15-16シーズンが終了しました。ファーストラウンドのホーネッツ戦に続き、セカンドラウンドも第7戦までもつれる大激戦でしたが、ラプターズに一歩及ばずカンファレンスファイナル進出はならず。今オフにはウェイド、ホワイトサイド、デンら多くの選手がFAとなるため、今季のメンバーがどの程度チームに留まるかは現時点では不透明な状況です。今後、どんな動きがあるのでしょうか……。


熱戦が続くプレイオフは4強が出そろいカンファレンスファイナルが始まりましたが、一方でNBAドラフトのロッタリーが行われ、今年のドラフトの指名順位が確定しました。上位10位までの指名順は下記のとおりとなっています。


1 シクサーズ

2 レイカーズ

3 セルティックス(ネッツより)

4 サンズ

5 ウルブズ

6 ペリカンズ

7 ナゲッツ(ニックスより)

8 キングス

9 ラプターズ(ナゲッツより)

10 バックス


今年は予想外のチームがロッタリーを引き当てることはなく、順当な結果になりました。セルティックスは今季プレイオフに進出していますが、ネッツの指名権をトレードで獲得していたため3位指名権をゲット。さらに、マブスから獲得している16位指名権に、もともとチームが持っている23位指名権と、3つも1巡目指名権を持っており、他チームのファンからするとなんとも羨ましい状況になっています。(笑) 指名権のトレードも含めて、セルティックスがどんな動きを見せるのか注目です。


さて、最後にカードトレードの報告を1件。スプリーさんからこちらの2枚をお譲りいただきました。



f:id:akiro10:20160520003808j:image f:id:akiro10:20160520003807j:image


イルガウスカスはヒートオートコレクションの未所有選手だったので嬉しい1枚です。^^ ヒート時代のオートは種類も少なそうですし。グレンジャーはトレード可です。グレンジャーのヒートユニのオートって今のところ見かけたことはないですが、存在するのかな?


スプリーさん、この度は貴重なトレードをありがとうございました!

2016-05-08

[] トレード報告


久しぶりにトレードの報告です。先日収集宣言したばかりのヒート選手のオートですが、早速オファーをいただきました。^^ 初のトレードとなる yo-greatnessさんからお譲りいただいたカードがこちらの2枚です。



f:id:akiro10:20160508125927j:image f:id:akiro10:20160508125926j:image


グレン・ライスとスティーブ・スミス、創設初期のチームを支えた2選手のオートをいただきました。^^


ライスは1989年のドラフト4位指名。アロンゾ・モーニングとのトレードでホーネッツに移籍するまでの間、ヒートのエースとして活躍。1試合56得点を記録するなど、当たりだしたら止まらないシャープシューターでした。1995年にオールスターのスリーポイントコンテスト優勝、1997年にオールスターMVPを獲得。2000年にはレイカーズでNBAチャンピオンになっています。


スミスは1991年のドラフト5位指名。1994年にケビン・ウィリスとのトレードでホークスへ移籍し、1998年にはオールスターに出場。1994年の世界選手権、2000年のシドニー五輪のアメリカ代表にも選出されています。また、キャリア最後のシーズンとなった04-05シーズンの途中にヒートに移籍しており、ドラフト指名されたヒートでキャリアを終えています。


90年代に活躍した選手のカードを入手すると、当時の記憶が蘇って懐かしく思うと同時に、自分自身が歳をとったことを改めて痛感させられます。^^;


yo-greatnessさん、この度は貴重なトレードをありがとうございました!

2016-05-04

[] 新規収集開始


久々にNBAカードの新規収集を開始することにしました。新たに収集対象とする内容は、


ヒートの選手の1選手1オート収集


ヒートの選手のカードは昔から細々と集めてはいたのですが、明確な収集方針もなかったので、正式に収集対象を決めようと思います。収集条件は下記のとおりです。


○ ヒートに所属した選手のオートを、1選手につき1枚ずつ集めます。

○ ヒート所属時の写真が使われていて、かつ所属チーム名がヒートと記載されているもののみを対象とします。

○ 写真はドラフト時やプラクティスジャージ姿でもOKですが、カレッジ、オールスター、USA代表のものは対象外です。

○ 写真がヒートであっても、所属チーム名やロゴの表示が移籍後のチームとなっているものは対象外です。

○ ヘッドコーチやアシスタントコーチも、所属チームがヒートとなっていれば対象とします。(今のところ、ライリーのみ?)

○ 縦型かつ薄型(カードアルバムに収まる程度の厚さ)のものを優先的に希望します。

○ 基本的に1選手につき1枚のみの収集ですが、縦型かつ薄型が未所有の場合は、縦型かつ薄型に限り追加希望します。

○ シングルオートのみを収集対象とします。デュアル以上のオートは対象外です。


現在の所有リストはこちらです。収集対象となる選手で、価格面で一番ハードルが高そうなのはシャックですが、条件を満たすオートがほとんど存在しないようなマイナー選手の方が見つけるのは大変かもしれません。Paniniブランドのレジェンド枠が重要になってくるかも。(笑)


最近はティム親父の新作へのラインアップが増えたこともあって、サブ収集にはなかなか手が回らなくなっているのが現状ですが、1選手1オート収集はこつこつ気長に集めていければと思っています。上記の条件を満たす未所有選手のオートであれば、あらゆるカードを希望しますので、ストレイジボックスの中に眠っているコモンオートがありましたら是非お声かけください。^^

2016-04-24

[] 13-14 Fleer Retro Precious Metal Gems


BSで再放送されたコービーのラストゲームを観ました。あどけなさの残る高卒ルーキーだったコービーがデビューしてから早20年。1つの時代が幕を下ろしました。Time flies...


さて、今回は新着のティムコレクションをご紹介します。探し続けていた大物をゲットできました。



f:id:akiro10:20160424164933j:image

13-14 Fleer Retro Precious Metal Gems Green /10


発売直後に eBay に出品されたのを最後にまったく見かけなくなっていましたが、2年以上経ってようやく入手できました。^^ これで 13-14 Fleer Retro の PMG 全種が揃いました。



f:id:akiro10:20160424165024j:image f:id:akiro10:20160424165113j:image

f:id:akiro10:20160424165112j:image f:id:akiro10:20160424164933j:image



さらに 11-12 Fleer Retro と、



f:id:akiro10:20160424165413j:image f:id:akiro10:20160424165412j:image f:id:akiro10:20160424165747j:image



オリジナルの 97-98 Metal Universe も。



f:id:akiro10:20160424165605j:image f:id:akiro10:20160424165604j:image f:id:akiro10:20160424165603j:image



3ブランドの PMG Rainbow が完成しました。^^ Fleer Retro で復刻されている90年代のインサートの中では、やはり Precious Metal Gems のクオリティが一番ですね。(他がイマイチというのもありますが……。) 13-14 を最後に発売されていない Fleer Retro ですが、復刻するインサートのネタ切れ感は否めないですし、さすがにもう新作は出ないのでしょうか。


新作といえば、そもそも最近は Upper Deck のバスケブランド自体あまり見かけなくなりました。今後の予定を調べてみても、バスケブランドの発売予定は当面ないようですし、今後もこの傾向が続くのかどうかは気になるところです。


【追記】

「昨年の途中から、Panini がカレッジのカード発行の権利も独占しているのでは」というご指摘をいただきました。言われてみればそうでした。^^; 確認してみたところ、Upper Deck は個別契約を結んでいるノートルダム大を除き、カレッジスポーツのカード発行ライセンスを失ったようです。(確認元の記事はこちら。) Panini がライセンスを失わない限り、Upper Deck から新たなバスケカードブランドが発行される可能性はほぼないということになりますね。( Upper Deck Notre Dame が発売される可能性は残されていますが。(笑))

2016-04-10

[] ティムコレクション コンプリート率


MLBのレギュラーシーズンが開幕。ドジャースでメジャーデビューを果たした前田健太投手は、パドレス相手に6回0封、自身も本塁打を放って初勝利という鮮烈デビューを飾りました。一方、NBAのレギュラーシーズンは数試合を残すのみとなり、プレイオフ開幕が迫ってきました。本格的に春が来ましたねぇ。


さて、今回は久しぶりにティムコレクションのコンプリート状況を確認してみようと思います。前回の確認は2013年12月だったので、2年4か月ぶりのアップデートです。


コンプリート率の算出に当たっての前提条件は下記のとおりとしました。


・1of1はコンプリート対象外とする。

・未交換のレデンプションカードは、選手写真が使用されているものに限りコンプリート対象とし、それ以外は対象外とする。

・コンプリート対象外のカードは、コンプリート率の算出に含まない。(所持数、未所持数ともにカウントしない。)

・各種海外版カードはコンプリート対象とするが、正確な存在数の把握が困難なため、未所持数はカウントしない。

・同一カードのダブりはカウントしない。

・単年表記のブランドは前シーズンに含めてカウントする。(例:1998 UD Hardcourtは97-98に含む。)


リリースが終わっている14-15シーズンまでのブランドについて、上記条件で算出した結果が下記のとおりです。


89-90 2/2 100.0%

90-91 32/32 100.0%

91-92 43/43 100.0%

92-93 87/87 100.0%

93-94 108/108 100.0%

94-95 67/68 98.5%

95-96 75/77 97/4%

96-97 69/69 100.0%

97-98 118/118 100.0%

98-99 118/119 99.2%

99-00 176/178 98.9%

00-01 93/95 97.9%

01-02 40/40 100.0%

02-03 4/4 100.0%

03-04 0/0 −

04-05 3/3 100.0%

05-06 0/0 −

06-07 0/0 −

07-08 3/3 100.0%

08-09 13/13 100.0%

09-10 33/33 100.0%

10-11 53/53 100.0%

11-12 34/34 100.0%

12-13 95/99 96.0%

13-14 122/132 92.4%

14-15 103/113 91.2%

TOTAL 1491/1523 97.9%


ティムコレクション所持総数 1509種(コンプリート対象外を含む。)

ティムオート所持総数 278種(コンプリート対象外を含む。)

ティムオート所持率 95.5%(コンプリート対象に限る。)


所持総数が1500種を突破しました。^^ ティム引退時の所持数は1000種そこそこだったので、それから随分たくさんのカードが発行されたものですねぇ。


NBAカードの15-16シーズンは、いよいよ高級ブランドラッシュの季節がやってくるので、今年もティムのレアカードが濫発されるのかと戦々恐々としていますが、そんなことも含めてこれまでどおりカード収集を楽しんでいければと思っています。選手単位やチーム単位でカードを収集するのはオーソドックスなスタイルですが、すべてのカードを収集することをノルマと感じてしまうと、せっかくの趣味が楽しくなくなってしまいます。今回はティムコレクションのコンプリート率を算出してみましたが、これを100%にできるかというと現実的には不可能なわけですし。100%コンプリートを目指しつつ、1枚1枚の新たなカードを入手していく過程を楽しむ、というのが一番理想的なんでしょうね。


気が付けばもう20年以上続けているNBAカード収集。懐には優しくない趣味ですが(笑)、これからもマイペースで収集を楽しみながら続けていければと思っています。

2016-04-03

[] 野球観戦


昨日は友人と2人で久々に野球観戦に行ってきました。子どもが生まれてからは行った記憶がないので、おそらく8年ぶりぐらいではないかと思われます。昔はよく行ったものですが。


f:id:akiro10:20160403182600j:image


京セラドームで行われたオリックスvsロッテ戦。職場で優待チケットが貰えたので、バックネット裏のビュー指定席で観戦。こんな場所で観る機会はなかなかありません。やはり生観戦はいいですね。


さらに来場者全員にグッズが配布される日だったようで、こんなものも貰えました。


f:id:akiro10:20160403182559j:image


「俺のオリックス」タオル。(笑) これが今季のスローガンのようです。


京セラドームには、レストランから野球観戦できるボックス席もあるので、一度家族連れで行ってみたいなぁと思いました。ただ、難点は子ども達が全く野球に興味を示していないことですが…。食べ終わったらすぐに帰ろうって言われても困るしなぁ…。^^;

2016-03-27

[] Stephen Curry Topps RC


ステフ・カリーのカードの価格が高騰していることは以前にもブログで触れたことがありますが、その傾向はいまだに衰えが見られません。ウォーリアーズがシーズン最多勝記録を更新してNBAファイナル2連覇、カリーがシーズン&ファイナルMVPダブル受賞なんてことになったら、既にとんでもない価格が付いているカリーのRCは一体どうなってしまうのでしょうか。


最近、特に驚いたのが 09-10 Topps RC の異常なまでの価格高騰ぶりです。eBayでの落札履歴を確認したところ、グレーディングされていないものでも数百ドルの値がついており、中には600ドルを超えるものまで…… (((( ;゚Д゚)))


Topps Chrome RC(999シリ)の値上がりは理解できますが、Topps RCって廉価版のパックから普通に出るRCですよ。しかもグレーディングされてないやつ。特にここ1か月ほどでの値上がりぶりが顕著です。3か月前なら100ドル以内で落札されていたのに。これ、時間が経てばさすがに値段は落ち着くんでしょうか……ひょっとしてさらに上がったりする?? 今後どうなるんだろう……。



そして、さらに驚くべきことに……



f:id:akiro10:20160327153619j:image



持ってた!!



……んですが、昨年のウォーリアーズ優勝直後に eBay で売却済でした……。そのときの落札額は……




10.5ドル。 il||li _| ̄|○ il||li




当時は「Topps RCですら10ドルの値が付くなんてカリーの値上がりすげー、持っててラッキー」って思ってましたよ……。(遠い目)

2016-03-24

[] マニアックな1枚


レギュラーシーズンも、気が付けば残すところ約10試合となりました。このブログを書いている時点で、ウォーリアーズは64勝7敗。残る11試合を9勝2敗で乗り切れば、95-96シーズンのブルズの最多勝記録を更新することになりますが、残り試合にはスパーズ戦2試合も含まれています。果たして記録更新はなるのでしょうか。


さて、今回は久々にティムの新着カードをご紹介します。といっても、オートでもなければ少シリパラレルでもありません。



f:id:akiro10:20160324234443j:image

1997 Topps Stickers


よく考えるとカードでもなかった。(笑) これのティムの部分が切り抜かれたものは以前から所有していたのですが、今になって全体のものが手に入るなんて思ってもみませんでした。ちなみに裏面はこんな感じ。



f:id:akiro10:20160324234442j:image


裏面の台紙にスティッカーを貼って「君だけのカードを作ろう!」という趣旨のようです。表には$1.49の値段表示が。その値段で売ってたら2セット買って、片方でスティッカーを貼って童心に返って楽しみたいところですねぇ。(笑) コレクション用と分けて2セット買っている時点で既に童心は失われているとも言えますが。(笑)


限定枚数の少ないレアカードもいいですが、たまにはこういうマニアックなアイテムで盛り上がるのも一興ですね。まぁ、こんなもので盛り上がれる人は多くはないでしょうけど。(笑)

2016-02-27

[][] スーパーボウルとトレードデッドライン


気が付けば1か月半ぶりの更新です。さぼっていたのではなく、スーパーボウルのネタバレを気にして敢えて更新していなかったのです。……というのは嘘です。(;´_ゝ`) 今年はブログの更新ペースを上げたいと思っていたのに、これでは先が思いやられますな。^^;


さて、スーパーボウルについて書くには今更感があるタイミングになってしまいましたが……今年のスーパーボウルは、ブロンコスがチーム史上3度目の優勝を飾りました。下馬評ではパンサーズ有利と見られていましたが、蓋を開けてみればブロンコスのディフェンスがパンサーズのオフェンスを粉砕する結果となりました。MVPはディフェンスで獅子奮迅の活躍を見せたLBのヴォン・ミラー。まさにディフェンスの勝利でした。今年は、久々に生中継観戦のために休暇をとることができたのですが、この試合をリアルタイムで観られて本当によかったなと思います。ペイトン・マニングの去就はどうなるんでしょうね。


また、NBAではトレードデッドライン直前にいくつかの動きがありました。噂にあがっていたドワイト・ハワードのトレードは成立せず、例年に比べると動きは少なかったですが、ヒートはラグジャリータックス回避のためのサラリー調整を目的としたトレードを行い、一連の動きの中でバードマンことクリス・アンダーセンをグリズリーズに放出しました。今季は出場時間が減っていたバードマンですが、12-13シーズンに10日間契約でヒートに加入して以降、チームへの多大な貢献があったことはヒートファンならずとも知っています。今回のトレードはチームにとってはやむを得なかったと思いますが、バードマンの移籍には寂しさを禁じ得ません。新天地での活躍を祈るばかりです。

2016-01-11

[] 15-16 Panini Totally Certified ボックス開封


今回は2016年最初のボックス開封報告です。開封するブランドはこちら。



f:id:akiro10:20160111142622j:image


地雷率がかなり高いので、ティムがラインアップされていなければスルーするところでしたが、ティムオートが2種類入っているということで、悲願のオート自引きを狙って開封。ボックスの構成は、4パックで1オート、3メモラが基本となっています。ちなみにティムオートは、2種類ともベース版が25シリ、それぞれに10シリと5シリのパラレルが存在し、オートの総数は80枚となっています。



f:id:akiro10:20160111144254j:image


ベースはメタリック系。デザイン的には悪くはないけど、全体的にエッジのコンディションの悪さがちょっと気になりました。



f:id:akiro10:20160111142806j:image


インサートは1枚。ベース版のマヌさんでした。199シリ。



f:id:akiro10:20160111142736j:image f:id:akiro10:20160111142807j:image f:id:akiro10:20160111142853j:image


続いてはパラレル。このデザインは結構好みな感じです。Purple 50シリ、Blue 99シリ、Red 149シリ。KDを筆頭にいいメンツが出てますが、逆にここで吸われている感がなきにしもあらず……。



f:id:akiro10:20160111142737j:image f:id:akiro10:20160111142738j:image f:id:akiro10:20160111142851j:image


メモラは3枚。こちらもメンツは悪くないものの、パッチは出ず。まぁでも、ここで無名ルーキーのパッチが出て最後がぐだぐだになるぐらいなら、これはこれで良しとすべきでしょうか。





ラストはオート……この1枚にすべてが賭かっています。悲願のティムオート降臨はあるのか……





いざ逝かん……









来たれ、ティム!!! ( ゚Д゚)









f:id:akiro10:20160111142805j:image









…… ( ´_ゝ`)









来たれ、ティム!!! ( ゚Д゚)









f:id:akiro10:20160111142805j:image







来ねーよ…… _| ̄|○







アキロー死すとも自由は死せず……