作者の独り言 〜明日は明日の風が吹く〜

2017-03-12

[] PlayStation 4


気が付けばもう3月半ば。NBAはレギュラーシーズン終盤に差し掛かり、野球ではWBCが開催中、シーズン開幕も間近に迫っていますが、ブログ更新はようやく今年2回目です。(遅) スーパーボウルでのペイトリオッツの歴史的な大逆転勝利は衝撃的でした。(遅) デマーカス・カズンズの電撃トレードにもびっくり。(遅) シーズン序盤はドアマットコースまっしぐらと思われたヒートは突然息を吹き返し、好調を維持してプレイオフ争いに肉薄してきました。……これは現在進行形です。(笑) 最近25試合で21勝というのも驚異的ですが、それでもなおシーズン成績は32勝34敗で負け越しているというのも驚きです。^^;


さて、3週間ほど前のことですが、仕事から帰宅すると荷物が届いていました。といっても eBay で落札したカードではなく……



f:id:akiro10:20170312225304j:image



PlayStation 4



Final Fantasy 7 のPS4でのリメイクが発表されたときから購入のタイミングを窺っていたのですが、長かった仕事の繁忙もようやく一段落したのと(といっても4月からはまた忙しくなるのですが……)、ちょうど新しいカラーが発売されるということもあって、思い切って購入しました。


同時に購入するソフトはどれにしようか悩みましたが、いろいろリサーチした結果……



f:id:akiro10:20170312225303j:image



オープンワールドRPGの傑作という高評価を得ている「The Elder Scrolls V : Skyrim」にしました。プレイ開始から約3週間になりますが、睡眠時間を削りながらプレイする日々が続いています。PS3は持っているもののほとんど稼働しておらず、ゲームはもっぱら3DSという期間が長かったので、いきなりPS4の高性能を目の当たりにすると、もはやタイムスリップ並みの衝撃です。(笑)


オープンワールド系(広大なマップの中を自由に行動できるタイプ)のRPGを本格的にプレイするのも初めてなので、驚きの連続です。ゲーム内で目に見える景色で行けない場所はなく、移動の制限も基本的に皆無。ストーリーが進展すると次の町に行けるようになる、という昔ながらのRPGとは全く違います。アリアハンを出発した勇者が、その気になればいきなりギアガの大穴に直行してラダトームへ向かうことも可能というイメージ、と言えば同世代の方には分かりやすいでしょうか。(笑) 自由度が高すぎて本当に何でもできてしまうので、次にやることを選ぶのにも迷ってしまいます。当分は、ただでさえ少ない睡眠時間をさらに削る日々が続きそうです。


そういえば来週にはモンハンXXも発売……寝る時間は確保できるのでしょうか?^^;

2017-01-03

[] 新年


明けましておめでとうございます。


新年1回目の更新ということで今年の抱負っぽいことを書いてみようかと思いましたが、大した内容が思いつかなかったのでやめました。(笑) 最近は更新頻度が落ちてきていますが、今年もマイペースで続けていこうと思います。


NBAカードの方は、年末の日記でも書いたとおり昨年は「静かな1年」でしたが、16-17シーズンに入ってからはまたティム親父のラインアップ頻度が上がっているので、今年は一転して大変な年になるかもしれません。^^; こちらも自分のペースで、地に足を着けた収集を続けていければと思います。


2017年という年が皆様にとって幸多き年となりますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016-12-31

[] 2016年を振り返る


今年も残すところあと1日となりました。今年もあっという間の1年だったという印象しかありません。年を重ねるごとに1年の間隔が短く感じられます。^^;


今年1年間でのブログの更新回数は、今回を含めて22回。2013年以降、年間更新回数は98回→40回→31回→22回と右肩下がり状態です。来年はもう少し更新頻度を上げたい……と言いたいところですが、同じことを1年前にも書いていたので、あまり変わらないかもしれません。^^; 引き続き、マイペースでやっていこうと思います。(笑)


NBAでは、ウォーリアーズのレギュラーシーズン73勝やキャブスの劇的な初優勝、コービーの引退、デュラントの移籍など、印象的な出来事が多い1年でした。ヒートは、15-16シーズンにはカンファレンス3位でプレイオフ返り咲きを果たしたものの、オフにはウェイドがチームを去り、ボッシュも健康面の問題から今後の復帰が不透明な状態となっており、16-17シーズンは苦しい戦いを強いられています。しばらくは我慢の時期が続きそうですが、若手の成長に期待したいところです。


他のスポーツでは、イチローの日米通算4257安打とメジャー通算3000安打、ペイトン・マニングが有終の美を飾ったブロンコスの優勝、日本人選手のメダルラッシュに沸いたリオデジャネイロ五輪、レスターシティのプレミアリーグ制覇などが印象に残っています。


NBAカードでは、ティムのラインアップ頻度が大きく下がったこともあり、個人的には印象の薄い1年でした。年末に1年間の入手カードや印象に残ったカードを振り返るのが恒例でしたが、今年はほとんどネタがありません。^^; カードショップにも行かなかったし、ボックスもほとんど開けなかったなぁ。ちなみにブログで開封記事を書いたのは、1月に開けた 15-16 Totally Certified の1回のみでした。そして、毎年のように年始の目標に掲げている「ティム親父オートの自引き」は今年も達成できませんでした。まぁ、そもそもカードを全然買ってないので引けるわけもないのですが。(笑) 収集意欲自体は全然衰えてはいないのですが、ここ数年と比較すると、カード収集においては今年は「静かな1年」だったように思います。


2016年という年は、皆さんにとってはどんな1年だったでしょうか。今年も1年間、様々な形で多くの方々にお世話になったことに、改めて御礼申し上げます。稚拙なサイトではありますが、今後とも「NBAの館」をどうぞよろしくお願いいたします。それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

2016-12-24

[][] 年末恒例のトレード会


12月23日に Rookie Star で行われた毎年恒例の年末トレード会&忘年会に参加してきました。


午前中に難波で「ローグワン」を観て、昼過ぎからお店に移動。なんか1年前も同じようなことを書いた気がすると思って確認してみたら、昨年は「スターウォーズ フォースの覚醒」を観てからトレード会に参加していました。(笑)


お店にお邪魔すること自体がかなり久々で、最近は新作カードもまったく購入していないためトレード要員も乏しく、トレードはほとんどできないだろうと思っていたのですが、予想外の大収穫を得ることができました。



f:id:akiro10:20161224231310j:image


1枚目は 16-17 Absolute のレギュラー。こちらは、その場で引き当てられたKさんから譲っていただきました。いつもありがとうございます!^^


続いては、こちらもいつもお世話になっているbmさんとのトレードで入手したカード達です。



f:id:akiro10:20161224231352j:image f:id:akiro10:20161224231429j:image


まずは、最近全然入手できていないティムJr.を2枚。オートは10シリです。



f:id:akiro10:20161224231522j:image


続いてはティム親父のプレート。元のカードは 15-16 National Treasures の3シリタグオート。プレートは各色合計すれば4枚あるので、元のカードの方が枚数が少ないとも言えます。(笑)



f:id:akiro10:20161224231712j:image


そして最後は、15-16 Immaculate の10シリパッチオート! これは嬉しい! これで、入手予定のカードも含めて 15-16 Immaculate はコンプ確定となりました。bmさん、貴重なカードをありがとうございました!^^


さらに今回は、Rookie Star 恒例の「わけわけ会」にも久々に参加しました。「わけわけ会」とは、参加者数分のボックスをパックにしてシャッフルしてからみんなで開けるという、かなり アホ スリリングな企画です。(笑) 私は 16-17 Totally Certified の回に1度だけ参加しましたが、結果は…



0オート、1ジャージで惨敗… orz



パラレルも大したものは出ませんでした…。はずしたときのダメージが計り知れないのが、この企画の恐ろしいところです。^^;


トレード会終了後は、みんなで忘年会へ。この日は遠方から来られた方、初めてお会いする方もいらっしゃり、NBA談義・カード談義に花を咲かせてとても楽しい時間を過ごすことができました。トレード会、忘年会に参加された皆様、お疲れ様でした!^^

2016-10-29

[] Time flies


NBAの16-17シーズンが開幕し、いよいよバスケの季節がやってきましたが、一方で野球のシーズンは最後のステージを迎えています。ワールドシリーズはカブス対インディアンズの顔合わせに。そして日本では、日本ハムが広島を4勝2敗で破り、10年ぶりの日本一に輝きました。熱戦続きだったことに加え、両チームのファンの熱烈な応援もあって大いに盛り上がったシリーズとなりました。日本ハムの優勝が決まった瞬間、惜しみない拍手を送った広島のファンの姿も清々しかったです。プロ野球を本格的に観なくなって久しい私ですが、今年の日本シリーズは楽しませてもらいました。(仕事が忙しくて、中継を観られたのは第6戦だけでしたが…。)


ところで、今日日本シリーズ第6戦を観ていてふと思ったことがありました。アナウンサーが広島の前回の日本一は32年前だと言っていたのを聞いて……ん、そのときの日本シリーズの相手ってひょっとして阪急だったのではないかと。調べてみたらやはりそうでした。当時阪急ファンだった私は、阪急が広島に負けて泣いていたおぼろげな記憶があります。それ以降、阪急がオリックスとなってからも応援していましたが、オリックスと近鉄が合併した頃からプロ野球への興味が薄れはじめ、最近ではほとんど試合を観ることもなくなっていました。


広島が阪急を破って優勝したあの年から32年。当時のパ・リーグ6球団の本拠地は、西武、藤井寺、西宮、大阪、川崎、後楽園。現存しているのはドーム化した西武のみ。当時の私は6歳。今、私の息子は6歳。歓喜に沸く日本ハムの選手達の姿を見ながら、時の移ろいを感じずにはいられませんでした。

2016-10-22

[][] 開幕間近


16-17シーズンの開幕が目前に迫ってきました。デュラントのウォーリアーズ入りなどビッグネームの移籍があった一方で、コービーやダンカン、KGら、一時代を築き上げたレジェンドたちが惜しまれつつコートを去った今オフ。ヒートファンとしては、ヒートのロスター表にウェイドの名前がないことに寂しさを禁じ得ません。一つの時代が幕を下ろし、同時に新たな時代が幕を開ける、16-17シーズンはそんな節目のシーズンになるのかもしれません。


一方、NBAカードの方では 16-17 Hoops が発売され、一足早く新シーズンが開幕していますが、15-16のブランドでは最高級版 Panini Flawless がシーズンのオオトリを飾る形で発売されています。ティムは今年も3種類のオートにラインアップされており、それぞれに25シリ、15シリ、10シリ、5シリ、1of1 があるので、収集対象外の 1of1 を除いて全12種類。毎年苦労させられている Flawless に今年も複数ラインアップとなりましたが、シングル単価はそれほど高値はついていないのが救いです。


15-16シーズンのNBAカードを振り返ってみると、昨季と比べてティムのラインアップ数が大きく減ったのが印象的でした。Paniniブランドでのラインアップ数(1of1を除く)を比較すると、14-15が110種だったのに対し、15-16は46種と半分以下にまで減少。Flawless だけで12種ですから、Flawless を除くと34種しかなかったということになります。シーズン序盤にいくつかのブランドにラインアップされて以降は、数か月間新作ラインアップがないという時期もありました。まぁでも、15-16が極端に少なかったというよりは、14-15が異常に多かったというのが率直な印象ですが……。^^;


今後は Prizm、Donruss、Totally Certified など、毎年恒例のブランドの発売が控えています。ティムのラインアップ状況も気になりますが、新シーズンのルーキー達のカードがこれから続々と発行されるのも楽しみです。今年はどのルーキーがカードシーンを席巻することになるのでしょうか。NBAカードの16-17シーズンもいよいよ本格的な幕開けです。

2016-08-24

[] 新着ティムコレクション(その2)


リオデジャネイロ五輪が幕を下ろしました。今大会で個人的に一番衝撃を受けたのは陸上男子400mリレーでの日本チームの銀メダル。陸上短距離トラック競技で、日本がアメリカよりも先にゴールするシーンを目にすることになるなんて想像できませんでした。今回も悲喜こもごも、様々なドラマがありましたね。


さて、前回に引き続き、ティムコレクションの新着カードを紹介します。今回は、長らく探し続けてきた念願のカードたちです! といっても市場価格が高いというわけではありませんが。(笑)



f:id:akiro10:20160824121036j:image


1枚目は 14-15 UD NCAA March Madness Collection の Sepia パラレル。シリアルはありませんが、6パックに1枚のオッズでボックスから4枚しか出ない上に、レギュラーの種類も多く、ブランドの人気も高くないので流通量も少ないという、コレクター泣かせの典型と言えるようなカードです。見つかりさえすれば安いんだけど見つからないというパターンですね。(笑)



f:id:akiro10:20160824121129j:image


続いては、01-02 Topps Sprite/Minyard Dallas Mavericks。説明なしでこのカードが何か分かる人の方が少ないと思われるマニアックな1枚です。こちらのカードは 01-02シーズンにマブスのホームゲームで10,000セットが配布されたというカードセットの中の1枚なんですが、10年以上探し続けて初めて目にすることとなりました。入手するまで、どんなデザインなのかすら知りませんでした。(笑) ちなみにこのセットには、ノビツキーやナッシュ、フィンリーの他、ワン・ジュジュやショーン・ブラッドリー、ダニー・マニング、ジュワン・ハワードなどといった選手もラインアップされています。



f:id:akiro10:20160824121400j:image


そして最後に紹介するのがこちら。95-96 Collector's Choice より、Crash the Game Assists/Rebounds Gold March 12 です。このインサートは、その選手が記載されている日の試合で一定の条件の成績を残せば当たりとなり、当たりカードと交換することができます。このカードの場合、3月12日の試合でティムが10アシストまたは10リバウンドを達成すれば当たりとなります。……が、こういうカードは当たりカードよりも交換前の方がレア。さらにこのティムのカードには3種類の日付が存在し、それぞれに Gold パラレルが存在します。古くからの選手コレクターの方なら、このインサートを全種揃えるのがどれほど大変かをご理解いただけるでしょう。このブランドが発行されたのはもう20年も前。ずっと探し続けてきた「3月12日の Gold」をついに入手することができました!


……まだ「4月11日の Gold」が残っていますが。^^;


長らく探し続けてきたカードを入手したときは、苦労した分だけその喜びも大きくなりますね。こういう喜びがあるからカード収集はやめられません。^^ 安価なレギュラーカードから極少シリアルのレアカードまで、1枚1枚の入手の喜びを大切にしながら、これからもカード収集を続けていきたいものです。

2016-08-16

[] 新着ティムコレクション(その1)


リオデジャネイロ五輪が開幕しましたね……って書こうと思っていましたが、気が付けば大会ももう終盤……。ロンドン五輪のときは大会期間中、一度もブログを更新しなかったため記事で触れることすらできなかったのを思い出しました。^^;


さて、しばらく更新をさぼっている間に、新たなティムコレクションを何枚か入手しましたので、2回に分けてご紹介します。



f:id:akiro10:20160816211901j:image f:id:akiro10:20160816211858j:image


まずは 15-16 National Treasures から2枚。ともに49シリです。Clutch Factor のパッチ版を入手すれば、このブランドはコンプリートとなります。6シリなので一筋縄ではいきませんが、5シリよりは1枚多いし、3シリと比べれば倍もあるというポジティブ思考でいきましょう。(笑)



f:id:akiro10:20160816212105j:image


14-15 National Treasures から、こちらも49シリのジャージオート。簡単に入手できるかと思いきや意外と時間がかかってしまいましたが、これでこのシーズンの国宝はコンプリート完了です。



f:id:akiro10:20160816212243j:image


15-16 Totally Certified より、唯一未入手だった10シリオート。これでこのブランドもコンプ達成となりました。



f:id:akiro10:20160816212320j:image


15-16 Panini Prizm より、こちらも未入手だった最後の1枚、White Sparkle Prizms を入手しました。このカードはボックスには封入されておらず、ポイント交換で入手できる専用のパックからのみ入手できます。シリアルはありませんが、流通量は多くないので限定枚数はそれなりに少なそうです。これで今季の Prizm もコンプ達成となりました。



f:id:akiro10:20160816212416j:image


そして今回最後に紹介するのが、13-14 Flawless より、10シリのサファイア。このシリーズはオートよりも宝石入りのレギュラーパラレルの方が高値が付く傾向にあるので苦労しました。在籍チームごとにオートが存在する「Transitions Auto」にラインアップされたため大量ラインアップとなったこの年の Flawless も、18種中17種を入手しあと1枚までこぎ着けました。残すはマブズユニの10シリオートのみ……。


以上、最近入手したティムコレクションの新着カードその1をご紹介しました。次回は、長らく探し続けてきてようやく入手したカードをご紹介します。^^

2016-07-17

[] The End of an Era


前回のブログ更新から1か月以上が経ってしまいました。その間に、15-16シーズンはキャブスの劇的な逆転優勝で幕を閉じ、NBAドラフトが行われ、そして……ドウェイン・ウェイドはヒートを去っていきました。


ウェイドの移籍については、報道された直後にブログに書こうかと思ったものの考えがまとまらず、しばらく時間が経ってからなら落ち着いて書けるかと思ったけど、やっぱりうまく書けそうにありません。シャックやレブロンがヒートを去ったときも一つの時代の終わりだなと感じたものですが、13年間フランチャイズを支え続けてきたウェイドの移籍は、文字通りヒートにとっての一時代の終焉を意味すると言っていいでしょう。


ヒートとウェイドの両者が、残留に向けて最後に歩み寄ることができなかったのだろうかという思いはありますが、今となっては「たられば」の話をしても意味はありません。今はただ、ウェイドが新天地であり生まれ故郷でもあるシカゴで更なる活躍を見せてくれることを祈るばかりです。



f:id:akiro10:20160717221543j:image


So many memories to remember.

I will miss you.

2016-06-07

[] Mission Executed


今回はティムコレクションの新着カードをご紹介します。1枚のレアカード以上の意味を持つ感慨深い1枚となりました。



f:id:akiro10:20160607221555j:image

13-14 Exquisite Collection

Signature Kicks Monumental Logos /2




ついにやりました……




ティムのカードが 1of1 を除いて27種もラインアップされた 13-14 Exquisite Collection。2シリ2種を含む8種が1桁シリアルという凶悪な内容から、勝手に "Execution Collection" と名付けて(笑)いますが、これで残り1種を除きすべて入手することができました。また、未入手の1種はレデンプションとして封入されたティム親子の15シリデュアルオート(レデンプションは入手・登録済)ですが、おそらくこのカードは作成されておらず、今後も作成される可能性は低いと思われます。したがって、今回の2シリ入手により……




13-14 Exquisite Collection、事実上のコンプリート達成!




今までたくさんのシリーズコンプを達成してきましたが、今回は非常に感慨深いものがあります。ティムコレクションの収集において、これほど強烈なインパクトを受けたブランドは未だかつてありませんでした。極少シリアルのカードは、高値がつくという以前の問題として、そもそもそのカードと巡り合えるかどうかというハードルが存在します。初めてこのブランドのチェックリストを確認したときは、さすがにコンプリートは厳しいかと思いました。すべてを集めることができたのは、本当に幸運だったと思います。ネットオークションによる入手が大半でしたが、懇意にしていただいているコレクターさんからトレードでお譲りいただいたものもありました。ご協力いただいた方々に改めて御礼申し上げます。


これからもティムの新しいカードはたくさん発行されるでしょうし、高級ブランドにティムが大量ラインアップされるということも少なからず起こるでしょうが、どんなカードであれ1枚1枚を大切にし、その入手に至るまでの過程や苦労も含めてカード収集というホビーを楽しんでいきたいものです。