Wasted Time このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 08 |
2007 | 02 | 06 | 11 | 12 |
2010 | 02 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 05 |
2015 | 05 |
2016 | 12 |
2017 | 02 |

Dec 04, 2007 おもしろうて やがて悲しき 早明戦 このエントリーを含むブックマーク

タイトルはどっかのBBSの書き込みからのパクりです.YAHOO!だったかな?観戦して2日経ってしまったので,あまり細かいコメントは出来ませんが…….

早明戦も,やっぱり久々のテレビ観戦でした.春の早明戦よりは差はつくだろうと思っていましたが,それにしても30点差以内では収まるだろうという予想でした.個人的には,早慶戦のエントリでも書きましたが20点差くらいを目処に考えていたんですが,この結果はちょっとなぁといった感じです.

ここ数年,早明戦の度に書いていた気がしますが,ここ数年の明治のゲームプランの基本は「大敗しないこと」だったように思います.それに比べて,今年は,少なくとも勝ちに行こうとする意思を見ることが出来ました.明治の最初のトライについて,FW戦に迷いを生じさせたというような見方があるのも聞いてはいますが,少なくとも,博多の森での春早明を見る限りでは,明治のバックスリーの決定力は相当のものがあり,本気で勝ちにいくのならここを活かさない手はありません.なので,徹底してFW戦を挑み,取り切れる時だけバックスリーの決定力を活かして取り切るという戦術で良かったと思います.

問題があったとするならば,徹底すべきFW戦,つまり「ここしかない」という部分をいかにして作るかということでしょうか.私自身は,現在早稲田明治の間にある差を考えた時,「ここしかない」という部分を集中して強化し,そこで何とか勝つという考え方自体は有効だったと思います.しかし,その一方で当然のことながら多大なリスクも伴います.なのだから,もし「ここしかない」という部分で戦いたいのなら,その部分は何が何でも勝たなくてはなりません.それが出来る自信,ビジョンがなければそんなリスキーな戦略は取るべきでないです.結局のところ,そういった正しい自己認識が出来ていないまま「ここしかない」で挑んでしまったから,あんな無残なことになったのでしょう.

今後に向けては,どうしても歴史的経緯から明治自体のコーチングの質の低さが問題としてあるでしょうから,監督だけ明治OBにして,あとはトップリーグ指導経験者など,ある程度質の高いコーチング実績を持つスタッフを大学名問わず集める必要があるのかなと思います.

早稲田に関しては,特にコメントすべきことはないですね.強いて言うなら,中竹さん,あなたの能力を見くびってました.すみません.と,いったところでしょうか.あとは,選手権は普通にやって普通に優勝するでしょう.特に盛り上がる試合もないかと.ちょっと,レベルが違い過ぎます.東海同志社くらいじゃどうにもならないと思います.

あ,早稲田に関して一つだけありました.最近トライまであと一歩に迫りながら全然トライできないハヤタ隊員を見るに,佐々木組の小吹副将を思い出してしまうのは私だけでしょうか(苦笑).ハヤタ隊員,復帰後4試合,ウィングで連続フル出場していながら,この早明戦が初トライだったりします.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akisaito/20071204