Hatena::ブログ(Diary)

ノストラ怒りの鉄拳 このページをアンテナに追加

2005-05-31 ヒネクレ者の意見

北米DVDは全タイトルほぼ品切れらしい

とり・みき先生に怒られそうだが

唐突だが俺は日本語吹き替えが嫌いで、と言ってもDVDの話であって、地上波TVで観る分には何の問題も無い。(TV内蔵の貧弱なスピーカーで聞くとこれが丁度良いから不思議) 何が嫌いかなのか白状すれば、台詞の滑舌の良さがとっても不自然に聴こえるからだ。 勝新も台詞を明瞭に発音する事に異議があり、実験的に刑事物のTVドラマで台詞の同時録音やったが、勝新は元々ボソボソ話す方なんで聞き取れず内容が理解出来なくなったそうだ。(当然打ち切り)


吹き替えを嫌う理由はもう一つあって、吹き替え音声が付くと(特に5.1)米版に有ったスコアトラックがオミットされるからだ。サントラファンの俺としては吹き替え音声よりもミュージック・トラックの方が遥かにありがたい。でも世間様の価値観はココに無い(笑)

トゥモロー・ネバー・ダイ」のDVDにはデビット・アーノルドのインタビューが入っているが、何か片手落ちな印象がある。それもそのはず、米版DVDにはスコア・トラックがちゃんと収録されている。邦版にも入れる予定があった様だが、吹き替え音声収録の影響かカスリもしない。思わず溜息。サントラにも収録されてないアルプス山中での空中戦に掛かるスコアはこの米版DVDでないと聴けないのだ。これは痛い!


人気blogランキングへ

2005-05-30 オリバー・ストーンが又逮捕されたと言うので

これと内容は同じ

キラー・ハンド

ストーン公式のデビュー作となっているが、実はこれの数年前に監督した低予算映画がある。俺はそのビデオジャケットをしっかり見た記憶が有る。で、キャメロン同様キャリアから抹殺(抹殺理由もキャメロンと大して変わらない)、口に出した瞬間鉄拳制裁が来るかは知りませんがね

映画は二重人格の話ですが、まあ上手く行った方じゃないでしょうか。スコアもジェームズ・ホナーと豪華だし(ブレイク前) それよりマイケル・ケイン演ずる主人公の性格が問題。人気コミックアーティストで真面目くさった堅物で通っている主人公だが、ファンの女にチョイトモーションかけられたらコロッと騙され御馳走になるのである。こりゃ、オリバー・ストーンそのものじゃん(笑)

仕様 

ワーナー発売・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CX。今のところDVD化されてないし、LDも中古で見かける事が無い。見つけたら買いですな。

重厚なホナーのスコアがオリジナルな雰囲気があって、近年の大作での似たり寄ったりのスコアばかり聴いた後では新鮮。この頃はコーマン配下だったので今より真剣に書いてたんでしょうか。


人気blogランキングへ

2005-05-29 ジェイミー・リー・カーティスのストリップ(オエッ!)

ほれTHXマークが

トゥルー・ライズ

久々に観たくなったのでLDを100円で買ってきた。DVDレン(以下省略)

キャメロンは日本のアニメを熱心に観ているので有名だけど、この映画のネタになったのはやっぱりうる星やつら2」なんですね。うる星2はハリヤ−の魅力を100%出した(たぶん)世界で初めての映画で、正確なメカ・デッサンは今見ても遜色ありませんよ。そして実物大ハリボテ使うアイディアは当然鈴木則文監督の「ザ・サムライ」からです。校庭でホバリングして女子高生パンチラを堂々と出した「ザ・サムライ」は、キャメロンの演出に多大な影響を与えていると思いたいです。

ヘラルドのLDは困り者で米版より必ず劣る。本当だから仕方が無い。FOX発売の米版はドルビー5.1サラウンドなのに、ヘラルドはこの仕様をオミットしやがった。輸入版買ったヤツが見向きするはず無い(そう言えばキャメロン製作の「ストレンジ・デイズ」の邦版はTHXすら付かなかったね。米版はTHX・ドル・デジ仕様) 日本でもドル・デジが根付いた頃、忘れた頃にドル・デジ仕様LDを再発、だが店頭で見た事無い。中古も見た事無い。

仕様

パイオニア&ポニー・キャニオン発売(品番違うだけの同一商品)どちらもヘラルドの看板が付く。 THX・シネスコ&TVサイズ両バージョン有り・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CX。

2005-05-28 ダニー・エルフマン

映画館でチンコしごいた人ですね

ピーウィ−の大冒険/バック・トゥ・スクール

のカップリングのサントラ(正確にはスコア版)が100円! 

俺の住んでるトコ(御存知の方もおられるでしょうが)は不景気真っ盛りで、兎に角モノが売れないのですよ。ある程度の安さを売りにしてるBOOKOFFですら更に値段を安くしないと在庫が全然裁けない。確かに近県のBOOKOFFを覗いてもあんまり安売りはしていないし、適正と思える値段をチャンと付けている。

買いに行く俺も少し待てば向こうの方から値段を下げるので欲しい物が有っても直ぐ買わないし、恐らく客の殆どがそう思っているハズ。その悪循環(笑)


サントラは懐かしい「ドコドコ」サウンド。もろハーマンのサイコ(それもシャワーシーンの)を思わせる遊びのあるスコアが懐かしい。いまじゃこんな風に書いてくれないよね。

出会い出会い 2009/12/21 16:44 出会い系サイト

2005-05-27 ウェスタン? マカロニ?

ジャンゴ

エル・トポ

何か、黒澤監督が宗教劇を撮るとこうなるそうです。ジャケットにそう書いてある(笑)

エレファントマン」なんて眼じゃないね、ドッチかッつーとアニメーションの「ガンダーラ」に近い。所でガンダーラ国内版DVDはゴミです。ジャケットに言い訳がましく書いているがドルビー音源を使ってないのだ。状態が悪い?じゃあ何で新たにプリント取り寄せなかったの?と当たり前な疑問が湧く。以前のコロムビア発売のビデオでの鑑賞をお奨めしますよ。モノラルでは価値が半減、あの音響効果を味わえないのは絶対オカシイ。

ええと、エル・トポだったね。アレハンドロ・ホドロフスキーの名前からして既にキ印の気配が濃厚で、妄想を具体的映像に焼き付けたい言う作者の欲望、ぶっちゃけた話既知外の戯言(確かに凄いモン観た充実感は有りますけど)に耐えられない人は脳内をグルグル巻にされます。

真正キ印の方々が他人に見せる事無く、自分の為に黙々と創り上げる美術品と言うのをアウトサイダー・アートと言うらしいが(ゴッホの絵もキ印の絵も質的な差は無いって事ですか?一つやってみますか基地外を) ホドロフスキーもその手の人なんですね。凄いよな、観客を全く想定せずそれでいて普遍的な何かを感じさせるなんて普通出来ないよ。

仕様

にっかつビデオ発売。二枚組三面・カラー・スタンダード・モノラル・CX・三面のみCAV仕様。

2005-05-26 秘密兵器は無いけど

ヤッパ、「フリント」ッスよ

ピース・メーカー

スピルバーグ率いるドリーム・ワークスの第1作。しかし、話は現実をベースにしてるけど、新味が無いと言うかアレにそっくり。

スピが「007」の監督をやりたいとプロデューサーのブロッコリに頼みに行った事があるそうだ。何で読んだか忘れた(映画秘宝?)がとにかく懇願したが断わられた。でも断わって正解だと思ったな。だってさ、天才スピルバーグがもし007のメガホン撮っていたら、シリーズのアベレージを逸脱する大傑作が出来たに違いないからね。とすると、続けるのに大変な障害になる。大傑作の後に誰も監督などしたくないからな、普通。007は大作だけど中身はプログラム・ピクチャーみたいなモンだから、監督はジョン・グレンを代表する職人で十分。面白過ぎるとかえって不安になる

しかし、スピルバーグは未練があったのね。だってこれ「007・オクトパシー」と同じ話じゃん。作曲もハンス・ジマーじゃなく、もしデビット・アーノルドだったら007の雰囲気が濃厚になった? (ジマーのスコアは相変らずウルサイ) 虚房サントラ館さんに詳しい解説があります。

仕様

パイオニア発売・シネスコ・デジタルステレオ・ドルビーデジタル。

ハンス・ジマーシンセなんだかオーケストラなのか解らないスコアは俺は嫌いなんだが、クリムゾン・タイドの次位には好きな音楽(何か矛盾した表現)

ooshimaooshima 2005/05/26 19:15 偶然開いたら自分で8000カウント丁度クリア。ただそれだけです。

2005-05-25 加山雄三

メテオ

加山雄三ベストソング マイ・ドリーム マイ・シップ

20年程前に発売された加山雄三が最も脂の乗り切っていた頃のミュージック・ビデオである。オリジナルレコード音源を使った全14曲が、様々な映像とコラージュされている。全く海の似合うオヤジである

しかしだ、何か腑に落ちないので冷静によーく考えてみよう。歌っているのは勿論若大将であるが、画面に映ってるのは40過ぎのオヤジと化した加山雄三である。そのオヤジが自前のヨット「光進丸」を操ったり、ジェットスキーで楽しんだり、まるで現役アイドルプロモーションかと思わせんばかりの演出。

加山雄三「老け専」に興味のない人間にはトータル一時間の地獄。

仕様

デジタルステレオ・CX。

2005-05-24 私立を出て、と言うギャグがあった

韓国版キングコング(関係有りません)

男はつらいよ

の一本目と二本目のLDが抱き合わせで200円。DVD借りるより安い(笑) 最初からジャンク品扱いとは何とも複雑な心境だ。最も欲しいのは三船が出た38作目なんだけどね。

この2作目に山崎努が医者の役で出てますが、山崎が医者の白衣を着ていると、別の映画にワープしそうで思わず手に大きな傷がないか確認してしまった。

同じ事を先に何方かがもう書かれていると思うンですが、寅さんて妹萌えでしょ? 俺には毎回とらやに寅さんが帰ってくる理由が判りません。居場所が無いトコに何しに来るのかと言えば、そりゃ妹目当てとしか考えられんでしょう? 寅さん前田吟には何となく冷たい様な気がするし、やっぱり妹盗られた恨みがあるんでしょうね、きっと。

仕様

一作目。TVサイズ・モノラル。いやぁ画質良くないですね、色も濁っているし、暗い場面だと潰れてよく見えない。TV放送用のマスターを流用したンじゃないでしょうか? トリミングが上手くいってるだけにこの画質は残念。

二作目。シネスコ・モノラル。目にも鮮やかな、とは言わんが一作目のLDより画質が良くなっている。やっぱ、シネスコのまま観られるのは良い。

2005-05-23 フルチンダンスしてくれません

バーホーベン尊師の傑作

フットルース

恥ずかしながら産まれて初めてケビン・ベーコンフットルースを観ました。

堅苦しい田舎でフルチンダンスに青春の全てを捧げるさわやかな内容だと思っていたのに違うンだなこれが! ダンスが如何したじゃなくて「反モルモン教なんだよ! この映画を観るとモルモン教のダメ具合が解って痛快。

たった20年程前なのに「ダンスは精神を堕落させる」などと言ってるから呆れてモノも言えん(笑) 

それとジョン・リスゴウが牧師なんて冗談でしょう? 俺は何時化けの皮が剥がれるかハラハラしながら見てました(笑)

どなたかエライ評論家も言ってましたが映画を観る順番てのは結構重要なんですね。俺は先に「フルチン科学者」を観てしまったので、青春映画してるケビン・ベーコンを素直に観られませんでした。

仕様

三角帯付・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CX。思いの他画質が良くてチョッと嬉しい。

2005-05-22 ゾンビよりも人が鬱陶しい世界

これが噂のインチキ版だ

死霊のえじき

ロメロ3部作の最終章(ン?違うか) ある日中古屋(現在倒産)に行くと、店の親父が「これ、ただでさしあげましょうか?」と出したのが「死霊のえじき」のLD。あのゾンビングステレオサウンドが楽しめる名盤(?)である。なんてラッキー!と思ったが親父から「但し不良品だけど」の言葉(苦) まあ、ジャケットだけでも良いかと有りがたく頂戴した。

念のため再生してみたがおかしな事に何処にも不良箇所が無い。まあ、ドウでもイイや。JVDが最初に出したインチキ詐欺DVDより遥かにマシな商品だから文句は言うまい(笑)

仕様

東北新社のLDは大体キングレコードから出るものだが何故かこの作品は東映ビデオから。ステレオ・CX。三角帯が付いているはずだが、ついぞお会いした事が無い。

ゾンビングステレオサウンドとは一体何だったのか? ただのサラウンドじゃない「何か」がゾンビングなんでしょうね。

2005-05-21 安田成美のイメージソングが脳味噌破壊

北米版DVD

風の谷のナウシカ

のLDが何故か三枚。

徳間ジャパンが出したLDは高くてとても買えるモノでない。

欲しいなと思っていたある日、行きつけの中古レコード(現在倒産)に行くと、店のオヤジが「これ、ただで差し上げますよ」ナウシカのLDを奥から引っ張り出した。思わぬ事に喜んだが、続けてオヤジは「ただし不良品ですよ」と注意。ガックリしたが「ジャケットだけでも…」と考え直し頂戴しました。

一応再生してみたんですが、何処が不良?って状態。「オヤジの勘違いか?」と思いましたが結局糠喜びでディスクが反っていたんですよ。反りの酷いディスクはプレーヤーに負担をかけてしまい故障の原因になる。

ここで使ったのはレコードの反りを直す手段。2枚のガラスにLDを挟み重しを乗せて半年間放置。レコードならガラス板に挿んで天気の良い日に屋外に放置するが、LDだと接着剤が太陽光線でどんな影響受けるのか判らないので屋外には出せません。そうこうしている内に忘れてしまい、手ごろな値段で売ってたLDを購入。これが二枚目。


とある日、中古リサイクル店のジャンク品コーナーでナウシカのLDを発見(ディスクだけ)これがたったの250円! 直ぐ売れるだろうとボケッと手にとって眺めていたが、よく見るとレーベル面が違う。「ありゃ?」 単品で発売されたものでなく「ジブリがいっぱい」のLDボックスでしか買えないハイビジョンテレシネ版のディスクだった。

喜んで買ったが、都合良く行かないものですね、このディスクも反ってました。 こいつも半年間の療養期間が必要(笑)

仕様 

旧版はビスタサイズだが上下のマスクが不安定。画質もあまり良くない。音質も良くない。

ハイビジョン版は流石で、画質は以前より向上し音も格段の変化。ステレオにして欲しかったがモノラルのまま。DVDにはステレオトラックがあったがあれは擬似ステレオ?

ステレオ編集のドラマ編レコード(CD化されてる)と同期して観ようと思ったが音楽の尺が微妙に違いダメ(笑)

ダゴンダゴン 2005/05/22 01:13  レコード時代にあった「ビニールで密閉してお風呂で暖めて、その後寝押しする」って方法は、LDでは効果ないですかね?
 うちは結構管理がずさんだから、半分くらいは反ってますね、きっと(汗)

ooshimaooshima 2005/05/22 08:28 お風呂のお湯ですか。完全密封なら問題無いンじゃないでしょうか。でもあまり熱すぎると接着剤の粘りが緩んで剥離してしまうかも。実は所有のLDに真夏には絶対再生できないモノがあるんですよ。再生後取り出すと版が熱くなってしかも縁の部分が剥げるンです。剥離幅が3m位になっているのを見たとき思わず鳥肌が立ちました(笑)これにはホント参りましたよ。直ぐガラス板に直行しましたが。

2005-05-20 おどりゃにゃ損損

濃厚な… (笑)

シャル・ウイ・ダンス

二枚組のDVDが発売されお払い箱になったのか中古LDを格安で購入。

先だってTVで放送されたが、デジタルリマスターと称しての放送で画質が良かった。LDから更に一皮剥けた様な映像で地上波でもこんな画質を出せるのかと感心した。LDは「ビデオで観るよりはマシ」と言うレベルまで落ちてしまったなァ(笑)

中年の肉欲を露骨に感じさせる描写をかわしているからあまりそう見えないがでもやっぱり「浮気」の話だよね? クライマックスは先生と主人公が楽しくダンスをして終わり。 んー、何か納得行かない。かみさんにも「ダンスでも許せない思った」と言わせてるし、何度観ても中年の浮気の話にしか見えない。

俺、間違っているか?

仕様

ビデオはメーカー間の熾烈な綱引きがあって大映作品なのに発売は何故か東宝になったが、LDは大映ビデオ発売である(実質は徳間ジャパンだけど) 二枚組三面・ビスタサイズ・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・アナログマルチオーディオ(方チャンネルに監督のコメンタリー収録) 画質は邦画の平均的レベルか? 音質はTHX認定機材を使用で結構ヨロシイのでは。(でもDVDはTHX仕様では無い)

2005-05-19 誰も欲しがらないデモ・ディスク

アンディ・ミリガン(関係ありません)

と言う訳で手元にあるデモ・ディスクの紹介。

「レーザーディスク・デモンストレーション」と言う、LDが発売されて間もない1981年頃パイオニアが非売品としてプレスしたもの。内容はA面がレーザービジョンプレーヤーの技術的な部分の解説、らしい。「絵と音のでるレコードパイオニアレーザーディスク」とタイトルが付いている。B面はパイオニアのPR映画になっており、タイトルが「限りなきエレクトロニクスの未来へ」となっている。当時のパイオニアの代表的な工場や企業活動の紹介がされている様だ。両面とも標準ディスク、ステレオ・CX。残念ながらジャケットしか所有してないので、中身を観た事ないのが痛恨の極みである。

「HIGU VISUAL・CHECK DISC WATCHING PEOPLEは、モニターチェック用に作られた高画質ディスクで、DVDの世の中となった現在もこの画は見劣りするものではなく、LDの真の実力を知る事が出来る。世に出たLDが全てこの位画質が良ければなと思う。役者と作曲家(大野雄二清水靖晃の二人)を使い金も掛かっている。CAV・デジタルステレオ・CX。このディスクには店頭デモ用の他に市販もされた。

レーベル面に「バズーカ」とあるジャケット無しのディスク。東芝のワイドTVに「バズーカ」と言うシリーズがかつて有ったが、ワイドTVでの画面効果をデモンストレーションしたLD。スポーツ中継をベースにそれまでの4:3TVと比較し、ワイドTVがいかに優れているかを宣伝する目的で配布されたんであろう。「ワイドでは左の人物がチャンと見えますねぇ」とかわざとらしい解説(笑) サイズどうこうより結局はキャメラマンの腕じゃないか? CAV・デジタルステレオ・CX・スクイ−ズワイド。

パステル・サマー」とだけシールが貼られている真っ白なジャケット。結構カッコイイがこれもワイドTVの店頭デモ用のLD。シャープ製だが、ワイドサイズと言ってもスクイ−ズではなくレターボックス収録。ワイドで見るためにはズームにする必要がある。これでは高画質が期待できないが何か意図があったのだろうか。CAV・非スクイ−ズワイド・デジタルステレオ・CX

キララ・バッソ」。ソニーの店頭デモ用のLD。TVサイズ収録でワイドTVでのデモを目的としたものではない。A面はソニーの持つコンテンツ(レコードとかソニーピクチャーなど)の紹介。B面は当時始まったばかりのCS放送のデモで、チャンネルの紹介がされている。CAV・TVサイズ・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CX

「日立レーザービジョンスペシャル・レーザーズ」。家電の日立が当時出始めのドルビーサラウンドの店頭デモ用に配布したLD。冒頭にピンクノイズを使うモニターチェックがあり、調整を終えてからドルビーのデモ音声が始まる。音質はともかく画質は最悪でとても見ていられるものでない(笑) サラウンドも、現行のアンプでプロロジック再生をするとサラウンドチャンネルに多量の音漏れ。使い物にならないか? TVサイズ・CAV・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CX。

金髪外人金髪外人 2009/12/21 16:29 金髪外人

2005-05-18 久々のひろい物

米版DVD(何とワーナーから発売)

エル・コロナド 秘境の神殿

今時珍しいロジャー・コーマン主義」を前面に押し出した(画面の充実感は月とスッポンなので「ネオ・コーマン主義」とでも言おうか)超超超超低予算アクション映画なンですけど全くチープさを感じない大傑作。映画秘宝でも大々的に取り上げられ絶賛、チョッと褒めすぎじゃないの?と観る前は思ったが結果満足。DVDのメイキング(カルトでもないのに低予算映画にしては異例の70分もある)をみると、何でこれを日本でやれないの?と思わず歯軋りしてしまう。撮影現場はとにかく安いが、殆どのシーンに必ず特殊効果が入っているが言われなきゃ気がつかない。○が○から出てきたシーンは思わず膝を叩いた位だスターウォーズもCGの精度落として良いからこの映画みたく観客をもっと驚かせて欲しいものです。

で、日本で似た映画を探したがあえて近いと言えば「ビジュアル・バンデッツ」かな?… えっ?覚えてない?

売り方がマズイ様な気がしないでもない。タイトルからはインディーモドキのトレジャー・ハンティングみたいな印象を受ける。初回のパッケージは、紙ケース(これがチョイと安いが)から出すと、観音開きになるワイドな見開きジャケット。劇中のハイライト恐怖の報酬を思い起こさせる「丸太橋」のシーンを再現したモノだが…。

でも実際の内容はロジャー・スポッティスウッド監督の、ニカラグアで革命に(うっかり)参加してしまうジャーナリストを描いた「アンダー・ファイヤー」に近い。中米の革命騒ぎの話しなんだよね。そう言う売り方をしなかったのは正解かもしれないが、宣伝の先入観が強すぎる人は違うモノを見せられたかと「アレレ?」となりそう。

仕様

スクイ−ズシネスコ・ドルビーデジタル5.1・吹き替えあり。画質はビデオ映像っぽいのでやや安く感じる部分がある。音響は文句無し。メイキングではハッキリと触れられていないが実写部分はデジカメ撮影。合成シーンが多量にあっても画質にばらつきがないのはデジタルのおかげだろうか。

メイキングにはスコアのダビングシーンもある。しかも大管弦楽団。何処に予算があったんだ?

虚房サントラ館さんに「エル・コロナド」のサントラが紹介されています。必読のこと。

2005-05-17 ガッチャマンキャラが最終戦争ゴッコ

やっと探したビデオジャケ

「FUTURE WAR 198X年」

宇宙戦艦ヤマトに「真田サン」と呼ばれる目つきの悪い人物がいる。科学万能主義の人で口癖が「こんな時の為に用意していたのが…」と言う台詞でヤマトが危機に陥ると必ず対抗策を都合良く出してくれるのです。

この人が現実にいたなら、と思わせる人物がこの映画に出ている。同じく目つきの悪いその名も「クツーゾフ国防相」。共産主義もさることながら極端な合理主義でおっそろしい事を平気で言うのだ。「核戦争で地球人口が減り人口バランスがとれ、(ソビエト)国土が増え人類は第二の繁栄期にはいるのだ!」とあの青野武のエネルギッシュな演説でこの台詞を聞くと「なるほど」と納得してしまうのが怖い(笑)

あと妙に浮いているのが日本の「国防会議」のシーンで、総理から意見を求められた元幕僚長が、チャールトン・ヘストンの声で「日本はアメリカの世界戦略から既に消されています!」と発言、動揺する他のメンバーをよそに「自分の国は自分で守るしかないのです」と極めて当たり前なヤバイ発言をして下さる(笑)

仕様

東映ビデオ発売。TVサイズ・ステレオ・CXエンコード・表記無いがドルビーサラウンド。

私はこのLDを所有しているのが大変自慢なのだが世間ではそうでもないようだ。最近CSか何かでニュープリントワイド版で放送されたと聞いたので、慌てて録画した方も多いのではないでしょうか。抹殺されかけた作品が衛星にかかったのであれば、DVD化もそう遠くないと思うが、さて東映ビデオはどう出るか。

そう言えばサントラも抹殺状態で当時のLPを探すしかないンだよな。曲自体は「交響組曲・超人機メタルダ−」に似てますが。

2005-05-16 アルプスの

加山主演の成瀬巳喜男監督作

若大将

がDVD(買えんけど)になると言うので期待しているが、カタログや東宝ビデオのHPを見ると、チョッと不安になった。

アルプスの若大将は当時東宝でも大作にしか許されていなかった4chステレオで製作された。パイオニア版LDはモノラルだったが、本家東宝再販のLDはステレオ音響になっている。ライナーにはステレオの効果があまり得られない部分もありますと断わりが入っているが、どうして中々良い仕上がりだと思う。

それに広瀬健次郎氏のステレオの映画音楽が聴ける貴重な作品でもある。タイトル部分を見ても弦楽器をメインにした流れる様なスコアが気持ち良く、これから始まる映画への期待をかき立てる役目を十分果たしている。

広瀬氏は若大将以外にも東宝の娯楽作品に沢山スコアを残しているが、4chでダビングした作品は恐らくこれしかないと思う(実験的に4ch採用した「香港の夜」のスコアは誰だったか?)今回のDVDもこの辺りの配慮があるのではと期待したが、DVDのトラック編成はサウンドトラック(モノラル)とコメンタリ−トラックとしか書いてない。オリジナル4ch音声と4chのBGMトラックが付くだろうとの期待は無理だった様だ。何か使えない訳でもあったのか? まあ、現物見なきゃ解らないけどね。

ええと、内容に全然触れてないな(笑)では簡単に行きましょうか。

もはやSFレベルの絵空事!」(褒め言葉)

仕様

東宝ビデオ発売。シネスコ(東宝スコープ)・デジタルステレオ・CXエンコード。

ステレオ音声は多分4ch音源の左右だけを使ったのだと思う。画質もいつもの東宝らしい画で、カラー映像だが何となく記号的でもある。大映時代劇の様なリアルな画質だとは思わない。

2005-05-15 ピアノとオーケストラによる「宿命」

ブートで入手したビデオより

砂の器

初めて蒸気機関車の汽笛を生で聞いた時ブワッ!と涙が溢れてしまった。丁度車を運転中だったので大変焦った。自分に何が起きたのか一瞬理解出来ず浮遊霊にでも憑かれた(笑)かと勘違いした。車を止め落ち着いてから、はて何で泣いてしまったのか考察したのだけど、「砂の器を観たから」と言う結論が出た。汽笛を聞くと条件反射で泣いてしまう様に刷り込まれてしまったのだ

丹波先生砂の器は20回以上も観ているのだが、必ず泣いてしまうのが亀嵩駅での親子の別れのシーン。これから国立療養所に送られる父と残される事になった幼い息子。その息子は父との別れを惜しみ線路を伝って駅まで走る。うな垂れていた父はふと視線を上げた瞬間こちらに走ってくる息子を見つける。立ち上がりヨタヨタとホームを走る父と息子が抱き会うクライマックスは現場にいたスタッフももらい無きしたそうだ。バックの音楽もグワッ!!と盛り上げる。ホームで泣き崩れる親子を引き裂く様に鋭く汽笛が鳴る。もう二度と会えない予感すら感じる悲しい響き。

これからも蒸気機関車の汽笛を聞くと泣いてしまうんだろう(笑)

仕様

パイオニア発売。シネスコ(松竹グランドスコープ)・デジタルステレオ・CX。

最近DVDを借りて観たンですけどLDとの画質の差が極端で唖然。どうやらネガ起こしではなかった様でLDはお世辞にも画質が良いとは言えなかったが、DVDは眼にも鮮やかな日本の風景と四季。悔しいが、美しい日本の自然がこの親子に対しては何の助けにもならないと言う皮肉がDVDの方でより深く味わえる。

ダゴンダゴン 2005/05/31 23:48 ooshimaさぁん!もうご存知かもしれないけど松竹110周年記念と称して『砂の器』がリバイバル公開されますよッ! 仕様はデジタルリマスターシネマスコープ&ドルビーSRDだそうです!
 ……で、実は私この映画全然観た事ないんスけど、やっぱ劇場で観とくべき?(笑)

ooshimaooshima 2005/06/01 08:11 ええッ! ホントッスか! でも俺ン所には松竹映画来ないンだよな。DVDは5.1サラウンド収録してるけど、一部にインチキ(羽後亀田駅に注目)があるから再上映で修整してあるのか気になるな。

とにかく丹波を大画面で観る最後の機会じゃないでしょうか? 行くべし(笑)

逆援逆援 2009/12/21 15:40 逆援

2005-05-14 回転ドリルは永遠の輝き

この屈しがたい魅力

海底軍艦

真珠湾奇襲で騒然としているロサンゼルスを、我等が三船が独逸から供給されたUボートを怪しげに操りながら奇襲。「グッバイ・ハリウッド!」の台詞も心に響くケッ作となったのですが、この帰りにムウ帝国の攻撃を受け、南海の資源豊富な孤島に避難。既知外の一念が岩をも通し見事「轟天」建造に成功。続編の方が先に創られたなんて大変奇妙な話である。

「1941」の三船が田崎潤に見えてしまった妄想でス(笑)


本多監督の内なる思いが田崎潤の口から激情をもって放たれた。戦時中の本多監督が置かれていた立場を、戦後の価値観から前面否定する風潮に違和感、いや反発を感じていたのである。だからこの映画の主人公は高嶋(父)ではなく、田崎潤演ずる「神宮寺大佐」なのである。上原謙演ずる元海軍少将の演出も面白く、最初は「民間人然」としていたのに、神宮寺と会話を交わすうち明らかに過去の自分を肯定的に思い出している。生き生きとしてまるで少年の様、特定の方が観たら眉をヒソメルはず(笑) 


仕様

東宝ビデオ発売。カラー・シネスコ(東宝スコープ)・モノラル。

東宝LDは限定発売とされており、しかもワイドサイズでLD出してもビデオの方に反映させなかったので貧乏なオタク(俺を含む)は大変苦労した。ビデオでワイド版が出たのはかなり後になってからである。ヤッコさ購入したLDは思い入れが強すぎて処分出来ない(笑) DVDも中古で購入したンだけどね。

zambiakonozambiakono 2005/06/16 11:24 この映画で大スキな台詞は「神宮寺たばかったな」っていうアノ人の台詞です。やられたのにうれしそうにみえるんですけどねえ。

ooshimaooshima 2005/06/16 21:32 ええと、天本サンでしたっけ?

とくとく 2006/03/27 21:24 分身ザンビアの時にコメントしのがしましたが天本さんの思い出です。
天本さんとはじめてあったのは新宿の伊勢丹の正門のとこでした。覚せい剤中毒患者(新宿には多い)のように一心に旗をみていたのを思い出します。「天本さんどうも」っていったら「ああ」って手をあげてこたえてくれました。すこしふるえていたのを覚えています。

ooshimaooshima 2006/03/28 07:14 天本さんは自宅に入れなくなり、プライベートはホームレス同然の生活をしていたと聞きましたがホントなンですかね。

2005-05-13 鬼畜ギャグ

この映画に近いかも

モンキーボーン

尊敬してやまない映画秘宝司令長官町山提督が、「バートンより病んでいる」と秘宝紙上にヘンリー・セレックの事を書いてあったのを思い出し500円で売っていたDVDで確認作業を行なう。

俺より一万倍も知性があり、一億倍も文書力のある方が素晴らしい文章で既に発表されている事を改めて書くのは大変辛いです。

サルはオナニー覚えさすと死ぬまでカキ狂うそうだがこの映画もそんな内容でしたね。バクシの「クールワールド」もかなり狂っていると思っていたけどこっちは遥かに上を行ってイスカンダルまでワープ。サルは主人公の欲望を具象化した物で要するに二重人格の話だったンですね。ラストに主人公とサルが統合されハッピーエンドとなる。   え? ハッピーエンド?  …おかしくないか?

主人公が突き落とされるのはこの世とあの世の中間地点。サイドショーに出演する方を数百倍ヤバクした生き物が徘徊していて、「ビートル・ジュース」のあの世オフィスの狂いっぷりを軽く越してる素ン晴らしさ。あんな楽しい所に嫌々連行さられたとは言え、なんで現世に帰ろうとするのか理解出来ない。だってさ、バーにいる女が巨乳ネコ耳でボディコンでエロ位度100%で主人公に直ぐ惚れて明らかに誘って来て現世に返る必要無いじゃん。帰った所で待っているのはブリジット・フォンダですよ? 叔母さんのジェーン・フォンダよりフェロモンかなり落ちるブリジットに何の未練があるの。おれはネコ耳を選ぶッ!間違ってないッ! (早く死ななきゃ!)

仕様

片面1層じゃねえか、2層にしろ。

パイパンパイパン 2009/12/21 15:24 パイパン

2005-05-12 荒野のダッチワイフ

モロB級なジャケット

チェリー2000

小松左京のSFで幾度となく出てくる話が、男が女を捨ててアンドロイドや精密なロボットと恋愛&SEXするモチーフ。将来女は「男性化」し手がつけられなくなると言う大変立派な主張がそこに盛り込まれているのだが、現実が本当にそうなってしまった(笑)

この映画を観た時真っ先に小松左京を思い出した以外、書く事無いな(笑) 映画の方は「結局は生身の女ッスよ」と結論出すが、これはオタクにあまり汚染されていない頃のアメリカ映画だから仕方が無い。今もし創り直せば主人公が理想のダッチワイフに直進するに決まってる。

仕様

パイオニア発売。TVサイズ・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CX。

今は無きオライオン映画だから、MGMからDVDが出てます。邦版は無理か、出ても馬鹿高いンで、輸入版素直に買いましょう。

みなーみみなーみ 2005/05/13 23:29
>今もし創り直せば主人公が理想のダッチワイフに直進するに決まってる

案外、押井守の「イノセンス」なんて本当にそうかもしれませんね(笑

ooshimaooshima 2005/05/14 12:05 ホント、押井監督が所帯持ちなのが不思議でなりません。

2005-05-11 こりゃいんちき

これがアメリカ版DVD

ファイヤー・フォックス

股間がマグナムイーストウッドにしては珍しくメカニカルな映画だけど、ベトナムのトラウマと言い、兵器を盗むトコと言い、バダムの「ブルーサンダ−」とかなり似ている様な気がする。同時期の作品だしね。

所で、映画がインチキと言っているンじゃないよ。中古のDVD買おうとしたんだけど、ジャケット裏にあるランニング・タイムがおかしい、何か時間が短いような気がする。買わずに自分のワイド版LDを確認したら、帯に「劇場公開版より長い」と書いてるじゃありませんか! 結局LDより10分近く短くなっているんです。で、ネットで色々調べたらこの仕様は「国際版」だそうで、アメリカ以外は全部このバージョンなんだトッ! TVサイズの古いビデオ&LDと同じ内容と言う事か? チョッと待ってよワーナーさん、LDは完全版だったのにDVDは短縮版とは片手落ちも甚だしい。

この件に関してはココにある輸入DVDレビューが詳しいです(落とすのがチョッと重いけど) 皆さんも読んで腹を立てましょう。

仕様

ワーナーホームビデオ発売。シネスコ・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド・CXエンコード。DVDの方が画質は良いだろう。特撮シーンが結構ザラついた画質で「エクソシスト」を思い出した。サラウンドも時代を考えれば良い方だと思う。モーリス・ジャールのスコアが微妙。ヒロイズムを唄ったエンド・タイトルは良いが、劇中のシンセスコアは好みでない。ジャールにはシンセを使って欲しくないなぁ。

ダゴンダゴン 2005/05/11 23:43 ジョン・ダイクストラの特撮ってなんか無骨で、スターウォーズファンであるにもかかわらずあんま好きじゃないんです。
キレイな放物線を描いて曲がらせるのが苦手なのかイヤなのか、どこまでも一直線に飛んでって、
優雅さのカケラもありゃしない。(せめてスパイダーマンは他の人に頼んで欲しかった・・・)

しかしそんな直線的な特撮が見事にハマったのがこの映画!
フォーサイスばりの渋いサスペンスが終わったら、あとは真っすぐ飛んで逃げるだけだもんね。
もちろん同型機とのドッグファイトにも曲芸的な急旋回なんかないんだけど、
音速で飛んでたらカンタンには曲がれないって事が頭にあるから納得でした。

ワーナー初期のLDを所持していたけど、かけるのは後半ばかりでした。
あー、なんか書いてたらまた観たくなってきたが、DVDカット版なのか。。。

ooshimaooshima 2005/05/12 07:28 ホント特撮は素晴らしいッスね、「ベスト・ガイ」に爪の垢飲ましてやりたい位です。
ええと、リージョンに対応しておられるなら輸入DVD買った方が言いです。どうカットしているのか検証したいですが、国内版DVD買うのバカ臭いので止めときます(笑) 前半のサスペンスの部分でキッツイ「反ソ」描写がワイド版LDにはあるので、その辺りが国際版ではカットされているンじゃないかと想像してますが。

2005-05-10 エメリッヒのイグアナ

ボックスセットの粗大ゴミ(笑)

USゴジラ

チェルノブイリじゃ人喰いミミズがいるんですね。だって、ほら、放射能の調査しにきたマシューが地面に電極を刺して電機流すと、地面からモコモコミミズが湧いてきたじゃありませんか。あの後「スクワーム」の惨劇があったんだね。

摩天楼をゴジラがチョコマカと走り抜け、戦闘ヘリから逃げる一連のシークエンスを見てると、どうしても「殺しのドレス」の美術館のシーンを思い出すのだが、俺だけ?

まあ、故本多監督には見せられませんね、一作目のゴジラのUS再編集版ですら許していた本多監督も、これにはトサカに来るでしょう。あの温和な本多監督が額に青筋立てて怒りに体を震わすのが俺にはハッキリ見える(笑)

仕様

USゴジラのLDはほとんど見かける事が無い。販売店も店頭在庫として注文しなかった様で、DVDはどんな中古屋に行っても必ず在庫していあるのと対照的だな。LDは2バージョン発売、先に出したのが全篇CAV標準ディスクのボックスセットだ。東宝は平成ゴジラシリーズをLD末期まで全てコレクター仕様で発売したが、何かと馬鹿にされる平成版をCAVの高画質で鑑賞しても正直空しくそこまでやる必要を感じない(笑)資源の無駄だよ。 

で、頼まれもしないのに全編CAVにしたUSゴジラも高画質が売りなんだが、実際見ると最初からスモークが薄っすら掛かった様な画質で、御世辞にも画質が良いなんて言えない。それに、画面に入る場所とか説明字幕の日本語訳を映像に被せているのが許せない(笑) 

帯にあるコピー「姿は見た。恐怖は見たか」… 何も見なかった事にしたい。

後になってCLV版も発売された。

2005-05-09 香港の黒澤

キン・フーの映画ではないゾ

山中傳奇

キン・フーの代表作と言われるこの映画のDVDを格安で発見、フォースの導きを信じて購入したがモノがハズレでガックリ

えー、何でもキン・フーは、この映画を韓国で製作し、同時にもう一本映画を撮っていたと言うから凄い。スピルバーグですら出来なかった事だ。かなり前に一度鑑賞しているが、「よく判らない」てのが正直な感想。だってサ、男が寺にやって来て太鼓叩いていたら空中でクルクル回りだしてカマキリが交尾すると何だか終ってしまう、そんな映画だもん(笑) この映画だけだと何で「香港の黒澤」と称されたのか判らない。他にもっと面白い作品が有るからなのか? キン・フー「侠女」「大酔侠」を観れば判りそうな気がするけど。

仕様

潤程娯楽発行有限公司発売(中国か?) オールリージョン・シネスコ(非スクイ−ズ)・ドルビーデジタル5.1&ドルビーデジタルステレオ。

キン・フーのDVDだから気を使っていると思ったが画質は悪いし音も無理矢理5.1、ある程度のクオリティを要求する人は買わン方がイイ。

コスプレコスプレ 2009/12/21 15:09 コスプレ 出会い

2005-05-08 イタリアン・ハーマン

再演奏ベスト版必携

ピノ・ドナジオ

最近ドナジオの噂を聞かなくなった。

メジャーになり切らない頃のデ・パルマに名コンビとして数々の傑作を世に放った。どれも印象深く、美術館シークエンスのスコアが映画自体を喰ってしまった「殺しのドレス」、学生映画にバロック調の「悪魔のファミリー」、トラボルタの後悔をオペラチックに盛り上げる「ミッドナイトクロス」、弦楽のみのスコアにハーマンを感じる「ボディ・ダブル」、みんな大好きですよ。所が出世したデ・パルマの野郎はビッグネームのモリコーネと付き合い始め、心あるファンから大いに失望を買ったものだ(モリコーネがダメと言うのではないよ勘違いせぬ様) 作品内容もかつての「ヒッチゴッコ」を「無かった事」にする暴挙にでて、「アクションも人間ドラマも出来ますよ」と宣伝したはいいが、作品の核の部分に過去の映画から大胆な引用をするクセが全然抜けてない。

ドナジオもハリウッドには大して興味が無いようで、本国での仕事が殆どの様だ。所有の数枚あるイタリア国内版のサントラを見てもコメディやら色んな題材をやっている。ジョー・ダマトの原始人マッチョ映画(邦題失念)にスコア書いているンだからその職人ぶりに感心。

クラシックの勉強をしたが世間の脚光を浴びたのはヴォーカルのポピュラー音楽で、相当売れたそうだ(プレスリーも歌ったらしい) どんなきっかけで映画に誘われたのか判らないが、ニコラス・ローグの「赤い影」(アレンジと指揮はドナジオではない)のスコアを担当する事になり、そのサントラを聴いたデ・パルマ亡きハーマン先生の後釜として「キャリー」に抜擢したと言われている。「赤い影」も初作としては「100点満点中120点満点!」、とは言わないが良い(笑) でも「キャリー」と比較すると段違いで、キャリーでは何時もはほとんどオケの指揮をしない彼が珍しく棒を振っている。それだけこの仕事に賭けたンだろうし、結果が全てを語っている。

シェリンクの封を切ってない「殺しのドレス」のアナログLPが結構自慢。サントラCDも廃盤になって久しいな。

2005-05-07

これをまだ観ていないバカもいる

逃学威龍2 FIHUT BACK TO SCHOOL 2

(香港映画は実はメ○ラに等しいので間違っているかも)

と言う周星馳が主演の香港版DVDが500円で売ってたので購入。タイトルの通り続編らしいが、前篇はみておりません。丈夫な紙ケース入りで、サッパリしたジャケ・デザインも悪くない。

監督がゴードン・チャンで製作がバリー・ウォン?(王晶の事だよね?違ったか?)なので、こりゃ期待できると思ったが、やはり台詞が解らないではどうしようもない。画で見せるギャグは大丈夫なんですが。

でも、ギャグとクンフーのチャウ・シンチ−と、銃撃戦ばかり撮りたがるゴードン・チャンの組み合わせはチョッと凄くないか? 噛み合わないから普通やらせないと思うけど、そこが香港の懐の深さと言うもの(多分)

所でこの映画は一体何ですか? 誰か御教授を。

仕様 

メイ・ア・エンターテイメント製DVD。ジャケット裏に「HD」と書いてあるから、多分ハイビジョン変換でレストアしたのだろう。スクイ−ズの画面は予想していたよりかなりキレイ。元のモノラル音声(だと思う)をdts化、効果音の若干の古臭さは免れないが、かつての得意技「無理矢理5・1」ではなくきちんとリミックスし直している。ここ数年の香港DVDの製品の進化は大したもの、でもどーしよーも無いDVDも相変らず出回っているのも現実だが。ハズレのDVD結構持ってます(笑)

2005-05-06 わりと上手いんだ、英語が

FOX版DVD

バトル・クリーク・ブロー

急死したブルース・リーの穴埋めを探すんだよ!(黒縁メガネの某が目論んだ)ジャッキー・チェンの全米進出狙って見事撃沈。スタッフを「燃え・ドラ」と一緒にしてその意気込みが判ると言うものだが、全米でコケたンだから仕方が無い。だって面白くないンだよね、1920年代の活気あるアメリカを再現した美術とか、ジャッキーがショバ代せびりに来た地回りを追い返すシークエンスとか、いいトコも有るんだけど、全体的に観てB級アクションに終っている。神様ブルース・リーが死ぬ思いで込めた哲学に毛唐どもが狂喜したのに、「クンフーやらせてりゃイイや」と投げやりな製作者どもの無理解で(でもジャッキーが「指先がドウの…」なんて哲学語っても困るが)何とも中途半端な映画になってしまった。ジャッキーマニアには「プロテクター」と並ぶアレな映画じゃないかな? 

パイオニア発売の香港経由のDVDは英語音声が入っておらず、ジャッキーが必死こいて覚えた英語を聞く事が出来ない。米FOXから高品位DVD(勿論英語発音)が発売され、ほぼ同じ仕様のDVDが日本でも発売された。しっかしなぁ、アメリカじゃこのDVD一枚1000円チョッとで買えるのに、邦版に移植されると一気に値段が4倍になってしまうから、あったまに来る(笑)

タイトルのラロ・シフリン先生のシンプルなジャスが心地よく、オマケに口笛のメロディが簡単でスグ覚えられる。映画音楽として良い傾向。

仕様 

ポニーキャニオン発売。モノラル。トリミングTVサイズ版(メインタイトルは縦に細長い) 所有のディスクは不良気味なのでハッキリとは言い切れないがボケ気味の甘い画質。音は磁気素材から起こしたのかそこそこ。先に書いた様にユニバーサルからDVD出る事が決まっているから、LDの現物あっても殆ど無価値(笑)

2005-05-05 ジョージ・ケネディにドイツ軍服は似合いません

中々男前なジャック・ヒル

ゴースト・血のシャワー(デス・シップ)

塾長の新装開店「最低映画館」を眺めていたら、「イベント・ホライゾン」がタマタマ眼にとまった。読んでいるうちにどうしてもネタの一つである「ゴースト・血のシャワー」を観たくてたまらなくなり悶々としていたのだが、BOOKOFFで売っているのを発見、狂喜、買いました。塾長が「シャイニング」との類似を指摘されているけど、どうせキューちゃんの噂聞いて真似したに決まってる(笑)

いやー、もう観るの20年ぶりですよ。ゴールデン洋画劇場で一度観たっきりだからね。それに90分チョッとしかない映画の内容をホボ全部記憶していたのでビックリした。俺、そんな記憶力無いンだけどね。ただ、記憶と違うのが、ジョージ・ケネディの腕がもぎ取られるシーンで、グリグリと歯車に絡みねちっこくもぎ取られて行く工程を丁寧に見せていた様に思ったけど。

丹波と並び乗り物に乗せてはいけないといわれるジョージ・ケネディランボーでトラウトマン大佐役をもらうまで映画には出ていなかったハズのリチャード・クレンナ。スターといやぁスターだが金額的には微妙な二人、ギャラは幾らだったのか?

さて、低予算映画だが海に浮かべた船(座礁した船を使った可能性もあるが)を使っているから結構金掛かっている。天候が撮影のスケジュールを左右するから、ある程度の超過は見込んでいないと予算が直ぐ破産してしまう。例え波打ち際で撮影したとしてもね。船もどうやって調達したのか、その上スクラップ寸前に見える様に船を装飾、見事に邪悪な生き物として描写している。と、褒めても大げさじゃないよね、実は現場はジャック・ヒルが監督したと言われるだけはあるよ。コーマン大学院の卒業生代表にして(もしかしたらコッポラより才能有るかもしれん)メジャーから無視され続けている彼の代表作。あれ?違うか?

仕様

スマン、LDじゃなかった

2005-05-04 カサベテスてホント悪人面

ケツアゴ星人ダグラス

フュリー

キャリーの後で損をしている。

LDを何とか買おうとしたが、結局ジャケットすら拝めなかった。二度発売されているはずだけど、残念ながらワイドで再販はされなかったな。輸入版では有ったらしいが未確認です。

あの、エイミー・アービングを見つけて公衆電話からカーク・ダグラスに連絡つける男はウイリアム・フィンレイ? 車をオシャカにされる警官をデニス・フランツが演じているが、デ・パルマと言えばこの男である。イヤミなラテン小男をやらせたら右に出る物が無い彼は、この映画が初出演じゃないかな? また彼は「サイコ2」でベイツモテルを代わって管理する役で出てるが、これまたとってもイヤ〜ミな男で、デ・パルマとリチャード・フランクリンを繋ぐミッシング・リングと言われる(ウソ)

この作品はどうも好きになれない。全く救い無しのデ・パルマ節全開だが、観ていて何かしっくり来ない。はて、なんでこんな感想を持つのかよ〜く考えてみたら、そうか、音楽が変なンだよ。ジョン・ウイリアムスが書いているが(スピルバーグだかルーカスの紹介らしい)、画面と全然噛み合ってない(と俺は感じる) エイミー・アービングが研究所を逃げ出してから始まるお得意のスローモーションに書いたスコアが全然合ってませんぜ旦那。このシークエンスにピノ・ドナジオのスコアが着いていたら盛り上がりが全く違っただろうに、感情を揺さぶる様なオペラチックな仰々しいスコアが合うはず、いやそれでなきゃダメだデ・パルマは何でボツにしなかったンだろう? 最も「あってねえや」デ・パルマも思ったのかコンビはこれ一作で終った

カーク・ダグラスはこの後に作られた学生映画と言って良い「悪魔のファミリー」にも出演しているが、金出せば何にでも出る人なンでデ・パルマの演出に感心したからなんて事はあり得ないと断言できます(笑)

仕様

パイオニア発売。カラー・スタンダード・モノラル。(のはず、現物見た事無いから) DVDはビスタサイズのワイドだが、恐らくスタンダードのマスキング・ビスタではないだろうか。

2005-05-03 若大将もフラレルのだ

国際秘密警察

お嫁においで

ネタ無くて、前も同じ事別ントコで書いたけど、増幅して書き直します。

若大将シリーズ全盛のころ作られた一本。青大将の出てこないシリーズ傍系としての位置にあると思う。妹が内藤洋子なのはチョッとやりすぎで、結局加山が振られるのは映画内のバランスを考えた結果だろう。両手に花じゃ観客の共感を呼ばないもんな

貧乏な主人公の女性が、ナイスガイのエリート社員と、幼馴染のタクシーの運ちゃん間で揺れ動く恋愛物語。だが私はこの映画、本多監督自身を描いた私小説ならぬ私映画じゃねえかと思った。

ナイスガイの加山雄三。祖父が造船会社会長で、父がその社長、加山は設計部長。たまたま出会った主人公に一目ぼれ。庶民代表黒澤年男の役は、自分の気持ちに真っ直ぐで、周りの迷惑も考えないところがあり、そして主人公をズート思っている。

この映画で気になる事と言えば、主人公の加山雄三がエリートに設定されている所か。勤めている会社は一族経営で、彼も将来経営に加わるだろうと言う形で仕事をしている。妄想タクマシイ俺はこの部分に引っかかったな。脚本は松山善三だが、必ず脚本に手を入れていた本多監督の事だから、そこにプラスアルファが有るはず。本多監督は自己主張を、演出上でも実生活でもする方ではなかったそうだが、この「お嫁においで」のなかには監督自身の人生観が出てきていると思うし、つられる形で無意識のもっと心の奥深いドロドロした物も浮き上がって来ている気がする。意地悪な見方だが加山雄三の役所を本多監督の周りから見つけ出そうとすると、どうしてもダブって見えてくるのが生涯の親友黒澤明監督だ。東宝に、軍に徴兵中だった本多監督より後に入社し、共に助監督として山本嘉次郎監督の下に付きながら研鑚を重ねた日々(実際は「あの映画イイよねぇ〜」と酒呑んでただけかも) 2・26事件にホンのチョッと関係したと言うだけで何度も徴兵された本多監督に対して、一度も軍隊に採られること無く撮影所内で純粋培養(と言うのも変だが)されていった黒澤監督。書き上げた脚本が採用され「姿三四郎」の監督として異例の大抜擢で出世街道に入った黒澤監督は、この映画の加山雄三の役にダブって見えてくる(私はそう見る) 死ぬまで友情の続いた(いや両者あの世だから友情はまだ続いているのか?) 黒澤監督と本多監督の二人だが、巨匠へと向かって行く黒澤監督、冷たい言い方だが方や東宝の雇われ監督でしかない本多監督、晩年の「影武者」以降演出補佐として黒澤明の傍らについていた本多猪四郎だけど、その内側にドス黒くうごめく物は本当に無かったのか? 「お嫁においで」はヒロインを巡る加山と黒沢の対決が描かれるが、二人とも非常に濃い顔つきで、先輩後輩だが似た者同士に見える。ミフネの「知的」な部分と「粗野」な所を別人格に分離させた様なキャラクターだ。その黒澤年男の役が、本多監督の内面を行動として描写したと妄想(笑)すれば(本多監督も「熱い」モノが有ったのだ)映画内での三角関係は実生活において、黒澤監督、本多監督、本多夫人のきみさん、を巡る三角関係が本当に有ったのじゃないかと、私は思ってしまうのだけど(笑)

この説は佐藤利明氏によって即座に否定された(笑)

仕様

東宝ビデオ発売。シネスコ・デジタルモノラル・CX。磁気素材を使用したのか音質が良い。

みなーみみなーみ 2005/05/03 11:30
佐藤利明氏が語った所ってのが気になるんですよね
単純に三角関係が存在しなかったって言うだけなら
ooshimaさんの想像の否定にはなり切れないと思うんです

最高の親友で、全てを話し合えると言う人間関係と言っても
まったく違う種類の人間だから理解しあえると言うのは
全然普通にある事でしょう、僕の感覚では、あの映画は本多監督の
「ささやかなる幸せ」に関する考えを出したもので
現実をモデルにしていたとしたら、その方がツマランと思うんです

表面が、どうあれ「幸せ」に関する芯の部分は同じだけど

エゴを前面に出して芸術として表現しきろうとする人間
日本的な和を尊び埋もれて行く事も良しとする人間

こんな二人だから、お互いの無いところを面白く感じたというのは
有りうるし、そうであったろうと言うのはooshimaさんと話して
確信してる部分です、成熟した大人の友情ですよね

だからこの説は一部修正すれば、当たってる可能性は全然あると
思いますよ

ooshimaooshima 2005/05/03 18:37 みなーみさん毎度トンチキな文章にアイノテ入れてもらい感謝しております。
佐藤氏とは長時間お話した訳ではないのですが、関係者に対する取材から黒澤監督と本多監督の間には通常の友情(と言う表現は変か?)以上のモノが有ると確信を得たそうです。ボヤキぎみにそれを発表する場がないのを嘆いていました(映画の本は売れないと言う事)
「メカゴジラの逆襲」の特典映像に本多監督の奥さんのインタビューがあるんですが、近所のレンタル屋に在庫していないので未確認なんですよ。現状では購入は無理(笑)だし、観たくてたまらんのですが。

サンドラ・ジュリアンサンドラ・ジュリアン 2005/05/04 20:03 オーちゃん、『メカゴジラの逆襲』は当方も所有はLDですが
DVDはレンタル屋に在りますからコピーしてみるかい?
ただし、コピーガード上手く外せるかなあ?

ooshimaooshima 2005/05/05 09:33 PC音痴だから無理(笑)

サンドラ・ジュリアンサンドラ・ジュリアン 2005/05/05 23:46 あ、いや、私がダビングする際にコピーガードを
外せるかどうかと言う事ね。文字で伝える事難しき事なり・・・ねぇ。

ooshimaooshima 2005/05/06 00:16 ああ、そうでしたか。勘違い、人様の文章をチャンと読んでない証拠だな全く(笑)

2005-05-02 黒澤明の大霊界・こんな夢を見た!

北米版DVD

国際版では冒頭に「夢」のタイトルが出ないらしい。

明るいエピソードと絶望的エピソードの落差が激しく、作者が躁鬱症状を持っているのは確実である。「赤富士」はまるで演出補佐の本多猪四郎監督の映画を観る様だ。本多監督の怪獣映画で必ず見かけるモブシーンそっくりである。その後に続く「鬼」もいかりや長介の演技に目をとられぎみだが、強大化したタンポポを見て何か思い出さないか?モスラ」劇中の、インファント島で小泉博が発見する巨大なカビ群だ。このタンポポだけど、フィックスで荒地に生えているタンポポをドアップで撮った様でバカみたいだが、いかりやと宇野ジュニアの二人がフレーム・インして初めて巨大と解る出来の良さ。放射能による奇形の解り易い描き方だね。ええと、いかりやは同じく放射性物質による障害で頭に角が出来ている。生き残った他の連中にも生えており、角の数で階級が出来ているそうだ。食料が無いから当然共食いン?チョッと待てッ!! 別の映画で同じ事していないかッ! ノストラダムスの大予言」に出てくる「軟体人間」と本質的には何の変わりもないぞ!! 世界の黒澤には許しておいて、職人舛田利雄は許せんと言うのか? こりゃ、映画に対する差別だ! 断固として戦いたいが賛同者がいねーのがタマに傷(笑)

仕様

ワーナーホームビデオ発売。カラー・ビスタサイズ・デジタルステレオ・ドルビーサラウンド。米版LDは途中の2エピソードをCAVで収録しているそうだが未確認。DVDはどうか知らないがそれほど良い画質とは思えない。明るいきらびやかなシーンは結構見せるが、兵士のエピソードなどはノイジーでツブレ気味、内容からしてこの画質は正解なんだろうが、観る分には辛いね。黒澤映画でオリジナルスコアが有るのはこの映画が多分最後。

zambiakonozambiakono 2005/06/14 12:35 なんか映画狂の私にはここはいごこちいい宿のようです。「ノストラダムスの大予言」は私がやってる商売のお客さんがノストラダムスになるというので付き合いで見に行きましたが幸福の科学提供の作品でございましたな。「恐れよ!」というお客さんの台詞が一番いいとおもいましたね。

ooshimaooshima 2005/06/14 13:26 様こそzambiakonoさん。
御覧になったのは「ノストラダムス戦慄の啓示」でしょうか?信者総動員した大モブシーンが別な意味で怖いッス、こんなに信者いるの?っておもいっきり引きますよ(笑)

zambiakonozambiakono 2005/06/16 11:30 あっそれでした。私は御金出して入りましたが大抵の人は切符売り場を素通りして券をもっていたようです。布教映画だったのですね。さすが仮面ライダーシリーズにでたお方だけに堂々たる縁起でした。なお、お客さんはこの宗教とは関係ありません。「もうかりゃいいのよ」とおっしゃってました。

ooshimaooshima 2005/06/16 11:40 大月ウルフ演ずるノストラダムスが予言して、その災難を神様連中が回避しようと奮闘するんですが、その神が何の役にも立たないって呆れた内容でしたね。余りに馬鹿すぎて入手したビデオは家宝モノです。

zambiakonozambiakono 2005/06/16 13:48 おっとついにウルフさんの名前がでてしまいましたね。おそばがすきな、まるいかたでございます。実生活では「恐れよ!」なんて絶対いいませんね。