くじら座タウ星系発、X’masロケットに飛び乗れ!

2016-06-28

[]『ハイスクール・フリート』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『パンでPeace!』全13話

(感想鋭意制作中)

2016-06-27

[]『とんかつDJアゲ太郎』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『ワガママハイスペック』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『うさかめ』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『三者三葉』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『うしおととら(第2シーズン)』全13話

(感想鋭意制作中)

[]オフで突変

最寄のブックオフにて。

全部百円棚より。『甘ブリ』は、一巻しか買ってなかったことを思い出して。アニメで全部見たけどねー。『たそがれ堂』は、一巻が叔母に好評だったので、叔母に貸す用。『三条ホームズ』は、京都モノで日常の謎だったから買ってみた。しかもホームズだし。ドイルに献辞も入ってるしねw 『突変』は、前から気になってたから。まず《星界》を積んでるやつから読まなきゃならんのだがw

2016-06-26

[][]吉岡平恐竜鉄道

恐竜鉄道 (ソノラマ文庫)

恐竜鉄道 (ソノラマ文庫)

あらすじ

古生物学者の物集蒐一は、西都電鉄の誘いで長野県上伊那郡に来ていた。そこで、彼らが掘り当てた『金鉱』の調査を依頼されたのだ。その『金鉱』とは白亜紀に繋がるタイムトンネル西都グループは、このタイムトンネルを利用して恐竜世界に一大リゾート地建設しようとしていたのだ。しかし、そこで人間たちを待っていたのは―。恐竜マニアの著者が贈る、SFアクション巨編。

恐竜VS鉄道」男の子の夢の対決を真正面から描いたバカ小説です(褒め言葉)!あらすじは、長野山中白亜紀につながる穴を見つけたので鉄道をひいてレジャー施設にしようと開発するが恐竜暴走に遭う、というジュラシックパークそのまんま。メガロサウルスと蒸気機関車の正面衝突でどっちが勝つかとか、西部劇よろしく蒸気機関車の運転室で生身の人間ラプトルとの取っ組み合いとか、思いつく限りの男子興奮シチュエーションを詰め込んだ夢のバカ小説。大満足でした!!

追記:白亜紀をレジャー開発するのが、西都鉄道環境とか景観を考えずに開発しまくって娯楽施設にしてしまうって、名前をもじってあるけど「西武」をディスってるよね?w

★★★★★

f:id:akito0526:20160627130700j:image:w360

2016-06-24

[]『迷家-マヨイガ-』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『宇宙パトロールルル子』全13話

(感想鋭意制作中)

2016-06-23

[][]梶尾真治杏奈春町岬に』

杏奈は春待岬に

杏奈は春待岬に

あらすじ

初恋最後の恋。この恋だけは、時空を超えると、信じている――。

春待岬に建つ洋館。そこに住む少女にぼくは恋をした。でも、会えるのは桜の咲いている間だけ。なぜなら彼女は、時の檻の中に閉じ込められているから。彼女を救い出すためには、クロノスを――。オールタイムベスト級の感涙作「美亜へ贈る真珠」から45年。タイムトラベル・ロマンスの帝王が満を持して放つ、究極の恋物語

毎年の桜の季節の約十日間しか現れない女の子。その女の子を救い出すために人生を捧げる男の子。同じくカジシンの『つばき、時跳び』と並ぶ時間ロマンスとの惹句が使われていたが、『つばき』のリリカルな涙を誘う感じとはまた違ったベクトル。女の子のために全人生を捧げる男の悲哀。主人公にしても兄にしても幼馴染にしても、結構キツイ物語だよなー。涙より、心が苦しくなった。

★★★★☆

2016-06-21

[]『ジョーカー・ゲーム』全12話

原作既読スパイの緊迫感とかミステリの構成など、きちんと原作の雰囲気再現されており、大満足。一話完結で非常に見やすく作ってあるのも良い。あと違和感のない声が付いたことで、各スパイキャラクタも原作より見やすくなっていていいねー。

2016-06-19

[]『くまみこ』全12話

ネット上ではメッチャ叩かれてる最終回だったねー。オレは原作は知らんけど、やっぱりシリアスの書き方に違和感はあったかなー。そもそも第一話のゆるいノリでよかったのに。良夫の町おこしへのこだわりが強すぎる&まちの心情無視もなんか気に障るし。まちの都会嫌いも最後に克服するでもなし、田舎に戻るにしてもカタルシスがないねんなー。まあクマのナツが可愛かったから全てよし!!

[]『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 THE LAST SONG』全11話

面白かったー!!昭和アニメ特撮を巧く取り込んでパロディにしてたり、シリアスなヒーロー論と絡めて、重厚アニメになってた。終盤にかけての熱い展開もGOOD!!ただOPとかEDセンスが合わないーwサブカル的なのは世界観に合ってるかもしれんけど、オレああいうのムリなんだよw

2016-06-18

[][]オフで緋色ジュンク堂でオルメス〜異人館観音屋でフォンデュうみねこ堂で緑の星〜モトコーで恐竜

友人さんと神戸で遊んできましたー!!メインは神戸北野異人館英国館で、シャーロック・ホームズの部屋を再現した展示があると聞いて、行くことに!楽しかったよー!!

まずは三ノ宮で集合。オレは阪神電車で来たんだけど、JR三ノ宮駅西口集合場所にした。そして三宮周辺を散策

ブックオフ三宮センター街店にて。

ジュンク堂にて。

まずはブックオフの場所を間違えるという痛恨事!?5階ということは事前に調べてたんだけど、隣のビルの5階に行っちゃってたwwしかしこの周辺、オタク系の店が集中しており、なかなか楽しいところね。日本橋より、集まってて行きやすいかも。そしてブックオフ。「大長編ドラえもん」があるかなーと入店してみたんだけど、ソッチは良いのが無かった。しかしホームズ緋色研究』発見!これからホームズの展示を見に行くのに、吉兆やね!!!新刊も見たくなって、近くにあったジュンク堂にも入った。前から欲しかった、フランスホームズパロディ『ルーフォック・オルメスの冒険』を買う。またもやホームズ今日はもう、ホームズの一日やね!!

三宮を後にして、シティループバスに乗って、神戸北野異人館街へ。

さっそく英国館に入る。ここがメッチャ良かったー!!まずホームズコスプレ衣装がタダで借りれるの!オレもノリノリで着ちゃったよねwwまずは一階。ここは夜はバーとしても営業してるらしく、オシャレなバーカウンターだった。夜も行きたくなるー!一階の格調だけでも満足しかけたが、二階へ。二階は何部屋かあるんだけど、すべてがホームズ!?ホームズのいろいろな話が、各所で再現されてるの!オレもコスプレ写真撮りまくっちゃったねwwとくにベイカー街のホームズ下宿「221B」の扉が再現してあるのは、もう前で写真何枚も撮ったwwあとは「赤毛連盟」の部屋が再現されていたり、「踊る人形」や「探偵七つ道具」が展示してあったり、見所満載!あと一番ビビったのは「まだらの紐」の再現。例のニョロニョロの「紐」が通気口から出てるんだもんww思いっきりネタバレだーッ!!庭に出ると、アリス世界を模した仕掛けがあったり、「告白の樹」があったり、ここも楽しい。見所充分で、大満足でした。

f:id:akito0526:20160619010341j:image:mediumf:id:akito0526:20160619010342j:image:mediumf:id:akito0526:20160618114400j:image:medium

お次は、異人館街のスタバへ。スタバと言っても、ただのスタバにあらず!異人館をそのまま利用したスタバ!メニューは一緒だけど、客席が異人館各部屋!?格調高い雰囲気でゆったりとした時間を楽しめたよ。ただここで問題が。中国人観光客がウルサイの!?しかもヨソのお土産物屋で買ってきたであろうケーキを袋開けて食べはじめたり!?傍若無人で困りますわw

f:id:akito0526:20160618115900j:image:medium

神戸北野の最後は、おみやげ物店へ。英国館の前の英国系のグッズが多いお店だった。友人さんと一緒の、ホームズメタル栞を買った!「KOBE HOLMES」とあるので、ここだけでしか買えないモノだと思う!思い出になった!!

お次は、またシティループバスに乗って、神戸元町へ。しかし南京町中華街は通るだけ。でもスゴイ人人大混雑だったよ!!オレらがランチに選んだのは、観音屋さん。チーズケーキチーズフォンデュのお店。オレがチーズフォンデュ食べたことないとか話してたら、友人さんがオススメしてくれて一緒に行くことになった。チーズフォンデュ初体験だったけど、メッチャおいしかったよー!!コクのあるとろっとろのチーズパンをつけて食べる。熱いんだけど、食べやすかったし、本当に楽しかった&美味しかった!!大満足!!チーズケーキも友人さんが頼んでたんで、一口もらった。甘めのパンケーキ風のチーズケーキの上に、とろりとチーズが乗っていて、甘辛の美味しさ!メッチャよかったー!教えてくれて、ありがとー!!

その後、元町周辺の古本屋さん散策

うみねこ堂書林さんにて。

まずはランチの場所から程近い、うみねこ堂書林さんへ。ここの店主さんはミステリ界隈で有名な方らしい(オレはミステリに疎いんだけど、スイマセン)*1。さすが店主さん、ミステリSFなどマニアックだけど興味惹かれる本たちが、狭い店内にひしめきあっていました!楽しい空間!ファーマーは、前から欲しかったもの。何年も前の四天王寺古本祭りで売ってたけど、高かったので諦めた思い出が。それが150円とお安く棚に並んでました。ラッカーは、シリーズ第二巻『ウェットウェア』は持ってたので、第一巻のコレ欲しかった。しかもオビ付き!ウェットウェアもオビ付で売ってて、欲しかったけど、さすがにここは自重w

お次は「1003」さん。ビルの二階で、打ちっぱなしの壁だったり、かなりオシャレな店だった。棚も、一般小説から趣味の本まで、かなり幅広い。筒井康隆先生の『虚航船団』の初版があったのは、ちょっと欲しかったww函入りのハードカバーで「純文学書き下ろし作品」と銘打たれてることで有名なやつ。さすがに帰り道の荷物が重くなるので、買わなかったけど。

お次は、モトコー(元町高架下商店街)へ。モトコー自体が無くなるかもとのことで、ぜひ行っておきたかった。

モトコーのマルダイ書店さんにて。

完全にジャケ買いwwほかにもモトコーは、服屋だったり古道具屋だったりレコード屋だったり、マニアックな店ばっかりでメッチャ楽しかった。無くなるのはモッタイナイなー。ぜひ保存を。ちなみにモトコーの古本屋では、サンコウ書店さんとツインズ書房さんも覗きました。

お次の古本屋は、花隈駅周辺の「ハニカムブックス」さんと「神戸古書倶楽部」さんへ。ハニカムブックスさんは、古いビルの二階をメッチャかわいく装飾した、絵本雑貨のお店。いい雰囲気だった。豆本ポストカードは欲しかったけど、疲れてたので見ただけで帰っちゃったorz次回行けたらイッパイ買おう。神戸古書倶楽部は、何軒かの古本屋が集まって持ち寄った本を売ってる商店街の中の店舗。かなり広い。古本市のような雰囲気。ただオッサンのたまり場のような感じだけどねwまたそれもいい。ここで『街の博物誌』が格安で売ってたのが驚きだった。疲れてたので、買わなかったけどww

最後に、再び観音屋に戻って、コーヒーを飲みつつ、お話なんかして楽しい時間を過ごして、解散。ほんまに楽しい一日だったー!!神戸を大満喫!!

(追記:帰りの阪神電車甲子園駅で、昼間の阪神戦が終わった客とバッティング電車がイッキに大混雑でモミクチャにorz疲れてるのに、さらに疲れたよ。。。)

*1うみねこ堂書林店主の野村さんは、近畿ミステリ愛好会「畸人郷」の代表であり、神戸横溝正史生誕碑の発起人であり、亜久良人のペンネームミステリ評論も書かれている方、とのことらしいです。

2016-06-16

[][]円居挽『日曜は憧れの国』

日曜は憧れの国 (創元推理文庫)

日曜は憧れの国 (創元推理文庫)

あらすじ

内気な中学二年生・千鶴は、母親の言いつけで四谷カルチャーセンターの講座を受けることになる。退屈な日常が変わることを期待して料理教室に向かうと、明るく子供っぽい桃、ちゃっかりして現金な真紀、堅物な優等生の公子と出会う。四人は偶然にも同じ班となり、性格の違いからぎくしゃくしつつも、調理を進めていく。ところが、教室内で盗難事件が発生。顛末に納得がいかなかった四人は、真相推理することに。性格も学校もばらばらな四人が、カルチャーセンターで遭遇する様々な事件の謎に挑む! 気鋭の著者が贈る、校外活動青春ミステリ

円居挽って、特殊法廷&変則推理バトルと違う、王道も書けるんやねw 創元推理文庫ということで、王道日常の謎ミステリカルチャーセンターのお試しチケットで出会った四人の女子中学生。それぞれが全く違った性格で、それぞれに美点と欠点を持ってるんだけど、それぞれが性格に思い悩む。連作短篇で、それぞれの話でそれぞれの子が活躍し、美点を見つけて自分確立していく。繊細な心の動きと、それにスポットを当てていく構成も巧い。やっぱり円居挽はいいね!!

★★★★★

f:id:akito0526:20160524175500j:image:w360

2016-06-14

[]藤子・F・不二雄大長編ドラえもん のび太の竜の騎士』

地底世界恐竜騎士団が、というお話。タイムマシン恐竜時代にも飛んで、恐竜絶滅の謎をからめて、伏線もしっかり回収して、見事なタイムマシンSFになっている!センスオブワンダーに感動!!ただしかし、地底世界へ行くための「ひみつ道具」の異次元マンホールみたいなのが途中で破壊されて地底世界に行けなくなるんだけど、これって「タイム風呂敷」とかで簡単復元できたんじゃないか、と無粋なツッコミを入れたくもなったりw

[]オフで先輩

羽倉崎ブックオフにて。

全部100円棚より。大長編ドラえもんがあったので、また買っちゃった!『竜の騎士』『創世日記』『銀河超特急』の三冊、ぜんぶ未見。『竜の騎士』は、世代的にはドンピシャなんだけど、未見だなー。ひとつ次の『日本誕生』はリアルタイムで見たけど、それ以前はレンタルだった。だけど『竜の騎士』はエアポケットだった。『創世日記』と『銀河超特急』は、世代的に中学生以上になってて、もうアニメ映画とか卒業してたし。楽しみだー!!あとモリナツ先生は、チョットえっちい笑える小説モリナツ先生の書くSFも好きなんだけど、これは百合小説らしい。