くじら座タウ星系発、X’masロケットに飛び乗れ!

2017-03-25

[][]ハーラン・エリスン『死の鳥』

あらすじ

25万年の眠りののち、病み衰えた惑星地球〉によみがえった男の数奇な運命を描き、ヒューゴー賞ローカス賞に輝いた表題作「死の鳥」、コンピュータ内部に閉じこめられた男女の驚異の物語――「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」、初期の代表作「「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった」など、半世紀にわたり、アメリカSF界に君臨するレジェンドの、代表作10篇を収録した日本オリジナル傑作選。

エリスンセカチューの表題作だけ読んで意味不明だったので敬遠していたが、今回年間ベスト1を獲ったので積読から急いで取り出した。面白かった!どれも疾走感と暗い情熱を感じる筆致で強烈!どれも傑作だが「チクタクマン」のディストピア「おれには口がない」のシンギュラリティ漂流中」の内宇宙ジェフティ」のノスタルジー、あたりが鮮烈な印象に残った!!

★★★★★

f:id:akito0526:20161229173300j:image:w360

2017-03-24

[]『昭和元禄落語心中 ―助六再び篇―』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『セイレン』全12話

(感想鋭意制作中)

[]『うらら迷路帖』全12話

(感想鋭意制作中)

2017-03-23

[]『政宗くんのリベンジ』全12話

(感想鋭意制作中)

2017-03-17

[][]ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル『インフェルノSF地獄篇―』

あらすじ

SF作家大会宴会で、ホテルの窓に腰をかけ酒をひと壜飲みほす賭をして、地上八階から落ちて死んだ作家、それがわたしだ。そう、わたしは死んだはずだった……その死んだはずのわたしが目ざめたのは、荒涼とした原野のまんなかだった。男がひとりそばにいた。ここは地獄玄関口だとその男はいう。かくして、この男を案内者に地獄めぐりの旅をはじめたわたしを待っていたのは、まさにダンテ地獄篇そのままの想像を絶した残酷絵図の世界だった!ニーヴン、パーネルの気鋭コンビがはなつSF地獄篇!

SF作家がヒョンなことから地獄に落ちる話。地獄ダンテ神曲地獄篇と同じ地獄だったのだが、自分が死んだことを認められずに、遠未来地獄ランドに飛ばされたと信じ込んでいる姿が滑稽で面白い。不死身(死んでるから)だったり悪魔だったりをSF解釈で納得させようとしたり。地獄の案内人のベニトの意外性も面白かった。まさかアノ人が!?途中でヴォネガットの墓があって、さりげなくヴォネガットへの皮肉も織り交ぜてたり、小ネタ満載の読み応えのある地獄でした!

★★★★☆

2017-03-15

[]『この素晴らしい世界に祝福を!2』全10話

(感想鋭意制作中)

2017-03-10

[]青春アドベンチャーつばき、時跳び」全10話

原作が大好きだから、毎日ラジオの前で正座待機して聴きました!先週と今週の月〜金の夜10:45〜の15分間。原作小説も泣けるタイムトラベルとして名作なんだけど、ラジオドラマも最高の出来だった!!百椿庵の椿の咲き乱れる様子も完璧に想像できたし。幕末少女つばきさんも、可憐想像通りの声だった。子役で有名で今も女優の美山加恋ちゃん、声の仕事いいねー!!手紙の場面はラジオ用にちょっと改変されてたのかな?気にならないレベルだけど。もう美術館のシーンとか、やっぱり泣きそうになったよ(小説の時は完全に泣いてたw)。本当に名作の泣けるSFだ!!舞台化は過去にされたみたいだから、次はドラマだな!?

2017-03-06

[]オフでランチ

羽倉崎ブックオフにて。

やっぱり大長編ドラえもんが入荷されてないか確かめるために行ってしまった。ドラはなかったけど、コレを百円棚より。さらっと読めて元気になれる系だから、叔母に貸す用だなー!!

2017-03-03

[][][]『ドラえもん 新・のび太の日本誕生

テレビで放映されてて、懐かしいので見てしまった。わさびドラえもんは、はじめて見たよw!違和感バリバリだったけど、まあ慣れてはきた。日本誕生小学生のころに見て本当に想い出の作品だから。それを上手くリメイクしているなーと感じた。よかった。ただ最後のタイムパトロールが助けに来てくれる理由が、ドラミが通報したからって改変されてた。旧版では、吹雪の中で呼び出しスイッチを渡してくれるんだったっけ。ドラミ解決ポイントになるのは『魔界大冒険』もそうだし、ドラミが出てくるとデウス・エクス・マキナになりすぎるんだよなー。まあこれからももっとリメイクはして欲しいな。F先生の名作をどんどん復活させて欲しい!!

2017-02-28

[]オフで美学

羽倉崎ブックオフにて。

2月までの一割引チケットがあったので、使いに行ってきた。全部百円棚より。乙野は、二冊が対になって発売した平行世界モノのSFラノベ?もう一冊も売ってたけど、百円じゃなかったので様子見。森は、クリスティ賞受賞作。気になっていたシリーズ。同じ作者が書いたラノベ奥の細道オブザデッド』も持ってたりするw 甘ブリは、スピンオフ。デュラララは、バッカーノを集めだして、発売順でいくと次はこの本だったので、このシリーズも集めることにした。

あと大長編ドラえもんの『日本誕生』『ドラビアンナイト』が売ってたけど、初版だったけど、背がメッチャ焼けてたので回避した。欲しかったー。ドラゾンビ様〜w

2017-02-27

[]宮でビブリア最終巻

最寄の宮脇書店にて。

ビブリア古書堂の最終巻。きのう難波で買おうかと思ったけど、地元本屋に貢献するために今日地元で買った。最終巻とは寂しいけど見届けます!!