Hatena::ブログ(Diary)

秋津の読書記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-29

必要なのは1万語句

| 必要なのは1万語句を含むブックマーク

「事物の関係性を見つけ出す」について

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

英語は1万語句で新聞の92%をカバーしている(だっけ?)で、意外と主語が違っても形容詞や述語は共通で文が成り立つ。

すなわち共通点がある。

私は先輩に語句の使い方がおかしい、と言われるのだが、言葉の意味を厳密に使うのが苦手である。

言葉をイメージ処理していて、焦点が当たるイメージだけではなく、その連想した言葉の意味で使うときもある。

人を動かす言葉は苦手なのであるが、共通点は見つけやすい。

神は存在するか? 信じられるか? という問いより、ああ、これが自分の限界だから、あとは、神様でも信じるかぁ、くらいな感じなんだけど。

https://twitter.com/finalvent/status/545737209194618880

私にとって神様は、納得できないものを納得させるために存在する最終兵器、納得装置である。

http://d.hatena.ne.jp/akizu/20081214/t

の共通点は、人事を尽くした最後は神に頼る点で同じだと思ったのだが、

神を頼りにしていると言ったって、肯定感を持っているのと、道具として利用するニュアンスは違うかもしれない。

こういうの厳密に使う人と、いい加減な人が居て、私は後者なのであった。