ディープ素人 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-26 ミッドナイト・ジャンクション(またの名を「胡蝶’sラダー」) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

まだ夜明け前の暗い中、男がただじっと半身を起こしたまま動かない。

隣には半裸の女性がシーツの中で静かに寝息を立てていた。

やがて夜風がシーツをたなびかせるが、それでも男は動かずに居た。

その気配を感じ取ったのか、女は目を覚ました。

「・・・どうしたの、こんな夜中に・・・?」

男は振り返りもしない。

「夢を見たんだ・・・」

長い沈黙の後、男はそう応じた。

「夢?」

「ああ、恐ろしい夢だった・・・。夢の中で、俺はどうしようもなく無力で自信もなく、それでいて何かをやり遂げようという意思の力もなく、ただただ不安で寂しくて、金も無く、仕事もなく、恋人はもちろん、友達さえ一人もいなくて、あまりの孤独に耐えかねて、ネットでわめき散らしても、スターもつかず、ブクマもつかず、誰からも顧みられることもないブログを書き続けているんだ・・・やがて不安と寂しさと孤独の恐ろしさから身を引き裂かれるような痛みに心を貫かれた俺は、あまりの痛みに狂ったようになって周りの人間を傷つけることしかできなくて、母を殺し、父を殺し、妹を殺し、兄を殺し、それでも恐怖と不安と孤独感は消されるどころかますます大きくなるばかりで、どうしていいかわからない俺はやみくもに手にした刃を振りかざして、その場に居た全く関係の無い無辜の人々まで殺し、傷つけてしまうんだ・・・

そして、そのぬらぬらと血にぬれたまま、闇の中をかけめぐった俺はどうしようもない孤独感と罪悪感と寂しさと己の弱さに対する情けなさ、悲しさに耐えられなくなって闇の中で叫び続けるんだ・・・でも、どんなに叫び続けても・・・喉から血が迸るほど叫び続けても誰もそこには居なくて、俺を捕まえようとも、ましてや俺に声をかけたり、肩に手を置いてくれる人間も居ないんだ・・・ただ俺は けもののように誰も居ない闇の中をずっとずっと叫び続けているんだ・・・」

女は身を起こし、男のわずかに震えている背中に手を置いた。

「ただの夢よ・・・忘れなさい。あなたはそんな事をする人じゃないんだもの・・。」

男はさっきまで叫び続けていたような掠れた声で応える。

「サラ・・・俺は恐ろしい・・・お前まで失くしてしまったら・・・俺は・・・。」

「・・・どんなに悲しいことが、どんなに恐ろしいことが起きてもそれを進んで受け入れなさい・・・。」

男は女のほうを振り返る。

「どんなにつらい事でも他人のせいにしたりせず、それをよしとして受け入れなさい。あなたが負けたとか失敗したと感じた時でも意地を張らずにそれを認めてしまうの。」

やがて男は女にもたれかかる。

「あなたの価値はマッチョだとかウィンプなどとはもっと別のところにある事を・・・私が一番よく知ってるわ・・・」

男は女の胸の中で静かに泣き始めた・・・。

              :

              :

「状況は!」

「大家が独り暮らしの患者に、家賃の催促をしに行った際、下半身裸のまま倒れていたそうです。すでに心肺停止状態だったそうです!」

「ウロニーによる心臓発作ってとこだな・・・、で、血圧は?」

「下がり続けています、回復しません!」

「よし、じゃぁ除細動器を40ジュールにあげて!・・・せぇの!・・脈拍は?」

「まだです!」

「くそっ、60ジュールにあげてもう一度・・」

「やめたまえ、我々はもうすべて手を尽くしたんだ」

「だが、しかし・・・!」

「もう回復の見込める時間は過ぎてるんだ。心肺停止から10分以上経っているんだぞ?脳に回復不能なダメージを与えるには充分過ぎる時間だ・・瞳孔は?」

「反応ありません」

「ではターレン医師、確認を。」

「・・・午前3時17分、患者氏名 義那 吾佳、死亡確認・・・!」

2007-09-09

菅野美穂のルックスについて考える 菅野美穂のルックスについて考えるを含むブックマーク 菅野美穂のルックスについて考えるのブックマークコメント

電車内でふと見上げると、何の広告だったか覚えていないが吊り広告に菅野美穂のアップが用いられているモノがあった。

広告に用いられるくらいなのだから通常であれば、広告を見たモノに強い印象、できればそれもポジティブな感情を想起させることが広告というものの代表的な役割かと考えるのだが、その”モノ”はそのような機能を既に逸脱しているように思われた。それは他でもなく菅野美穂の顔自体にである。

普段、我々が人の顔を見る時、

想起される感情というものは大概においてある程度なじみのある言葉や想念に変換できるものだ。

それは「カワイイ」であったり、「美しい」であったり、はたまた「キモ・・・」であったりするわけだが、

広告という媒体を通しての芸能人などは過度にこのようなありきたりな概念に集約されることをむしろ狙っている場合が多い。

もちろん、その殆どはポジティブなものだが、中には強い印象を観た者に残すため敢えて一部の鑑賞者が「不快」に思えるようなイメージをモデルにかぶせて広告のなかに織り交ぜることがある。

だが、しかし、菅野美穂の場合は違うのだ。

これは広告を作成した者の意図を遥かに凌駕した「ナニか」が菅野美穂のルックスには潜んでいるようにしか私には思えないのだ・・

昼の顔、夜の貌

人の顔というものは主に大きくわけて二つあると思うのだ。言うなれば昼の顔と夜の貌があり、その二つを我々は何気なしに読み取って自分のうちに収めていると思うのだ。このうち昼の顔とも言える部分はっはきりとした意識の俎上に乗せられ、その人物に対する我々の姿勢が決定されていく。

「かわいい」「うつくしい」「キレイだな」と思えば、そこにはプラスフィードバックが働き、「キモいなぁ」「ぶっさいくやなぁ」「う・・怖い」だったりするとそこにはもちろんネガティブなチカラが働くだろう。しかし果たして人の顔とはそのような表層的なものだろうか?

私はそこにもうひとつの「夜の貌」があると思うのだ。

2007-08-21

シモノ怪 - 「出禁」 シモノ怪 - 「出禁」を含むブックマーク シモノ怪 - 「出禁」のブックマークコメント

男「あんた、いったいどんな技が得意なんだい?」

女「・・・どなたですか?」

男「いや、なに、ただのお客ですよ」

女「おかしいじゃないですか?店長呼びます」

男「・・・」

女「だって、ゆうゆうと世間話する客なんて・・・」

男「まぁまぁ、どうせ、あなた・・・仕事なんでしょ?」

女「ご存知でしたか・・・」

男「え?・・・いや、まぁね、夕刊フジあたりでは有名ですからね」

女「そうですか、夕刊フジでそのような扱いですか・・・」

男「・・・それにしても、派手にやったもんですね、東京ドームで1000人相手に」

女「違いますけど」

男「あれ、おかしいな?じゃぁ、チアガール姿でブリッジしながら」

女「違いますけど」

男「違いますか、じゃぁアレだ、テーブルマナーを指導されつつ、前から後ろから」

女「違いますけど・・・!」

男「これも違いますか、あぁ、思い出した、全裸でバレーボールを」

女「だから違います!」

男「これも違いますか・・・じゃぁ黒人とラブラドールレトリバーとで」

女「いい加減にしてください!」

男「じゃぁ、どんなんでしたっけ?」

女「・・・忘れました」

男「ほう、そうですか、忘れましたか、まぁ情報誌なんてものは尾ひれ背びれドルフィンキックで鈴木大地ですからね」

女「ワケがわかりません」

男「まぁまぁ、どうゆープレイかは問題じゃない。左じゅんやに右しなもん、真ん中モッコリ木曜日・・ってね」

女「ワケがわかりません」

男「いや、まぁ、昼間のパパはちょっと違う、夜のパパはもっと違う、体の一部がね・・ってことです」

女「・・・」

<ヴィーン・・ヴィーン・・ヴィーン・・>

女「なんです?それ」

男「マッサージ器です」

女「マッサージ器・・・」

男「かなり強めのね・・・まぁ、お気になさらずに・・・ただの仕事道具ですから。

・・・ところで、もっともらしい体験談も、顔写真もなく、あるのはメイキという噂だけ。肝心のところは曖昧だ。実はね、お蝶さん、あたしはね、お蝶さんはひとりだけじゃないと思っているん・・・ですよ」

女「何を言っているんです?この店でお蝶は私ひとりですけど?」

男「ほう?・・・しかし、あなた・ほら、あるでしょ?その、人には職業ごとに纏わねばならない空気とか顔というものが。日毎違うお客を相手する者が纏っている後ろめたさが感じられない・・・ということですよ。」

女「着物はすっかりシースルーですけど?」

男「ま、それはここのお仕着せですから。なりはともかく、顔ですよ、私が言いたいのはまるで別人だ、店の入り口の写真と実物が」

女「何を仰るんです?普段の私の顔も知らないで・・・あなた、何者です?」

店長「ふーーーーーーっ、お前、何者だ」

女「店長、この人、変なんです」

男「ん?」

店長「お前、何者だ、答えよ、どこで紹介された・・・?」

男「なに、ただのお客ですよ、おっとここではただの変態か・・・」

店長「なぜここにいる?どこの紹介所で聞いた?どこでここを知った?答えよ」

男「よくしゃべる。初めてですよ、ここまで客にタメ口をきくオーナーと出会ったのは」

女「バカなことを言わないで下さい。普段の店長は紳士なんです。店長休憩入りま〜す、ちょ、何を、何をなさいます、ちょ、ま、放してください、ちょ、やめ、いきなり・・・!、・・・な、生・・・!?」

男「中で出したいと思えば『生』となり、出されたくないと思えば『ゴム』となる!」

店長「お客さん、ウチは生尺も本番もやってないんです・・・」

男「ではお聞かせ願おう!そなたの真と理の店の名前を・・・!!」

店長「・・・イメージ倶楽部「座敷牢」・・・ですが?」

男「あ、店 間違えた・・・」

2007-08-18

シモノ怪 - 「死ね神」 シモノ怪 - 「死ね神」を含むブックマーク シモノ怪 - 「死ね神」のブックマークコメント

シーン1-4

男「いえ、なに・・・その・・・シモの匂いが致しまして、ね」

侍A「ここはお前のようなアヤシイ者の来るような所ではない。早々に立ち去れい!」

男「しかし、その、そこが藩主の・・谷 嘉平様は夜毎『死ね神』に祟られていると・・・聞きまして・・ね?」

侍A「どこでそのような事を・・・!」

侍B「いや、待て。おぬし、聞けばSOHOを営んでいるとな?」

男「はい・・・主にソーシャルブクマを・・切り売りする商いをさせて頂く・・・流れのブクマ売りでごさいます・・・ですよ」

シーン2-1

修験者「既に身共が谷様のお守り役を仰せつかって居りますゆえ、このような怪しきブクマ売りなぞ・・・」

侍C「まぁ良い。正体わからぬ相手ゆえ、お守役が多くて困ることはござらん」

修験者「しかし・・・」

男「なぁに・・・わたくしめは・・・笑 舞人さまの呪法をお手伝いするだけのこと・・・」

そこへ谷嘉平登場

侍一同「これはこれは谷様、ご機嫌うるわs」

谷「何がご機嫌じゃ、ここ数日眠っておらぬわ!・・・ん?なんじゃ、こやつ等は?」

侍B「まことに勝手ながら、ここに集めましたるは谷様を例の・・・ウホン・・・からお守りする者どもで御座います」

修験者「これはお初にお目に仕りまする、恐れながら比叡はてな本山にて世のあまねくネガコメ、イナゴのアヤカシから世俗を守るべく、ライフ八苦たるブクマタグ呪法を極めし身共は笑 舞人と申しまする。身共は天地人、この世は全てたった幾らかのタグの組み合わせにてあらわすことg」

<スパン>(襖の音)

シーン切り替えカット

シーン4-4

谷「この音じゃぁ、この音がワシを苦しめるのじゃぁ!!」

修験者「恐れながら谷様、これは虚空タグというもの。姿見えなきプラベモードの亡者どもの勝手付けたるタグにておそるるに足らぬもので」

谷「害があるかどーかではない!この音こそがワシを・・あああああ!!」

どこからともなく、大勢の者たちの音声(おんじょう)

<肉屋の包丁>・・・<留保なき生の肯定を>・・<これはひどい>・・<これはひどい>

侍A「お、おまえら、口上はよい!早ようこのアヤカシどもを」

男「・・・これは・・・アヤカシでは・・・ござらぬ・・・」

侍C「何?おぬし、今なんと?」

男「アヤカシとはネットの海たるこの世界にて、それこそ八百万の神々のごとく溢れたる、塵芥のごときネットサービスのひとつに過ぎませぬ。しかし・・・シモノ怪は・・・違う・・・!」

谷「何?シモノ怪とな?」

シーン5-3

破天武の剣の柄頭の歯がカチカチと鳴り響く

谷「こ、このぉおおお!無断リンクの化け物どもめぇえええ!!おぬし!!何をしておる?ん、なんじゃそれは?」

屋敷の中にて荒れ狂うネガコメやイナゴたち

耳を劈くような大音声にて繰り返される、或る言葉

<死ねばいいのに>・・・<死ねばいいのに>・・・<死ねばいいのに>・・・

次々と刀を抜くも斃れてゆくお側つきの侍たち、とうに白目を剥いている修験者の笑 舞人

男「お聞かせ願おう、これだけの炎上をもたらした、そもそもの真と理を!」

谷「何をゆーておる、貴様は!?・・・わ、わしは、ここでしがない己が生活をブログにて書き記しておるだけ。このような咎を受ける覚えなどないわ!!」

男「シモノ怪とは・・・本来、人の為たるネットサービスと人の怨念が結びつきモノ・・・ゆえに・・必ずや形あるところに真と理があるハズ・・・!!」

谷、苦悶の表情

谷「・・・ぐッ」

6-1

突如、禍々しく輝いていたブログパーツが粉々に砕け散る

昏倒していた侍Cが目覚め、その有様に気づく

侍C「こ、これは・・・谷様のご同輩から謙譲されたブログパーツとあふぃりえいと・・・ま、まさか!?」

男「ここに真を得たり・・・!すべては人々の心の闇を引き出すように配置されたサイドバーがそもそもの根源。しかし、そのサイドバーをデザインした彼の人はいずこに?」

侍C「そ、それは・・・」

砕け散っていたブログパーツが徐々に再生し始める

谷「ぉおお、退治したのではなかったのか!?」

しかし、その問いかけに男は答えない

男「・・・して、この厄災を呼び寄せた、その理を知る人は・・・どこへ?」

侍C「そ、それは・・・谷様・・・?」

恐る恐る、伺うように谷を見遣る侍C

谷、がっくりと肩を落とし、諦観の表情

谷「もうよい、話してもよいじゃろう・・・そう、このサイドバーをデザインしてくれたアヤツとワシはかつて同じ部署で働いていたSEであった」

→シーン6-2にて回想シーン

6-3

修験者「では、言わば・・・谷様が・・・その件の者を陥れたと・・・?」

谷「そう、アヤツからはそう見えただろうな」

再び回想シーン

事務机の数センチ上に靴下を履いた足が浮いている

侍C「そ、そのような、既に死んだ者からメールなぞ・・・」

<バシン!>大鎌が戸を打ち破る音。

修験者「何!俺の.htaccessが効かないだと!?」

打ち破られた戸の隙間の暗闇から赤い無数の輝き

修験者「もはや、これまでか・・・」

男「最後に聞こう。妄念に駆られし同輩の、その駆使たるその言語とは・・・?」

谷「・・・Perlじゃ・・・」

柄頭が歯を剥く。

男「しかとその理、承った!!」

<カチン!>

柄頭「ブ・ク・マ・ナ・ァーーーー・ツッ!!」

エピローグ

侍C「お主には世話になったが、今の我々にはこれしか礼のしようがないのじゃ」

男「なぁに、また・・・しがないブクマ商いにて日銭を稼ぎますよ」

侍C「す、すまない・・・」

修験者「ところでおぬし、ブクマ売りなどと申して居るが、その実、スパマーなのだろう?」

男「フッ・・・何を仰るやら・・わたくしめの仕事は・・・ただのSOHO・・・ですよ♪」

階段の怪談 階段の怪談を含むブックマーク 階段の怪談のブックマークコメント

そーですねー、あれは今さっき起こった話なんですがね

やれ気の合ったモン同士で吸血鬼の住むっていう噂のある館に行って、吸血鬼を退治してやろうぜって

盛り上がってしまいましてねぇ・・・

でもって、仲間同士であーでもねぇーこーでもねーと言い合いながら勝利し続けてきたんですがね、ええ

どーもやーな予感がするんだぁコレが。

おかしいなぁ、俺疲れてるのかなぁ(出血量が多すぎて)

なんて思いながらふぅっと視線を上に向けると

なんとそこにその吸血鬼がいるじゃないですか

アタシゃそれ見た途端ドキィッとしましたがね、

妹のことを思うとここで逃げちゃいけない!と思ってソイツに向かって階段を登ったんですよ、ハイ

したらば、これがおかしい。

何がおかしいって、わかります?

ソイツは階段を上がりきったところに居るんですよ。

んだけどね、階段を登っているのにいっこうにソイツのところに辿り着かない。

そんなワケないんだ。幻覚を見せるスタンドももう居ない。

やたら長い階段でもない。なのに辿り着かない。

だからしょうがない、アタシもね、気が短いもんだから

エイやッ!

と駆け上ったんですがね

いつのまにやら、後ろを向いて階段を降りていたんですね、ええ

だって、オカシイじゃないですか?

こっちは確実に登ってるつもりなのに降りている。

ここのお客さんもアタシが何を言ってるかわからないかも知れませんがねぇ

断じて超スピードとか催眠術の類のモンじゃぁないですよ、ありゃあ・・・

もっとナニか、恐ろしいモンなんでしょうねぇ・・・きっと・・・。

そんなありのままのお話です。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       

→関連:稲川淳二のあなたの知らないラピュタ - ディープ素人

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akogina/20070818

2007-08-16

百リア充物語 百リア充物語を含むブックマーク 百リア充物語のブックマークコメント

いやぁネットでシコシコとブログなんて書いてばかりいると、どうも鬱憤が溜まっていくような感じがして、

どうだい?一度、好きモノ同士の非リア充の奴らを集めて、一人一人のリア充の解釈を披露し合おうじゃないかっていう話になりまして、集まったんですよ、非リア充同士でね、ええ。

こんな時、たいがいロクでもないことが考え付く奴が居ましてね、

おう、知ってるかい?何がよ?こーゆー噂を。だからなんだい?

リア充の解釈が百に達したとき、そこに居た非リア充は皆リア充になれんるんだって。

よせやい、そんなワケねぇじゃねぇか、なぁんてその場では笑い飛ばしたんですがね、

あとになってコレが気になってくるんだ。

まぁそんなかんなで皆であーでもねぇこーでもねぇって

リア充に関して言い合ってたんですよ

やれ動物以外と話せばリア充だの、コンビニで店員と話しただけでもリア充だの、SNSに招待された時点でリア充だの、家から出た時点でリア充だの、みんなどこまでリア充定義できるか面白がって自分のリア充解釈を話してたんですね、ええ。

やがてリア充の解釈も百に届こうって時に、ある非リア充メンバーがこーゆーうんですよ

おい、なんかおかしくないかい?って

何が?

って聞いてみたら、

いやな、俺たちって25人だろ?

ああ、そうだよって。

だけど、オレ、3回しかリア充バナシしてねぇよ

ってソイツが言うんです。

んなわけないだろって、ログを見てみたんだけど確かにソイツは3回しかリア充バナシをしてない

おかしー事もあるもんだなぁってお互い言い合ってたら、奇特な奴が居ましてね、まぁ仮にカノセって呼んでおきますが

ソイツがね、オレがみんなのリア充発言記録してるよって言うんですよ。

そいじゃあってんで、こうリア充バナシをみんなでもう一回見直してたんだ。

したらば、見慣れないIDがあるんだなぁ、コレが。

ん?と思ってソイツの発言を読んでみたらば

「そー言えば、大磯ロングビーチに彼女と一緒に行った時・・・」

ってその場に居た非リア充メンバーからは絶対出てこないフレーズがありましてね、

あたしゃソレ見た途端、すぅ〜っとルサンチマンでいっぱいになりましてね

気がついたら徹夜でエロ画描いてましたよ・・・

そんな侘しいお話です・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akogina/20070816

2007-08-15

わけいっても新百合ヶ丘 わけいっても新百合ヶ丘を含むブックマーク わけいっても新百合ヶ丘のブックマークコメント

よく電車なんかに乗ってると、座席でうつらうつらしてる人がいたりして、その人が急にガバっと起きて、周り見回して、降りるべきか降りないべきか迷ってる場面をよく見かけるんですけど、そーゆー人が立ってる自分のまん前に座ってた場合、

「こは〇〇駅ですよ」

とかおせっかいとわかりながらもつい声かけたくなってしまうことがある。

まぁ親切っちゅうより、その人がその駅で降りてくれたほうが自分が座れるからね。

この前も新百合ヶ丘でオレの目の前の座席で眠ってた人が同じように目覚めた途端、キョロキョロしていたので

「あのぉ、ここ新百合ヶ丘ですよ」

と教えてあげたら、

「え、あ、新百合?」

「だから、ここ新百合ですよ」

「ああぁ新百合かぁ、じゃぁまだ・・」

「はは、残念、今新百合ヶ丘だと思ったでしょ、ところがどっこい実は新百合ヶ丘なんですよ」

「へっ?」

「なぁんてね、ホントは新百合ヶ丘なんですけどね」

「え、でもてっきり新百合ヶ丘だとばかりに・・・」

「いやぁなに、ホントのホントはここ、実は新百合ヶ丘なんですよ」

「いや、でもさっき新百合ヶ丘だって」

「だからあなたが新百合ヶ丘だと思ってた場所は実は新百合ヶ丘だったんですよ」

「ええぇまさかぁ、そんな新百合ヶ丘だなんて!」

「そう思うのも仕方ないですが、新百合ヶ丘は新百合ヶ丘なんです」

「としたら、さっきまで僕が新百合ヶ丘だと思ってたところは・・・」

「そう!まさにそこが新百合ヶ丘なんですよ」

「え、でもそーしたら今いるところは」

「もちろん新百合ヶ丘。」

「てことはこの次も・・・」

「やっぱり新百合ヶ丘」

「じゃぁ・・・」

「そう、そのとおり!新百合ヶ丘」

「でも、おかしいじゃない。そんなに新百合ヶ丘なわけ・・・」

「そこがわかりにくところでね、みんながみんな新百合ヶ丘だと思ってるけどね、その実、実際は新百合ヶ丘なんだよ」

「えー、だとしたら新百合ヶ丘は」

「そう!人の数だけ新百合ヶ丘」

「新百合ヶ丘は僕だけのものじゃなかったんだ!」

「そうなんだよ、人それぞれが新百合ヶ丘だと思う場所が新百合ヶ丘なんだよ」

「ということは宇宙はどこまでも・・・」

「いや、宇宙そのものが新百合ヶ丘なんだ」

「じゃ今まで新百合ヶ丘の中に居たと思ってたところは」

「そうまさに新百合ヶ丘だったんだ!」

「え、じゃぁここも、あそこも?」

「もちろん新百合ヶ丘。それに実はあなたも僕も新百合ヶ丘なんだ」

「え、僕が?新百合ヶ丘??」

「あらゆる新百合ヶ丘が新百合ヶ丘なんだよ、その証拠に」

(18+)

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akogina/20070815

2007-08-13

恥丘少女アコギュナ 恥丘少女アコギュナを含むブックマーク 恥丘少女アコギュナのブックマークコメント

「エントリの内容なんて人それぞれ感じ方が違うのに同じようなブ米ばかりが並ぶ。何故だ?」

「みんなの意見に従ったほうが楽やから・・・?」

「ネガティブな感情ばかり垂れ流すのに、いまだに痛いニュースが持て囃される。何故だ?」

「誰かを蔑んだり、憎んだりしていたほうがココロが楽やから?」

「コピペまがいのまとめ記事に100も200もブクマがつく。何故だ?」

「とりあえずブクマしとけば楽やから?」

「プライベートモードの日記のブクマタイトルがちゃんと修正されてないのに、みんな放置している。何故だ?」

「誰かが直してくれると期待してるほうが楽やから?」

「ブ米でIDで問いかければいいものを、矢印で問いかけるのは何故だ?」

「IDをいちいち書くより楽やから?」

「わざわざ複垢のプライベートモードでネガティブブクマするのは何故だ?」

「そのほうが気兼ねなく人を貶めることが出来て楽やから?」

「メタブクマを繰り返して優越感ゲームを続けるのは何故だ?」

「自分が誰かより優れているという気持ちは楽やから?」

「はてなスターで星を付けるだけで済むようなエントリをわざわざブクマする。何故だ?」

「誰かと感情を共有してるようで気が楽やから?」

「人が好き好むモノに対して、とやかくクチを挟みたくなるのは何故だ?」

「自分と人とは違うんだという安心感があると生きていくのが楽やから?」

「エントリのオチにしなもんを持ってくるシナ千代。何故だ?」

「小難しいオチを考えるより簡単にはてなユーザのリアクションが得られて楽やから?」

「50%の完成度でサービスを世に出す。何故だ?」

「サービスがユーザに合わせるのではなく、ユーザがサービスに合わせて変容してくれるので、提供する側としてはスゴク楽やから?」

「このエントリにはオチがない。何故だ?」

「え・・っと、そのほうが楽やから?」

「・・・。」

ウンコーヽ( ・∀・)ノ●

[安易なシモネタ楽やから]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akogina/20070813