あきこま日記 このページをアンテナに追加 Twitter

2017/05/03

iPhoneにした

機種変更してようやくスマホになったよ!結局、格安スマホではなくYmobileで継続にした。iPhone5Sという古いの。今もう7まで出てるらしいけど。小さいからこれでいいわ。

iCloudのアカウント取得ですごくはまって、結局appleサポートさんに電話で教えてもらった。サポートつながりやすくて根気強くて助かった。

iCloudのアカウントに何を設定しようとしても「AppleIDが無効です」って言われて、もう誰かが使っているメールアドレスなのかな?といろいろ試したんだけど、サポートさんが教えてくれたところによると、今入っているiOSの不具合で、iCloudアカウントは何を入れても「無効です」になる状態で、アップデートすれば治るけど、アップデートするためのiCloudアカウントが取れないということみたい。ひどい。

結局iCloudのメールアドレスではなくて別のメールアドレスで、しかも設定>iCloudの画面からではなく、わざわざAppStoreからAppleIDの登録画面を出したうえで登録という回りくどいことをして、ようやっと進められた。

ミラクルニキというアプリがすごくやってみたくて、即インストールしたけど、ちょっと画風や世界観が趣味に合わないのと、コーデを採点されるというのも気が乗らないので、まあポチポチと。やっぱりプーペガールは良かった。
D

あとヘイデイも入れた。農園チュートリアルから始めるのつらい。
D

Lineやってみたい!でも対話相手がいない。スタンプで会話とかやりたいわ〜。猫は全然好きじゃないけど、ねこあつめもやってみたい。

林檎ひで林檎ひで 2017/05/30 00:04 ついにiPhone使いになられましたようで、宜しゅうございました。小生はiPad4枚、iPod2枚持ってますが、iPhoneは一枚も持っておりません。どれくらい便利か色々お試しになりましたらお教えください。落とすと激しく割れると言われておりますので、どうかお大事に。

次の研連上映会は6月25日の日曜、場所は恒例の太田区民会館だとか伺いました。品川に近く、新幹線の最終で帰れるのが有難いことです。

akomaakoma 2017/06/26 01:26 iPad4枚ってすごいですね...。iPhoneはtwitterとヘイデイとミラクルニキで永久に時間が吸い込まれる感じで恐ろしいです。でもシムシティも入れたい...。
通信と一体化しているのは便利でどこででも使ってしまいます。

研連上映会はいかがでしたでしょうか。遠方からだと大田区は便利なのですね。

2017/04/16

[]きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち

D
昨年の9月頃に子供がYouTubeで英語版を見つけてずっと再生していて、日本語まだー?とずっと言われていて、ようやく4/8から日本で公開開始!となったので、朝1の回で行ってきた。公開初日朝1ってどんだけ熱心なのかと。そういうトーマス好きのお子様で混んでいるかと思ったけど、8:40からでわりと早めだったので空いてた。

ゴードンのシューティングスターの歌とか、英語で覚えるぐらいに再生していたし、だいたい何が起きているかも把握していたけど、通しで見たのは初めてなので、ようやく全貌がわかった。
D

ソドー島の鉄道網の立派さにはいつもいつも驚くけど、世界大会が開催されるメインランドというところの鉄道網は更に発達していて、世界中(といってもフランスとインドぐらいしか国名出なかった)の列車が集結して壮観でした。蒸気機関車だけではなくて、パンタグラフ用架線がある専用路線もあって電車も走らせられるのよ。そしてスピード競争とか貨車引き競争とかダイナミックな競技する機関車たち。圧巻だわ〜。

しょっちゅう書いているけど、トーマスはドラえもんクレヨンしんちゃんみたいな和製コンテンツに比べて性差別描写にならないようずいぶん気を使っているのが読みとれるので、その点苛々しなくていい。美しいペイントを施す列車にはエミリーとジェームスが抜擢される。日本のだったら美しく装わされるのはエミリー的存在だけで、やっぱり女の子は美しいのがいちばん!と、本人も周りも言うパターンだものね。

インドから来たアシマが派手なペイントで、なおかつ派手を売りにする話でなくて良かった。日本語の声も深くて素敵!歌声もきれいだった。

あと私はソドー島の列車たちの中ではゴードンが一番好きなのよね。今回はゴードンの兄弟が出てきたり、ハイテンションな歌で疾走したりで、活躍の時間は短かったけど、とても良かった。

終わった途端にもう1回見に行きたいと言っていたので、また行くかも。モアナも見たいんだけど。

電ひで電ひで 2017/04/22 09:38 お子さんと仲良く機関車トーマスを見に行かれまして、宜しゅうございました。小生は転勤の予定が少々変わりまして、琵琶湖のほとりで働いております。右を見れば瀬田の唐橋、左を見れば比叡山、下を見れば遊覧船ミシガン号、上を見れば鳥人間、湖面に跳ねるブラックバスといった風景です。
百人一首やユーフォニアムの絵が描かれた路面電車にて、ギュウギュウの通学ラッシュに立ち向かいつつ朝夕通勤しております。
滋賀県は電車も船もあれやこれや珍しい物が多い所です。
機会が有りましたら一度いらして下さい。

akomaakoma 2017/05/04 01:00 転勤の予定が変わることなんてあるのですね〜。滋賀県は行ったことないです。琵琶湖は一度は見に行ってみたいですね。

2017/02/12

鉄道探偵と8人の容疑者

鉄道探偵と8人の容疑者|東京都|リアル宝探しタカラッシュ!

駅貼りで見かけて、まあなんか懸賞クイズ的な簡単なやつでしょ?ぐらいに捉えていて別にやる気無かったんだけど、新宿駅で参加冊子がたくさんあったので1部取ってきて、暗号やってみたら意外と書きながら考えないとわからなくて、面白そうに思えてきたので土日に参加してみた。

1日乗車券とか初めて買ったわ。参加冊子に書いてあることをよく読みながら辿ると丁度のところにポスターが貼ってあって証言が重なっていって、webにアクセスしてその証言から判ることを送信すると新しい話が出てきて、って楽しい♪

リバーヒルの推理ゲーをものすごく薄めて、その分自分自身があちこち歩き回ることで入りこむ感じ。こんなことでもなければ降りなかったような駅で降りて、入ることも無かった店に入ってごはん食べたりして、こういうやり方で消費を喚起することが出来るものなのね〜、って面白かった。そういえば子供の頃にオリエンテーリングとかも楽しかったね。これは電車使うので移動距離が半端無く。

うち以外にも、黄色い冊子持ってポスターの前で書きこんでいる人がかなりいた。どのくらいの人がやったんだろう?
3/12まで出来るようなので、やってみたい人はぜひ。

2017/01/07

サントリーサンゴリアスvs東芝ブレイブルーパス

ラグビーを見に行ったよ。サッカーは何度か見に行ったけど、ラグビーは初めて。サッカー観戦により、スポーツ観戦に対するハードルが下がってきてる。

サンゴリアスブレイブルーパスも府中のチームなんだって。企業ラグビーといえば新日鉄釜石しか知らない。けどリーグのリストには載っていなかったから、もう無いのかもしれない。ラグビープロスポーツではないのかしら?

こうして2つもラグビーチームの本拠地を擁しているので、府中はラグビーの町として売り出し始めようとしているとのこと。競馬場とラグビーの町。ビールが似合いそう。サントリー工場があるから丁度いいのか。

ラグビーはサッカーよりマイナーっぽいから空いてるかな、なんて思っていたら、飛田給駅はすごい人出で、こんな混んでるんだ!と思った。でも着いてみると、いつもの東京ヴェルディの試合程度の客入りだった。2階席は使われず、1階席も、半分ぐらいはブロックごと閉鎖しているレベル。4000人ぐらい?
人がまばらになると寂しいし、散らばられると管理も面倒でおそらく会場を借りるお値段も上がるから、こうして区画ごと閉鎖して詰め込むんだろうけど、座席狭いのに詰め込まれるの結構イヤだよね。せめて1階は全部解放してくれて、パーソナルスペース取れる状態で観戦できるといいのに。

モーニング・ツーという月刊誌で、ALL OUT!っていう高校生のラグビー漫画が連載されていて、マッチョな少年たちの青春群像がなかなか楽しいんだけど、何しろラグビーはルールがわからなくて、試合が始まると何が何だかという状態でずっと読んでいたんだけど。



サンゴリアス側のパンフレットにはすごく詳しくルールが説明してあって!サッカーの、ルールぐらい当然知った上で来ているよね?みたいな高飛車さとはえらい違いだわ。嬉しい。試合中にも、反則があるとルールと反則内容を大画面と音声で説明してくれて、状況がわかりやすかった。

物干し竿みたいなゴールと、トライとかいうボールを地面につける行為の関係が全然わかっていなかったんだけど、あのゴールがあるラインから後ろは全部ゴールエリアみたいで、そこにボールを置くと「トライ」という状態で5点も入るんだって。投げ込むのではなくて、手に持った状態で接地させないとならないと。

で、トライを成功させた選手は邪魔なしでゴールにボールを蹴る権利を得て(けっこう遠くの斜め地点から)、物干し竿の上(下でもいいのかな?)を上手く通過すると追加で2点入るって。それALLOUTの最初の方でも言ってたな。その時はトライがわからなかったから、ついていけてなかったけど。

ラグビーは自分より前方にいる選手にボールを投げて渡してはいけないけど、蹴って前に進めるのは良くて、蹴って物干し竿を通しても3点入るとか。でも今回の試合では、このパターンで得点したのは無かった。点数配分からして、トライがいちばん価値が置かれているみたい。実際に試合でもトライが盛り上がる。

ワイヤーで吊ったドローンみたいなカメラがあって、迫力ある試合の画像を撮って中継するのかしら、とか思っていたら、そういう用途でも多分使っているけど、試合中によく反則の有無の判定時間が入って、その時の判断基準として使われているものだった。混戦になると画像をスローモーションで再現されても、反則があったのかなかったのか全然わからなくて、審判って重責なのねって思った。

スクラムに関してはまだよくわからなかった。実際に何度も発生していたんだけど、ボールを取りあうためにスクラムを組むって書いてあるんだけど、ボール持ってる人が横に立っていたりして、何のためにやってるんだろうって。

後で別のパンフ読んだら、スクラムの真ん中にボールを投げ入れて、両チームでスクラム組んだ人の足だけで取り合うものだとかで、観客席からは見えないところで攻防があるみたい。スクラムの横で選手がボール持っていたり、スクラムの後ろで選手がボール拾っていたりするのを見て、ボールが外にあるのに何のために押し合ってるの?とか思ったのは、投げ込むために持っていたり、そうして足技で出てきたのを拾ったものだったりするのね。

試合内容はサンゴリアスの圧勝。トライ後のキックによるゴールを的確にキメて7点ずつ取って、前半35点、後半13点(何回かゴール失敗もあった)で48対0だった。5と7で割り切れないので、3点入るパターンのゴールもあったみたいだけど、どれがそれかは見分けられてない。

肉弾戦って苦手だからキツいかな?なんて思いながら見に行ったけど、かなり距離があるので痛そう感はあまり届かないし、ボールを取り合う動きがたいへんダイナミックで面白かった。横にボールパスしながら俊足の人が独走態勢に入ってトライに持ってくのすごくわかりやすくて盛り上がる!

大きい旗を持った応援団の人達がいたけど、鳴り物は少なかった。サッカーみたいに応援団の音楽がもっと鳴っていたら面白いのに。ああいうのって、選手ごとの曲とか作るのも、有志が主体的に始めるものなの?

ラグビーラグビーで面白かった。機会があったらまた見に行きたい。

2017/01/01

2017年

今年もよろしくです♪
去年は結局転職は出来なかったな。これから先ももう無理かもしれない。今の職でやりたいこともまだまだあるし、もう少しがんばろうかな。

でも今年は本社が移転するのよ。今までバスで20分で通えていたところが、電車で20分になってしまう。つらい。バス停は家の目の前だけど、駅は徒歩10分だし...。駅からも歩いて5分ぐらいかかるらしいし...。イヤだな...。

まあそれはとりあえず仕方ないとして。運動とかお絵かきとか、去年やろうと思ったことはちっともやってないな〜。今年はやろうと思います。

左遷ひで左遷ひで 2017/03/01 21:41 本社が移転して通勤が遠くなりお疲れ様です。
小生は再び近畿のオマケ半島に転勤になりました。
ちっとも偉くなりませんが、このご時世に、小生みたいな者がクビにならんだけでもラッキーだと思って文句言わずに引っ越します。
まあ唯一の困ることは、年に二度の上映会に行くのが大変だってぐらいですが。
それも18切符使いますから片道二千円ですし。

akomaakoma 2017/03/07 00:21 また転勤なのですか。容赦ない会社ですね。私も新しい勤務地に通い始めました。通勤時間30分延びてイヤだなと思ってます。

2016/12/03

Nゲージ

電車好きのまま大きくなっている子供がついにNゲージ鉄道模型をほしがるようになった。私も子供と一緒に鉄道イベントをいろいろ見に行って、展示されている鉄道模型どれも面白いな〜とは思っていたので(ミニチュア好き)、じゃ今度買いに行こうか?ということにして、鉄道模型界に踏み出すことになった。

ああいう展示されてるようなのを作るのはものすごくお金のかかることだから、凝るのは大人になってからだよ、身なりにも構わず全部お金投入するようなことはしないでほしいな、みたいな話をしたけど、私が心配している未来図の具体像は、子供はまだ共有できていないと思う。

買いに行くこと自体は軽くOKしてから値段調べたら、なんと!スターターキットでどれも2万円近辺の、想像以上のブルジョア界だった...。プラレールのスターターが3千円ぐらいだったから油断していたわ〜。展示品を作るのにお金がかかるのではなく、そもそも参入にお金がかかるのね...。

一応は動かせる初期構成を買ってみるまでは合意したことなので、買える店を調べて立川の専門店に行ってみた。小さい雑居ビルの2階というマニアックな店構えに怖気づいたけど、入ってみたら店内は広くて明るくてきれいだった。

子供はあまり迷うことも無く、東海道線のスターターキットを選択。うちの子は、あまりこういうタイミングで迷わないな。私はたいがい始めるまでにすごく迷った挙句に何も買わないというパターンが多いけど...。

東海道線なんて乗ったことも無いのにそれでいいの?と聞いてみたら、「2階建て車両があるから乗ってみたいと思っていたから!」と即答。東京駅とか行った時に見ていたのね。

店内には私と同世代かそれ以上の人達が何人かいて、みんなレジで3万とか5万とか出して買い物していて、やっぱり金がかかる世界っぽい...。スターターキットは14000円だった。クリスマスプレゼントにしておけばよかった。

店員さんが「これからいろいろやってみるかと思いますがその際はこの店の会員登録もご検討くださいネ♪」と言ってくれたけど、「これからいろいろ」がどこまで広がるのかこわい。

帰って開けて組立。思っていたよりレール長い。この台の上で遊びなさい、と渡した60cm*90cmの板の上には全く収まらず、最終的には縦70cm横150cmぐらいの楕円が出来上がった。電気をレールに流して電車走らせるのよね。ポイント切り替えとかあると、間違うとショートの危険があるみたいだけど、スターターキットは1本線なのでコードつなぐだけ。電車乗せてコントローラー動かしたらすぐ走らせられた。速い!プラレールの速さしか知らなかったけど、すごくスピード出る。

給電に不安がないからぜいたく出来るのか、走る時にライトとか点いていて本物感ある。なかなかいいね。前に中河原電車カフェに行った時に書いた、マイ電車を持って来たのを走らせる仕掛けがなんでどこにでもあるのかも体感的にわかった。この東海道線も、うちのシンプル構成のレールだけではなく、いろいろな場所を走らせてやりたいって思うわ〜。

そんなわけでなかなか楽しいものです。素敵レイアウト組めたら写真とか撮りたいけど、まあどこまで見せれる状態になるかな...。でも家で動かすだけでも楽しい。子供は何時間でも貼りついていて手が離れるしで最高。

2016/11/06

白門祭

去年は思っていたより時期が早くて行きそびれたけど、今年は例年通りの3〜6日だったので、ホームカミングデーで行ってきたばかりだけどまた行った。

私自身は、大学に入るまであまり大学で勉強するイメージが持てていなくて、それで結構無駄に過ごしてしまったなという後悔があるので、子供には早くからイメージを持ってほしいなと思って連れて行っているけど、当の子供は勉強とか大嫌いと言って憚らない感じになってしまっているので、この先どうなるのかはわからない。子供ってそんなものかな?なんて思っていたけど、実際クラス平均より成績が悪いのだから、他の子はうまくやっているようなので、もうダメかもとしか思わない。いちいち連れて歩くのも少しウンザリしてきた面もある。

まあそういう思いはそれとして、モノレールから3号館に入って、人形劇サークル、児童文学サークルという子供向けっぽい催しがすぐあったので行ってみた。けどどっちもすごく混んでいたので見ないで出てきた。

Cスクエアというところで和太鼓の舞台があったけど、これも音が大きくてイヤとか子供が言うので見そびれた。邪魔にしかならない。

写真展とかイラスト展とかを少し見る。写真は世界中いろいろな場所で撮った風だったけど個展みたいですごい。こんなにいろいろなところに出掛けるだけでもすごいと思うのに、美しい写真にまで残せるなんて。

あと3号館でブラック企業についての講演会とかあったみたいで、それも興味あったけど、聞くまでもなく子供ウケしなそうだから行かなかった。

5-6号館前で子供向けの企画があったので、遊ばせている間を夫に任せてアニ研の上映会行ってみた。見に行った時やっていたのは「Planting Hearts」(2014)と「桜月記」(2000)と「グランマズビート」(2015)の3本。最初のはかなり後半になって入ったので全部は見てない。「桜月記」は昔見た。「グランマズビート」が去年の共作なのかしら。今年のは見そびれた。今年の共作は、絵がとても綺麗そうだけど、美少女人形と僕というモチーフは危険な予感がする。去年の「グランマズビート」もジェンダー観はかなり残念な感じだった。子供が5人いたから家事育児に追われていたという描写を当然のものとしてるよね。都庁とか、面白かったけど、誰かが自分の人生を採点して総括するという仕組みありきで個人戦に終始する最強ババアは、もう物足りないものだわ。「桜月記」もママ的役割を負っているしね。つらい。私もつい最近まで、いろいろ縛られていたなーと思っているんだけど、こうしてみると、やっぱり私だけが縛られていたのではないわ。空気のように当然にそこにある感じで枷がはまってるわ。

誰とも待ち合わせずに行ったので誰にも会わないかと思っていたけど、OT川さんに会った。お互い最初わからなかった。

あとは古墳研究会の展示を見たり、統計学会の展示を見たり、スポーツ写真展を見て箱根駅伝落ちた号外のスポーツ新聞を貰ってきたり。その辺りで夫と子供に合流して、ボードゲーム展示のところに入って洋ものボードゲームを2個ぐらい遊んできた。見知らぬお兄さん2人と私と子供と部員の人の計5人でテーブルを囲んで、私はわりと調子よく勝っていた気がしていたけど、いざ集計してみたら部員の人の圧勝だった。何かしら戦略があるものなのね。

鉄道模型も子が見たがりそうだったから11号館にも行ってみたけど、終了間際だったからもう片付けに入っていて見れなかった。また学食でごはん食べて、そのまま帰った。

独身ひで独身ひで 2016/11/28 00:50 お子さんが邪魔にしかならなくてお疲れ様でした。小生は独身なので誰にも妨げられることのない、却って寂しい晩秋を、農業大で酒飲んだり体育大で体力測定したり学習院大でサソリの天婦羅を喰ったりして孤独に過ごしてるうちに今年も終わりました。
例年、これが終わるとすぐ師走、研連上映会の日程や会場のアナウンスが楽しみな所です。
相変わらず更新の遅い公式ホームページ見てたら、リンク先に中大が抜けてるのに気付き、お節介で連絡しようと思い検索してみたら、何やら夏の上映会をもって脱退したかいう記述が見つかり残念至極です。学祭の時は、新作は合同で見ようと思い、敢えて見なかったんですよね…

akomaakoma 2016/12/04 10:08 子供には腹を立ててばかりいますが久しぶりの白門祭は楽しかったです。他も行きたいと思っているうちに学祭シーズンも終わって12月になってしまいました。サソリって食べられるものなのですか...。

研連からCACCは脱退したのですか!?全然知らなかった。まあ自分らの頃から長い時間かけていろいろなところが加入したり外れたりしていますものね。でも箱根駅伝とか研連とか、ずっと昔からいてこれからもそうだろうと思っていたところから外れると、意外感ありますね。

って今研連ページ見たら、上映会今日だった。行かれましたか?

チャゲ&ひでチャゲ&ひで 2016/12/05 00:07 という訳で、大田区民ホールへ行ってまいりました。今回、いつも一番に応援している中央大が無かったので、仕方なく最もご近所の帝京大を応援してきました。
大学生が自室で大切に育ててる鉢植えが妖精マリちゃんになって、魔法の国に連れて行ってくれてすごく気持ち良くなったり、丸が描けなくなったり、警察に捕まったりするアニメ「まりふな」という作品が大人気でした。
語尾が「ファナ?」と言って可愛らしいのです。

研連も、ずっと見てましたら、慶應が抜けたり、國學院が一度抜けて再度入ったり、東大が入っているのかいないのか良く分からなかったりして不確かな感じですが、現役の人々にとっては過去はどうでも良く、今の活動をどうするかが全てなんでしょうね。

akomaakoma 2016/12/31 04:30 帝京大は健在なのですね〜。若い人たちは過去のありようとか気にせず、どんどん新しく面白いものを作り出していってほしいですね♪

2016/11/03

東京ヴェルディvsレノファ山口

年に1度ぐらいはサッカー観戦に行くようになった。でも慣れが出てきて家を出る時間が遅くなって、16:00開始のところ、着いたのが16:15ぐらい。入った時はもう1-2で相手が優勢になってた。1時間ぐらい前に行ってるのが楽しいよね。

今まで2回見た試合はまだ勝ってないので、そろそろ勝った試合も見たいな〜、と思ってる。去年貰ったパンフではヴェルディってJ2リーグの一番下の順位だったけど、今年のは真ん中あたりにいるみたい。それにしても私のイメージではヴェルディってサッカー界の巨人軍みたいな印象を持っていたので、そうじゃないんだ?っていうのが未だに飲み込めてない。

相手チームの観客席はすごく少なかった。山口は遠いからかな。
スタジアムのテレビって露骨にヴェルディチームの応援モードになっていて、遠方から来ている相手方に失礼にあたらないのかしら?とか心配になる。ホームゲームってそういうものなの?

もう見方にも慣れたから、フィールド上の緑のユニフォームがヴェルディなのわかる。あと前半のゴールはあっち側なのよね!緑チームがあっち側ゴールにボールを入れれば良いというのがわかっているだけでも落ち着いて見られる。一昨年のカターレ富山戦の何も判らなさに比べてすごい進歩したわ〜。

そうなってくるとルールや用語が気になり始めてきた。フリーキックって何?どうしたらそうなるの?あと「コーナーキック」と「オフサイド」が謎用語。45分の試合が終わった後に数分「additional time」として数分ばかり試合時間が追加されるのも謎。あれは何?

いちおう調べる。

サッカーにおけるフリーキック(Free Kick)とは、試合中に何らかのファウル、不正行為が行われた時、反則を受けた側が反則を受けた地点から相手の妨害を受けない形でキックする事によってプレーを再開するルールである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF_(%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC)


フリーキックが出たら何か反則事項があったということね。レッドカードとかイエローカードとかいうのとは扱い違うの?

コーナーキックが行われる場合
守備側チームの競技者が最後にボールが触れてゴールラインを完全に超えた場合に実施される。コーナーフラッグにボールが当たってまだラインからボールが出ていない場合はインプレーとみなされる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF


野球みたいに攻守がはっきり分かれてないのに、守備側ってどうやって判別するのかしら。

オフサイドが成立する前提として、攻撃側選手がオフサイドポジションにいることが求められる。 オフサイドポジションとは以下の条件を全て満たした位置のことを指す。
1.相手陣内(攻撃)にいる。
2.ボールより前(攻撃方向)にいる。
3.守備側が守るゴールラインから攻撃側選手の間に守備側の選手が1人しかいない。
つまり、攻撃側選手が守備側のゴールラインから2人目の守備側選手よりゴールラインに近い位置にいる。
なお上記項目に関しては、大抵一番後ろにいる選手はゴールキーパーであるため、以下のように言い換えれば、より理解しやすくなる。
3'. 攻撃側選手がゴールキーパーを除く、一番後ろにいる選手(守備側の最終ライン)よりゴールラインに近い位置にいる。
ただし、ゴールキーパーが味方選手より前に位置するときには、この言い換えは成り立たない
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89_(%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC)


何言ってるのかさっぱりわからなくなった。といってもこの説明により前項の「コーナーキック」が少しわかって、自分ゴール側の半分のエリアは相手陣内で、そこにいる時が攻撃、自陣にいる状況が守備ってことね。

アディショナルタイム(英語: Additional Time)とは、サッカーにおける用語。競技者の交代、負傷者のアピールや怪我の程度の判断、負傷者の搬出などにより空費された時間を指す通称で、「追加時間」とも言われている。これらの理由により試合が空費された時間は相手チームにとって不公平であるため、公平を期するための猶予時間を相手に与えようというのが趣旨である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0


これはわかった。フィールドの横に立っていた人が持ってた光る数字板ってこれを表していたのね。私だったら45分間走り回った後に追加で3分走れとか、絶対無理だわ〜、選手の人とかも、突然時間が追加になったらきついのではないかしら、と思っていたけど、審判の人が教えているなら心の準備が出来るものなのね。

今回は、前半と後半の間の休憩時間にチアガールのダンスがあったりボールパフォーマンスの人の演技があったりヴェルディ君が出てきたりしていて休憩時間も楽しかった。あと、後半始まったら「KickOff」ってテレビに大きく出てきていたので、始まったのもわかりやすかった。

後半になるとゴールがこっち側に変わって、応援団の人達がカモンヴェルディ♪という歌を歌い始めるのも覚えた。一昨年始めて見たときより応援団の人増えている気がするわ。歌が途切れることなく盛り上がってた。BGMが無かったら淡々とする試合も、太鼓と歌がずっと響いていると、脳内で勝手にジャイキリ風に読みとられて、ボールを扱っている人がすごくヒーローっぽく見える。選手の人もそういう気分になるのかしら。

今までに見た試合では、いつも後半になると相手側半分で試合が展開していてよく見えないし勝てる気がしない、という感じだったけど、今回はこっち側ゴール付近にもよくボール来ていて、これなら勝てるのかも!?とか思ったり。
途中1回ゴールに入った。これで2-2の同点。

ゴール入れる辺りにも何か複雑なルールがあるのか、一度がら空きになった時にやる気無く蹴り込んでいた選手がいたけど点は入ってなかった。

終盤にあっち側ゴール付近でボール動いていた時、キーパーの人が遠征しすぎてゴールが空いていて、そこにすかさず入れられて、結局2-3で負けてしまった、相手強いわ〜、と思ったけど、最後なんかモメていたのか、しばらく時間かけて審判の人と話していた上で、とっくに終わった時間になったけど数分間追加されてた。一度はスタジアムのテレビにも2-3って表示されていたけど、後で試合結果見たら2-2になっていたので、何かあって結局引分けということになったのかもしれない。その場では2-2という表示にはならなかったけど。

帰りに選手の人(かな?)たちが外に並んでいてみんなとハイタッチして帰れる仕様だった。今日の来場者数4500人ってスタジアムのテレビに出ていたけど、選手の人達も大変だわ。でも目を合わせて手に触れると、それはそれで親しみを感じる効果すごい。そういう不定形な情を動かす面を、どうやったら費用対効果で表わして説明できるかな〜、というのはいつも思ってる。私なんかは無料の時にしか行かないけど、子供はこうしてサッカー観戦慣れすれば、大きくなったら金出してでも行くようになるかもしれない。こういう未来への投資への効果の説明って、どうやっているのかしら。

駅に着いたら駅でも「本日の試合では4500人程度の来場が予想されるため試合終了の時間帯では混雑します」みたいな看板が出ていて、どうやって予測したんだろうと思った。でも電車はそんなに混まなかった。

トトひで@多摩トトひで@多摩 2016/11/09 00:57 年に一度のサッカー観戦、楽しそうでよろしゅうございました。 小生はBIGくじは欠かさず買うのに試合は見ない筋金入りのトトカルチャーでお恥ずかしい限りです。リーグの展開は全く知らないのにキャリーオーバーだけは詳しいです。申し訳ありません。

さて、先週は中央大学の白門祭へ行ってまいりました。相変わらず一回コンコースの所に屋台がギッシリ並んでおりました。
今はモノレール側が玄関口みたいな感じらしく、そちらかの道は、夜になると遊園地かショッピングセンターのように無数のLEDで飾り付けられ、えも言われぬ美しさです。
中央大学の立派で美麗な佇まいと見比べますと、つくづく小職の母校なんてオガ屑まみれのジャングルジムみたいなもんでした。燃えちゃえば良いのに。

アニメ研は、1980年代の作品から、今年の作品まで、目玉作品を多数選りすぐって日替わり上映しているようでした。一校だけで名作上映会が成立してしまうほどの蓄積の数々、いつもいつも驚かされます。
あまりに感心したのでカンパ5千円してきました。これからも名作をドンドン作り続けていただきたいものです。

akomaakoma 2016/11/14 02:02 なんかお久しぶりです♪掲示板が404だったので気になっていました。復活をお待ちしています♪あまり書き込まかったですが読みたいです。(図々しい)

白門祭は今年は私も行きました!今年の新作は見れなかったけど、アニ研の上映会にも久しぶりに行ってきました。私はカンパ1000円:D

建物がどんどん建って景色がかなり変わりましたよね。モノレールでアクセスはしやすくなりましたね。ホームより改札の方が高い位置にある辺りが、昔の山道の厳しさを思い出させます。

トトひでトトひで 2016/11/15 06:55 申し訳ありません。掲示板はニフティ社のアホタレが、移行手段も用意せず廃止してしまったので、過去ログと共に消えてしまったのです。厳密には書き込みは全て電子メール送信されるので電子メールログとしては残ってますが、これを抽出して再構成する気力がありません。仕方ないので写真ブログだけで運用中です。

トトひでトトひで 2016/11/15 06:55 申し訳ありません。掲示板はニフティ社のアホタレが、移行手段も用意せず廃止してしまったので、過去ログと共に消えてしまったのです。厳密には書き込みは全て電子メール送信されるので電子メールログとしては残ってますが、これを抽出して再構成する気力がありません。仕方ないので写真ブログだけで運用中です。

2016/10/30

[]君の名は

「君の名は」見てきた〜。ズートピアを見るときに事前に買っていた映画の券が都合により余っていて、10月末で期限が切れるので、捨てるのももったいないから何か見ようとか思って。
D

ついこの前「言の葉の庭」を見て、なかなかにキモかったので、ほとんど期待しないで行ったんだけど、すごく良かった!面白かった〜♪「言の葉の庭」がキモさと素敵のバランスが8:2ぐらいだったとすると、「君の名は」は2:8ぐらいに素敵が勝っていたと思うわ〜♪ 0:10ではない...。

この前の講演会の中で、「新海誠監督の作品は電車のシーンが多いけど何で?」みたいな質問に監督が、「たくさんの異なる人が同じ車両に乗り合わせて同じ方向に向かうところにストーリー性を感じるから」みたいに回答されていて、それを聞いた後だったので、それぞれの電車のシーンが、そういう思いで描かれているのね〜、と思えて味わいが増すというか。

都心描写がいつも新宿渋谷中心であまり東に行かない辺りも西東京に住む者として親近感ある。

男の子と女の子の精神が入れ替わる話というぐらいの予備知識しか無かったので、実際見ると、こういう風に進行するのかー、といろいろ思いがけなくて面白かった。状況が把握できたのなら自分の携帯あてに電話掛けて連絡取りあえばいいじゃない、って思ったんだけど、そういう不自然にもちゃんと理由があって。土建屋の息子の発破作業の修行も後で役に立つ辺りの抜かりなさも良かった。あと「言の葉の庭」の先生は元気にやっているようで何より、という気持ち。

地方での防災無線とか避難とか、3.11で津波に遭った地域とかはちょっと見るの辛いものがあるのではないかしらとか思った。うちは実家が直撃の辺りだったんだけど、津波の避難を呼びかける防災無線は1回しか流れず、もう大丈夫になったのかな?と思っていたらその無線の拠点が流されていたことを後で知った、とかいう話を聞いた。自然災害怖い。

画面は相変わらずとにかく綺麗で。2時間近く見ていると恐ろしいことに見慣れてくるんだけど、でも場面転換が多いから、切り替わるたびに、美しいわ〜、って思う。アニメなのに止め絵にしてなくて動かしてるとこも多いよねー、と思ったら、敢えて動きを作って詰め込んでるって記事あった。

『君の名は。』大ヒットの理由を新海誠監督が自ら読み解く(上) | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

『君の名は。』大ヒットの理由を新海誠監督が自ら読み解く(下) | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

キモいのも指摘により修正していったとのことで。レビュー大事なのね。

2016/10/28

バターの切り方

子供がバター大好きで、パンにバター乗せて食べたがるのだけど、いつも冷蔵庫から直前に出すので固くて切るのに苦心していたので、↓このバター削り器のweb記事を読んで、これだ!と思って即買った。

メテックス イージーバター オレンジ SGCEB-OR

メテックス イージーバター オレンジ SGCEB-OR



記事ではこんなのわざわざ買う人いるの?みたいなテイストだったけどね。

しばらく便利に使っていたんだけど、部品が多くてメンテナンスが大変に思えてきて、結局しまい込んだ。

こっちの方が楽に使えるのかも...。

ふわふわバターナイフ SNBT2

ふわふわバターナイフ SNBT2



上のナイフはまだ買っていないんだけど、今はこれ使い始めたところ。

曙産業 カットできちゃうバターケース ST-3005

曙産業 カットできちゃうバターケース ST-3005



細いワイヤーで、バターを5g大にカットして保存できるバターケース。
昔の美味しんぼで、バターは空気に触れるほどに劣化する、みたいな話があったので、断面積を増やしまくるのは良くないのではないかしら、とかも思っていたんだけど、そんなの判別できる程の味覚は持ってなかった。最初から適正サイズに切れているの便利!

というわけで今はこのバター切りでまあまあ幸せに暮らしているんだけど。どういうのがベストソリューションなのかな。